四季の風

嬉しくなって皆さんにお話したいこと 悲しくなって皆さんに聞いてもらいたいこと 四季を感じながらいっぱい書きたいな! 

芸術の秋?

 | 日記
最近 時間を見つけては
比較的近くの美術館や博物館に出かけてみました。




知人や友人に よかったから是非と言われて
出かけてみたものや

自ら 是非と思入れの強いものまでいろいろです。


ほとんど夫と一緒に出かけますが

夫が不在の折り

ふと友人を誘ってみようと思ったことがあります。


彼女は 脳梗塞のため障害が残ってしまったご主人と一緒です。

前向きな彼女は 毎朝5000歩ほど
ゆっくりなペースでしか歩くことができないご主人の散歩に付き合い
食事も いろいろ気を配っていて

いつも私にはあのように献身的にはできないなあと思いながら
感心しながら傍らで眺めています。


出かけても良いか ご主人に確認をしてみてと
連絡したところ

ご主人も出かけたいという返事

とても驚きましたが

コーチとして活躍して見えたテニス教室でお世話になったり
PC教室で ご一緒させていただいたり

ちなみに 私がPC教室でカードを作ったり 写真加工をして遊んでいた間に

彼はいろいろな資格をとり
いつの間にか シルバー人材センターでPC指導者として活躍して見えました。


病気になられてからは 挨拶をする程度の付き合いになりました。

言語障害も見られ 彼女がいないと私に理解する力がないからです。

そんなご主人が一緒にと言われたときは
なんだか とても嬉しくなりました。

どの駐車場を利用したら歩行距離が少なくて済むかとか
段差は大丈夫かとか
ほんの少々気を配ることもありましたが

本当に心底 気持ちは楽しかった。

コーヒーは大丈夫ですか?と尋ねたところ
「○×?#●×?」の応え
すぐさま彼女が通訳
「飲みたいんだって」
シフォンケーキは大丈夫ですか?
「○×?#●×?」の応え
「食べたいんだって」

本当はあまり体にはよくないのでしょうが
彼女のオーケーも出ました。

やったね!


喫茶店でお茶するなんて 何年振りかしらね? と
ご主人に話しかける彼女も
何だか嬉しそうにみえ
私まで幸せな気分にさせていただきました。


何でも完璧にこなされていたお人柄だけに
彼女の気持ちを ふと考えてしまう瞬間もありましたが

今日は 楽しく一緒に過ごさせてもらうことに集中しました。


心に残る 素敵な芸術の秋でした。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の日 | トップ | いろいろありまして…その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事