サッカー日誌 / 2011年07月16日


日本スポーツ史の「なでしこ」評価


女子ワールドカップ観戦日誌(22)

7月15日(金) 
試合なし

★「本当の世界一」争い
 「なでしこジャパン」の決勝進出は、サッカーだけでなく日本スポーツの歴史全体からみても最高の出来事である。
 サッカーのワールドカップは、ほかのスポーツとは違って、プロもアマチュアも参加する「世界選手権」である。ほかのスポーツでは、世界選手権以外の国際大会を「ワールドカップ」と称しているが、サッカーのワールドカップは本当の「世界一のタイトル」を争う大会である。タイトルの重みが違う。
 チームスポーツで、日本が世界一になった例としてはバレーボールがあるだけである。女子ではオリンピックで2度、世界選手権で3度の金メダル獲得がある。男子はオリンピックで1度、金メダルを獲得している。しかし、いずれも1970年代まででアマチュアだけの大会だった。また、バレーボールの世界的な普及度が低い時代だった。

★歴史は古く、普及度は高い
 世界的にはメジャーなスポーツとはいえないバレーボールでも、30年以上にわたって世界一争いから遠ざかっている。そのなかで「なでしこ」がワールドカップの決勝に進出したのは、日本の女子スポーツにとって、また日本のチームスポーツにとって、歴史的なできごとである。
 ぼく自身は、長い間「サッカーは男のスポーツ」という考えにとらわれていて、女子サッカーについて不勉強だったが、今回の女子ワールドカップを取材して、女子サッカーの歴史が古く、また欧州と米国での普及度が高いことを改めて知った。各国のメディアガイドを読み、準決勝と決勝の間の休日にフランクフルト市内の書店で女子サッカーの本を買ってパラパラッとめくってみた程度の知識だが、日本では女子スポーツについて、いや、スポーツの歴史について、ほとんど知られていないように思う。

★選手の自主性を尊重
 1960年代に新聞社のスポーツ記者として、女子バレーボールを取材したことがある。
 1964年東京オリンピックの大松博文監督は日紡貝塚のチームを主力に「おれについて来い」をモットーに厳しい練習でチームを金メダルに導いた。
 その次の山田重雄監督は綿密な練習スケジュールで日立武蔵を主力にチームを作り上げ、1968年メキシコ・オリンピックで銀メダルを獲得した。
 今回「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督は、まったくタイプが違う。監督がチームを作り上げるのではなく、いろいろなクラブ出身の選手たちが、自分たちのイニシアティブでチームをまとめ、監督はそれを助けて、試合の用兵で手腕を発揮している。「おれについて来い」は遠い昔である。
 それが成功した点でも「なでしこ」の決勝進出は画期的だった。


「なでしこジャパン」を応援するフランクフルト市内の屋台の日の丸。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 米国の武器は... 女子は三決も... »
 
コメント
 
 
 
女子競技 (スポーツマン)
2011-07-26 08:42:51
なでしこの世界一は賞賛できる快挙であることは間違いないとは思うけれど、取り上げられ方が異常。

女子スポーツ団体で言えば、北京五輪の女子ソフトボールも優勝してるよ。参加国は少ないけど、なでしこのように、男子高校生・中学生に負けるくらい低いレベルではない。
要は、マスコミの取り上げられ方の違いで感動度も変わってくる。不人気な分野での世界一は結構ある。マスコミが取り上げないから知られていないだけで、快挙と呼べるものもある。

女子サッカーは恵まれていないと言うけれど、男子サッカーだって一日多くて2時間程度しか練習はしない。仕事しながらだから厳しい環境だとは決して言えない。男子サッカーで言えば、南米などの貧しい国では、ボールとは呼べない、何かを丸めて作った物を蹴ってサッカーをして、そんな選手が世界一の選手になっている。
金が支援してもらえるからレベルが上がるわけではない。ボール一つあれば、一人でもどこでも出来るサッカーでは金よりもやる気の方が重要度が高い。
他のスポーツでは男子でも仕事をしながら練習というモノの方が多い。
女子サッカーは、他のスポーツに比べると圧倒的に恵まれているのだ。男子プロ野球やJリーグのような恵まれているレベルと比べるなら、他のスポーツをもっと取り上げるべき。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Copyright(C) 2007 US&Viva!Soccer.net All Rights Reserved.