須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

海辺の家

2016-10-16 09:29:45 | 自然風景
2016年10月16日 <母>

鎌倉市稲村ヶ崎 水平線カフェ。

1年に2回、5月と10月の10日間だけオープン。
12時から日没までと言うのも素敵ですね。

時間があったので、そこへ行く前に海辺へ。
広い海に人影は少なく、一組の家族と
サーファーがぽつりぽつりといるだけ。






海辺を走る江ノ電。






友人に誘われずっと待っていたこの日。
ここから始まるワクワク感。

江ノ電の線路を自家用通路で越えて、
右上の白い家まで100段。






ブーゲンビリアに迎えられてあと数段。






テラスから室内へ、更に2階に登ると
目の前は海。
左は葉山から右は江の島まで見渡せる。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何故かたくさん・・・ | トップ | 海の見える家 アトリエ水平線 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fukurou0731)
2016-10-16 09:49:12
おはようございます。
何となく高級感がありますね!
海が見える風景は素敵です。
江ノ電の所に映画の聖地があるのですね?!
Unknown (ばらりん)
2016-10-16 17:25:05
fukurou0731さん

鎌倉高校駅前の踏切でしょうか。
江ノ電の車内は、台湾のポスターばかり。
乗っている人も外国人(台湾か中国か韓国)。
件の踏切にもカメラを持った外国人が
いっぱいいてびっくりします。
Unknown (つっち)
2016-10-16 22:45:24
お待ちしておりました、アトリエ水平線。
一枚目からなかなかいい雰囲気。
アートフィルタ-・・お気にりですね^^

それにしても一体・・・何時間いたんでしょうか?
手紙舎を超える新記録達成^^
それゆえに静かな時間に包まれた素敵な一日でした。
オーナーのご夫妻が優しくてよかったですね。

あの日を逃したら、見れなかった湘南の夕陽。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
続編、楽しみにしています。
Unknown (ばらりん)
2016-10-17 08:48:15
つっちさん

何時間いたんでしょうね。
お代わり自由の紅茶2杯とアイスクリームだけで。
何て落ち着く家なのでしょう。

毎日階段の上り下り100段はきついけど
自宅の階段だけでトレーニングになりますね。
でも、どこにも行きたくなくなって、ずっと家に
籠ったりして、、、

冬の海、春の海も見てみたい。
でもムリ。
嵐の日、雪の日の海も見てみたい。
かなわぬ夢。

写真でガマン、ガマンですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL