サッカー日誌 / 2016年09月24日


カープ初優勝の思い出(下)


カープ初優勝の思い出(下)

ルーツの「赤ヘル」革命

プロ野球セ・リーグ優勝決定
(9月10日、東京ドーム)

★激しくプレーする
 プロ野球セントラル・リーグで広島カープが優勝した機会に、1975年のカープ初優勝のときの話が、改めてマスコミに取り上げられた。
 そのなかに、古葉竹識監督(当時)の「猛練習」が勝因だったという記事があった。
 「違うな」とぼく(牛木)は思った。
 1975年に広島カープを変えたのは「猛練習」ではない。
 広島カープを変えたのは、ルーツ監督の「赤ヘル革命」である。
 それは「激しくプレーする」ということだった。
 たとえば、である。
 一死、走者一塁で左前にヒットが出たとする。
 一塁にいた走者は、当然、二塁に進むが、走者の判断で、さらに三塁を狙うべきだという。
 ただし、三塁で刺される可能性は大きい。

★合理的だが独断的
 そうであっても、一死一、二塁に留まるよりも、一死一、三塁にする可能性に賭けるべきであり、その判断は走者が行うべきだという。
 もちろん、状況にもよるのだが、一死一、三塁だと、次のプレーの選択肢が多い。
 外野フライで得点の可能性がある。
 一塁走者の盗塁もある。 
 ヒット・エンド・ランもある。
 ダブル・スチールもある。
 積極的にプレーする「激しさ」の象徴として、ヘルメットの色を「赤」に変えた。これが「赤へル革命」である。
 しかし、カープの内部では反発を買ったらしい。
 その原因の一つは、ルーツ監督の独断的な言い方にあったのかもしれない?

★古葉監督の功績
 言葉の問題もある。
 英語で話すルーツの言葉のニュアンスを、通訳が的確に日本語にするのは難しい。
 もう一つは、選手に自主的な判断を求めたことである。
 コーチの指示通りにプレーすることに慣れている選手たちにとって、自分の判断で次の塁を狙うようなプレーを推奨されることには、とまどいがあったのではないか?
 しかし、ルーツがクビになったあと、新監督に就任した古葉竹識新監督は、そのシーズンは、ルーツ路線を否定するのではなく、むしろルーツ路線を継承し、推進した。
 それが、1975年に広島カープを初優勝に導いたと思う。
 すぐに自分の考えを実行するのではなく、前任者の「いいところ」を見極めて、チームを運営した。
 これは、古葉竹識監督の功績である。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ   

Copyright(C) 2007 US&Viva!Soccer.net All Rights Reserved.