サッカー日誌 / 2016年05月17日


東京五輪のエンブレム(下)


なぜ、カラーでなく単色か?
(4月25日、組織委最終選考)

★商業利用のために
 2020年東京オリンピクのエンブレム(標章)に選ばれたデザイン「組市松紋」は藍色だけ。色はシンプルである。
 最終候補に残った他の作品は、いずれも赤、青、黄を組み合わせた、はなやかなものだ。
 なぜ、カラフルなデザインが落とされ、色彩としては地味なものが選ばれたのだろうか?
 思うに、このエンブレムは、他の商業デザインと組み合わせて、商業的に利用するためのものだからである。
 五輪マークそのものの権利は、IOC(国際オリンピック委員会)に属しており、国際条約などで守られていて、広告などに勝手に利用することはできない。
 しかし、東京大会のエンブレムの権利は、組織委員会のものである。

★スポンサーの標章との組合せ
 組織委員会は,東京オリンピックに協力するスポンサーに東京大会のエンブレムを利用させることができる。
 東京大会のエンブレムには、五輪マークが含まれている。
 東京大会のスポンサーは、広告に五輪マークを利用し、オリンピックを宣伝に利用できることになる。
 スポンサーは、自社のエンブレム、あるいは広告デザインに東京オリンピックのエンブレムを組み合わせて使う。
 東京オリンピックのエンブレムが、カラフルでハデだと自社のデザインの影が薄くなる。
 五輪マークのなかに、すでに青、黄、黒、緑、赤の五色が含まれているのだから、その上に多彩な色が使われていると自社のエンブレムを組み合わせるのは難しい。
 それが、東京大会のエンブレムに、単色のデザインが選ばれた理由の一つではないかと想像した。

★広告が出てこない
 以上は、シロートのぼくの「憶測」である。裏付けのある話ではない。
 この種のエンブレムの選定には、美術的な基準のほかに、商業的な立場からの評価もあると考えただけである。
 しかし、奇妙に思っていることがある。
 新しいエンブレムが発表されたあと、このエンブレムを使った広告が、なかなか現れないことである。
 最初のエンブレムの場合は、デザインが発表されると、タイアップした広告がすぐに新聞などに登場した。
 しかし、このデザインに「盗作」の疑いがあることが報道されると、広告はたちまち姿を消した。
 新デザインについては、これに懲りたスポンサーが慎重になって、エージェントの提案に、すぐにはのらなかったのだろうか?
 これも、ぼくの「憶測」である。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ   

Copyright(C) 2007 US&Viva!Soccer.net All Rights Reserved.