サッカー日誌 / 2011年07月15日


日本、実力の決勝進出


女子ワールドカップ観戦日誌(20)

7月13 日(水) 
準決勝
日本 3対1 スウェーデン(20:45 フランクフルト)
米国 3対1 フランス(18:00 メンヘングラッドバッハ)

★史上最高の快挙
 日本がスウェーデンを破って決勝に進出した。すばらしい。日本サッカー史上、男子を含めて最高の快挙である。
 準々決勝でドイツに勝ったのは運に恵まれたところもあった。勝負には勝ったが、実力でドイツを上回っているとは言えなかった。しかし、準決勝は明らかに実力通りの勝利だった。
 スウェーデンのデナビ―監督は「ご覧の通りだ。日本のほうがいいチームだった。日本のプレーヤーのほうが、勝つ意思が強く、パスの組み立てがみごとで、ボール扱いが巧みだった」と語った。
 その言葉通りで、シュート数は14本対4本、そのうちゴールの枠に飛んだのは5本対2本、ボールの支配率は60%対40%と日本が完全に上回っていた。

★勝因は組織的守備
 立ち上がり10分の失点をはねかえして3点をあげたので、日本の攻撃力に注目が集まったようだが、主な勝因は「守り」にあったと思う。
 スウェーデンの選手が攻めこんでくるのを1対1で激しく当たってつぶそうとしても、相手は大柄で力強いから跳ね飛ばされてしまう。日本はチーム全員による守備で対抗するほかはない。
 ボールを奪われると、日本は前線のプレーヤーがすぐに相手の進路を制約する。中盤では2人がかりで、1人が追い込んでミスを誘い、次の1人がボールを狙う。あるいは前線から駆け戻ったプレーヤーが奪う。
 もともと日本が心掛けてきた組織的守備ではあるが、これほど、みごとにやりとおしたのは初めて見た。最高に近い完成度だった。

★「高さ」を生かせなかったスウェーデン
 スウェーデンが「高さ」を生かす攻めを、それほどしてこなかったのにも助けられた。この日の先発メンバーの平均身長は、ゴールキーパーを除いて、スウェーデンが1m72cm強、日本は1m62cm。大会参加の16チームのなかで、もっとも背が高いチームと、もっとも背が低いチームの対戦だった。
 スウェーデンがゴール前への「放り込み」を狙わなかったのは、日本の中盤の守備に、その起点を押さえられたからだろう。また、日本が低いボールをつないで攻めることを心掛けたので、そのペースに巻き込まれたためだろう。
 3対1とリードされた後、スウェーデンは後半25分に、チーム最長身、1m80cmのランドシュトロームを出して最前線に立てた。ベンチは「高さ」を生かそうと狙ったようだが、プレーヤーたちは、それに合わせたプレーができなかった。


日本が決勝進出を決めたあとのフランクフルト競技場。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 優勝を狙って... 米国の武器は... »
 
コメント
 
 
 
地上波で放送したの? (荻原 陽子)
2011-07-15 18:50:44
地上波で放送しないなんて、知らなかった。知ったときはがっかり。でも、大丈夫先生のブログを読めば見たのも同然です。決勝戦は熱く応援します。

もし、日本が優勝なんて快挙が起こったら、じめじめした日本をぱーと照らす希望の光になる気がします。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Copyright(C) 2007 US&Viva!Soccer.net All Rights Reserved.