サッカー日誌 / 2017年01月10日


東京高師附属中学の貢献


日本サッカー史研究のうち

サロン2002シンポジウム
(12月17日、東京・筑波大学附属高)

★日本へのサッカー移入
 「サロン2002」の主催で「太平洋戦争前の日本のスポーツ」をテーマにしたシンポジウムが開かれた。
 「サロン2002」は、筑波大学附属高校の中塚義実先生が主催するスポーツ文化の勉強会である。
 そのシンポジウムのなかで、ぼく(牛木)が講演をした。
 講演のテーマは「日本へのサッカーの移入」だった。
 日本へサッカーが入ってきたのは、いつとすべきか?
 多くの本に、1873年(明治6年)に、築地の海軍兵学寮で、英国人のダグラス少佐が教えたのが「始まり」だと書いてある。
 ぼくの考えは違う。
 ダグラス少佐説が間違いだというわけではない。
 しかし、ダグラス少佐が、海軍兵学寮で教えたサッカーは、その後、全国には広まらなかった。
 日本のサッカーの始まりだとするのは適当でない。

★日本初のサッカー試合
 ぼくの考えでは、日本にサッカーが普及し始めたのは、1904年(明治37年)である。
 この年の2月6日に東京高等師範学校(現在の筑波大学)のチームが、横浜の外国人クラブに遠征して試合をした。
 日本ではじめてのサッカーの対外試合である。
 東京高師のチームを編成し、横浜外人との試合を実行したのは、和歌山県那智勝浦町出身の中村覚之助である。
 中村覚之助が編成したチームのメンバーが、卒業後、教員として、当時の中等学校の全国に赴任し、サッカーを広めた。
 というわけで、日本のサッカー普及のはじまりは、1904年2月6日とすべきだと思う。
 2月6日を「サッカー記念日」にしてはどうか?
 また、日本にサッカーを紹介し、普及させた功労者は、中村覚之助である。
 中村覚之助の業績は、もっと広く知られるべきである

★茗荷谷から始まった
 このシンポジウムの会場は、東京文京区茗荷谷の「茗渓会館」だった。筑波大学附属高校の同窓会館である。
 会場の2階に、筑波大学附属中・高校のサッカー部の歴史についての展示があった。
 それを見学して「日本のサッカーの発展は、ここ(茗荷谷)からはじまったとすべきではないか」と思った。
 展示の中に出てくる東京高師附属中学校のサッカーOBのなかに、ぼくが個人的に恩になった先輩の名前が出ている。
 一人は新田純興さんである。新田さんは東大サッカー部の創設者で、日本サッカー普及の元祖だと言っていい。
 フランス文学の研究者として有名な中島健蔵さんも、高師附属のサッカー部OBである。大学で中島先生の講義を受講したことがある。
 日本のサッカー普及のもととなった大先輩が、いまの筑波大附属で育ったことに、改めて気がついた。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2020年東京五...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Copyright(C) 2007 US&Viva!Soccer.net All Rights Reserved.