四季の風

嬉しくなって皆さんにお話したいこと 悲しくなって皆さんに聞いてもらいたいこと 四季を感じながらいっぱい書きたいな! 

十五夜

 | 日記
美しい月が 先ほど顔を覗かせてくれました。



今夜は十五夜
私には満月に見えますが
満月は17日だそうですから
どこか少し欠けているのでしょうね。

こどもの頃 堤防へすすきや刈萱を採りに出かけました。

吾亦紅も見たような気がします。

娘や息子が幼かったころ
すすきと 盗人萩は近くで
捜すことができました。

今は 道路は車が多くすすきを見つけても採取は無理?

庭のすすきはまだ穂がでてきません。

仕方なく
出かけた折にお花屋さんでゲットしました。



そういえば
上の庭に 白いろの萩が花をつけていました。

せめて一枝でも我家の庭のお花をお供えしてあげればよかった…


お供え物は
サトイモやサツマイモはまだ収穫できないので

夫が がんばって作った落花生を茹でてお供えしました。




お団子は 
お菓子屋さんで購入した粽の笹の葉のないものです。

白いお団子では ないのですね。


ひとりで お供えして
ひとりで お月様に感謝しました。


時が流れるということは こういうことなのですね。


孫たちは お月様を眺めたのでしょうか…。


みんなが元気でありますように


十五夜って そういう日ではなかったかしら?

おやすみなさい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 習い事 | トップ | 趣味と言えるかしら? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なんくるないさ)
2016-09-17 22:28:23
ご無沙汰してしまいました。

十五夜でしたね🌕
上の子を習い事に送る車中で、下の子が「先生が今日は十五夜だって言ってた。満月は17日みたいだけど」と言うと、「月の観察の宿題が出た」と上の子。
私はバタバタと慌ただしい毎日で、そんなことをすっかり忘れていました。先生と子供たちに感謝。

金曜日ということもあり、上の子のお迎えまでの間図書館に行く道すがら、おまんじゅう屋さんにお客さんが数名いるのを目にし、帰りの道すがら入ったことの無いそのおまんじゅう屋さんに入り、お月見団子を買うことにしました🎑18時半を過ぎていたので売り切れているのではないかと心配しましたが、まだ少し残っていて良かったです。白とピンクと茶色のセットで、涙型のものでした。地域やお店によって違うのでしょうか?

お供えのお花は、本来なら我が家は川沿いなのでススキはあるはずなのですが、今年は市が業者に依頼して行ってくれる草刈りがつい先日あったばかりで、短い葉っぱがあるばかり。お団子だけを縁台にお供えし、下の子と月を眺めました。
上の子も習い事から帰宅した21時半すぎ、月の観察の宿題をしていましたよ。何かの付録だった簡易の望遠鏡で月を覗いていました。
私は肉眼でしか見ていないけれど、左下が欠けているように見えました。

おかげで、ただのおばさんさんと、同じ月を観ることができました。なんだかちょっと嬉しいです( ´∀`)

忙しい日々ではありますが「月が綺麗だね」とか「秋の雲だね」とか「空が綺麗だね」とか、そんな小さな会話も忘れないようにしたいと思います。

窓を開けて朝まで寝てしまい、風邪引かないように気を付けましょうね。
Unknown (ただのおばさんです)
2016-09-20 22:21:07
嬉しく読ませていただきました。

本当に
忙しいときや 辛い時って
空を見上げたり
風を感じたりすること忘れてしまいます。

なんくるないささんが
ほんの一時でもお子さんたちと一緒に
夜空を眺められることができ
安堵しました。

私の知っているご家庭に
四世代一緒に住んで見える方がありますが
その方に
見え隠れしたお月様に
庭のすすきをお供えし
その間から みながうさぎになって
カメラに収まっている写真を
見せていただきました。

そういうことの積み重ねが
こども達の心を豊かに育んでいくのでしょうね。

なんくるないささんのお子さんたちも
きっと何かを感じ取られたことと思います。

それにしても
粋な宿題を出される先生に 乾杯!です。

また時間が許しましたら
コメントをお待ちしております。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL