サッカー日誌 / 2016年11月24日


代表チームの「過渡期」


圭佑の時代は終わったか?

W杯アジア最終予選
日本 2対1 サウジアラビア
(11月15日・埼玉スタジアム)

★先発メンバーの変更
 「日本代表チームの過渡期なのでしょうか?」
 週刊誌の記者から、電話でこんな質問を受けた。
 ワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビアとの試合で、ハリルホジッチ監督が、先発メンバーを大幅に変えたことについてである。
 前線プレーヤーの常連だった岡崎、本田、香川をはずし、大迫、清武を起用した。
 これまでの日本代表チームから、新しい代表チームに移行しようとしているのではないか?
 そういう意味の質問だろう。
 ぼくは答えた。
 「代表チームに過渡期なんてないよ」
 そっけなさ過ぎる答えだったと、後で反省したが、ぼくの真意は「代表チームは、その場その場で編成するものだ」ということである。

★単独クラブとの違い
 「浦和レッズ」や「セレッソ大阪」のような単独のクラブ・チームと日本代表チームでは性質が違う。
 単独クラブは、メンバーが、ある程度、固定していて、チームのスタイルも固まっている。
 しかし、主力のプレーヤーが衰えたり、ケガをしたりすると、別のプレーヤーを加えて、チームを再編成しなければならない。
 再編成して新チームへ移行する期間が「過渡期」である。
 代表チームでは、事情が違う。
 プレーヤーは、大会のたびに、あるいは、試合のたびに選ばれる。
 毎回、新たに編成されるのだから、チームとしての「移り変わり」はない。つまり「過渡期」はない。

★代表編成の三つの要素
 とはいえ、これまでの日本代表チームの中心は本田圭佑だった。その圭佑が衰えてきた。だから圭佑中心でない日本代表チームを作ろうとしているのではないか?
 「圭佑の時代」は、終わったのか?
 これについての意見を聞くのが、週刊誌の記者の質問の狙いだったのだろう。
 代表チームの編成には、三つの要素がある。
 第一は選ぶことのできるプレーヤーである。有力選手であっても、体調が悪ければ選ぶことはできない。
 第二には相手チームのレベルとスタイルである。
 勝つ可能性が強ければ、主力を温存して、若手を起用することもある。
 第三には、その試合の性質である。重要なタイトルのかかった試合でなければ、ベストメンバーを組む必要はない。
 今回の「圭佑はずし」の理由には、この三つが、ある程度は、該当するように思う。
 「圭佑の時代」が終わったわけではない。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ   

Copyright(C) 2007 US&Viva!Soccer.net All Rights Reserved.