南アフリカW杯 / 2010年06月08日


首都圏の3スタジアムを回る


南ア・ワールドカップ旅日誌(3)
6月6日(日)


◇お祭りを待つばかり
 到着2日目。宿舎のオーナーのポールと、その義理に息子さんのバイロンの案内で、南ア首都圏の3スタジアムを見て回った。
 まず、首都プレトリアのロフタス・ロースフェルト競技場。われわれの宿舎から、車で5分ほどだった。外壁の外側に仮設のフェンスを巡らしてあるが、その傍まで人びとが近づいて眺めている。次に南ア最大の都市、ヨハネスブルグのエリス・パークとサッカー・シティへ。高速道路を時速150キロで約40分。
 どの会場も、ものものしい警備はなく、準備ととのってお祭りを待つばかりといった感じである。

◇「ニンジャ」が人気者に
 開幕試合と決勝戦の行われるサッカーシティ・スタジアムでは、テレビの取材班が来て外観を撮影しているのに出くわした。日本のテレビ朝日とTBS、それにホンジュラスのクルーだった。
 われわれの仲間のカメちゃんの忍者装束が、たちまち取材対象になる。ホンジュラスのテレビからは、スペイン語でインタビューを受けた。
 好天の日曜日。家族連れで話題のスタジアムを見に来ている人たちもいて、次つぎにニンジャとの記念撮影を希望した。白人の子どもたちが無邪気にカメラの前に立つが、黒人の子どもは内気で、こちらから声をかけない遠巻きに眺めているだけ。

(写真)忍者装束で子供と記念撮影するカメちゃん。背景は大会スポンサーのコカ・コーラの広告党。てっぺんで最後の仕上げをしていた。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« プレトリアの... ヨハネスブル... »
 
コメント
 
 
 
忍者だけでなく… (ロベルト・アベリーノ)
2010-06-08 09:23:23
昨日(7日)夕方、テレ朝のニュースで、お三方
(カメちゃん、ミツくん、牛木さん)の映像を
確認いたしました。続報も楽しみです!!!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Copyright(C) 2007 US&Viva!Soccer.net All Rights Reserved.