南アフリカW杯 / 2010年06月26日


作戦的中、日本がベスト16に!


南ア・ワールドカップ旅日誌(19)
6月24日(木) 

E組 日本 3対1 デンマーク
(ルステンバーグ ロイヤツ・バフォケン)

◇守りの布陣で攻めのサッカー
 岡田監督は2つの矛盾したアイデアを両立させようと試みた。
 一つは、初戦のカメルーン戦で成功した守り重視のシステムである。一方で、選手たちには積極的に攻めのサッカーをするように指示した。引き分けでも決勝トーナメントに進出できるが、引き分けを狙って守ろうとする気持ちになると、力のある相手の猛攻を支え切れなくなるおそれがある。
 「最初は4:2:3:1だった」と岡田監督は試合後の記者会見で話した。ボランチ2人で攻めを重視する意思を示したのである。しかし、間もなく「4:3:3に変えた」という表現で守りの布陣に切り替えたことを説明した。ボランチを3人にして守りを厚くしたわけである。初戦のカメルーン戦と同じ形だが、中盤の両翼を前線のプレーヤーに数えて、攻めの気持ちを示したのだろう。

◇作戦的中、理想的なゲーム展開
 システムを切り替えて間もなく、本田圭祐の37㍍のフリーキックが、みごとに決まった。そのため結果的に、変更したシステムがリードを守るために機能しはじめた。30分にもフリーキックから遠藤保仁が2点目。デンマークは引き分けではダメなので、3点を取らなければならい。日本はほぼ、安全圏にはいった。
 後半30分に点取り屋の岡崎慎司を交代で出した。「最後の15分も守りに入るな。積極的にゴールをねらえ」というサインのようだった。
 そのあとにPKで1点を返されたが、終わり近くに本田-岡崎のコンビで3点目。最後には今野泰幸、稲本潤一と守りの要員を出して締めくくった。
 いろいろな展開を想定してゲームプランを立てただろうが、その中でもっとも理想的な展開が、ぴたりとあたった。こんなみごとな作戦的中はめったにない。


スタンドで名波浩さん(左から2人目)と会ったビバ!ハウスの仲間。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ドイツの評価... プレミア・チ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Copyright(C) 2007 US&Viva!Soccer.net All Rights Reserved.