須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

アシナガバチとスズメバチの巣

2017-06-17 09:18:23 | 動物・昆虫・鳥
2017年6月17日 <父>

須玉の緑が濃くなり、昆虫の活動も活発になってきました。
5月29日と6月11日にブルーハウスで見つけた蜂の巣の変化をご紹介します。





はじめはアシナガバチの巣です。ローンスパイクの持ち手に作られました。


5月29日



空の巣だと思っていましたが、2週間後に見たら大きくなり蜂もいてビックリ。
セグロアシナガバチの女王蜂のようです。この時期は女王蜂一匹だけで、
子育て、巣づくり、餌やりなど全てを行って、人を襲う恐れはありません。


6月11日



次はスズメバチの巣。アシナガバチのすぐ上の軒下に作っていました。
これも空巣かと思ったのですが…


5月29日



2週間後にとっくり状の形に変化していました!コガタスズメバチの初期の巣です。
この状態までは女王蜂一匹だけなので心配ありません。ボール状に変化すると働き蜂が生れ、
近づくと襲われる可能性があります。


2017年6月11日 北杜市須玉町にて オリンパスTG-4

この二つ巣は人が活動する場所の近くにあったため、仕方なく駆除しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジサイを堪能 | トップ | 開田高原 木曽馬の里 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マメ)
2017-06-18 14:23:24
とっくり状の蜂の巣、面白いですね~!
害がなかったら、<父>さんはもっと観察を続けたかったでしょうね。
Unknown (子)
2017-06-18 21:07:48
そんなところに!気付かず近づいたら大変。
どうやって駆除したのか気になります。
留守中に?
ところでハッピー父の日ということで、リクエストがあれば教えて下さい。
Unknown (父)
2017-06-19 00:44:26
マメさん
この形でコガタスズメバチの初期の巣とすぐに分かります。
都会でも増えているので、見かけることがあるかも知れません。
働き蜂が生れると、入り口部分を壊して巣材に利用し、巣は丸い形に変化します。
観察したかったのですが、スズメバチは早めに駆除した方が良いですね。
Unknown (父)
2017-06-19 00:55:22
<子>へ
須玉では、蜂の巣が身近なところに出来ていることがあるのでご注意を。
コガタスズメバチの女王蜂は留守だったので、入り口から殺虫剤を噴霧しました。幼虫は死ぬでしょうが、また新たに生みつけられるかも知れません。
確認するために、巣は残したままにしています。
団地のアジサイさし木講習会で忙しく、父の日のことを忘れていました。
何がいいか考えておきます。
Unknown (ナカビッチ)
2017-06-19 20:18:39
今年もできましたね。
アシナガバチよりもスズメバチの方ができる過程が面白いですね。
とは言え、安全第一。やむを得ないですね。
Unknown (父)
2017-06-20 00:32:01
ナカビッチさん
そうですね。昨年はスズメバチの巣を脚立につくられました。
安全な場所の巣なら、変化の様子を定期的に撮影したいところです。
高さ3メートル以上の巣なら駆除しなかったのですが…。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL