たかお日記

高尾紳路九段オフィシャルブログです

明日対局。

2009-09-30 16:30:34 | 囲碁
明日から10月ですね。
今年もあっという間に終わりそうです。

ヒマヒマだった9月ですが、
10月は、多少忙しくなる模様。
少しは働かねば・・・

明日は対局。
第34期棋聖リーグ
依田紀基九段との対局です。

棋聖リーグは、ここまで2勝2敗。
挑戦の可能性も陥落もありませんが、
順位が大きい棋聖リーグなので、
一つでも順位を上げておきたいところ。
ガンバリマス!






この記事をはてなブックマークに追加

お習字

2009-09-29 20:08:58 | 習字
ガソリンを入れすぎだ
(飲みすぎた)
ため、いまいちの仕上がり。

この記事をはてなブックマークに追加

トイレ

2009-09-28 16:35:17 | その他
一昨日のブログ

「森内九段と囲碁界と将棋界の違いで
(公益法人制度からトイレの話まで)
盛り上がりって楽しかったです。」

と載せましたが、
”トイレの話って何だ???”
と思われるかも知れませんので、
少々補足を。

トイレ問題は、
囲碁界と将棋界で
大きく違うのです!!!



AさんとBさんの対局、
両者、1分の秒読みとします。
(NHK杯は、30秒の秒読みですが
通常の棋戦は、1分の秒読みが多い)

Aさんが着手し、直後に
トイレに行ったとします。

Bさんは、10秒ほど考えて着手。
Aさんは、当然すぐには
戻ってこれませんが、
秒は読まれません。

Aさんが、席についてから
一分の秒読みが始まります。
これは、囲碁界の常識ですが・・・・


しかしぃ!将棋界の場合は、Bさんが
着手した瞬間から
秒が読まれてしまうのです!!!

これは、秒読みになると
トイレに行けない事を意味します。
(1分以内にトイレに行って
着手するのは、至難の業ですからね)


高尾「トイレにも行けないなんて
変じゃないですか?」

森内九段「そんな事したら
トイレでいくらでも
考えられるじゃないですか!!
そのほうが、おかしくないですか?」

高尾「じゃ、トイレに行きたくても
行けなくて、困った事ないですか?」

森内「・・・・・あります(笑)」

その後、いろいろ面白い話が
ありましたが、さすがに省略します(^^;

囲碁界と将棋界は、
同じような世界に見えて
いろいろ違う事も多いんです。

今のところ、囲碁界で
秒読みの最中にトイレで篭城したという
話は聞きませんがね。





この記事をはてなブックマークに追加

囲碁将棋ジャーナル

2009-09-26 18:45:30 | お仕事
今日は、囲碁将棋ジャーナルの収録。
生放送で普段と違う緊張感。

将棋の解説は、先日偶然
定食屋でお会いした森内俊之九段。

約一年ぶりの出演でしたが、
反省点がいくつか。


緊張感で硬くなり、トークがいまいち。


碁の解説は、名人戦第3局。
コウが多く非常に手順が(も)難解な碁。

聞き手の大沢奈留美三段と
何度も予習。
(5回目でようやくミスなく終局まで到着)


最悪の展開は、

手順を間違える  
   ↓
実戦の手順に戻せない
   ↓
パニック状態
(生放送ですからね)


この展開を警戒するあまり
解説しながら
”手順、手順、手順・・・”

と、そればっかり気にしてたら、
肝心の碁を、あまり解説してなかった気が。

”あのあたりをもう少し丁寧に・・・”
”あの局面で言いたい事あったのに・・・”
後からだと、いろいろ反省材料が。
自分の打った碁と一緒ですね。

解説時間も「18分ぐらい」の予定が
早く終わってしまい
森内九段の将棋の解説が

(森内九段から、あらかじめ
将棋の解説は短手数なので
碁の解説で時間を稼いで下さいと
言われていた)

やや苦しそうでした。
ご迷惑をおかけしましたm( __ __ )m  


番組終了後、大沢三段と
将棋の鈴木真理元女流アマ名人
(碁を勉強中とか???)
が聞き手を卒業されるので慰労会。

森内九段と囲碁界と将棋界の違いで
(公益法人制度からトイレの話まで)
盛り上がりって楽しかったです。

森内九段は、間もなく
竜王戦七番勝負が始まります。
頑張ってください・・・・っあ

渡辺明竜王も頑張って!!!
難しいところですね。




この記事をはてなブックマークに追加

コウコウコウ

2009-09-25 22:37:16 | 囲碁
明日は、囲碁将棋ジャーナルに出演します。
この番組は、生放送!!!!
上手く喋れますように・・・


名人戦は、井山八段が
コウに次ぐコウの大激戦を制し一歩リード。
コウを3ヶ所同時に争っている碁を
初めて見ました。

明日は、当然この碁を解説するのですが、
手順が難解で正しく並べれるか心配。。。

昨日は、日本棋院へ行って
名人戦1日目の検討をしてきました。
しっかり勉強してジャーナルの解説に
備えたのですが、時間の都合で
2日目からの解説・・・まいっか。

その後、ブログ仲間の
林漢傑六段らと飲みに。



少数精鋭で、2軒目・・・3軒目
記憶がないぞ~~~まいっか。



















この記事をはてなブックマークに追加

名人戦第3局

2009-09-24 12:36:37 | 囲碁
注目の名人戦は、第3局。
張名人の先番。
ただいま、昼食休憩中です。





両者の迸る気合が盤上に表れています。
白Aと打った局面ですが、
なんとも難解な碁になっていますね。


わからない事だらけなので
これから棋院へ行って検討してみます。


この記事をはてなブックマークに追加

展覧会

2009-09-23 19:25:50 | 習字
先月に行われた、泰書展の作品を
忘れたころに載せてみます。


まずは、自分の作品から。
製作時間は約2時間。





・・・・下手ですね。
師匠への道は、まだ程遠い。。。





次は、師匠の遺作「迷走」です。
柳田泰山先生が

”なにか、書きたい字ありますか?”

と藤沢秀行先生に尋ねたら
「迷走」と書かれたそうです。
「走」の字が素敵です。





柳田泰山先生の御父様
柳田泰雲先生が師匠の入段の
お祝いに贈られた書。
約70年前の貴重な作品です。



こうして並べてみると
ホントに自分の下手さがよく分かります。
修行が足りませんね・・・・

この記事をはてなブックマークに追加

いつのまにか

2009-09-22 15:08:28 | その他
もう、すっかり秋模様ですね。
世間は、シルバーウィークのようですが
2週間も手合の無い僕には、
あまり関係のない言葉です・・・



昨日のブログについてですが、

「私が無断転載の真犯人です!!」
と名乗り出たTさんをはじめ、
(精査した結果、Tさんが犯人ではありません)

アドバイスを下さった方々、
ありがとうございましたm(_ _;)m
この場を借りて御礼申し上げます。


”高尾绅路:观看酒井法子被释放的新闻
张栩名人好像有误算”

の意味ですが、

”高尾は、のりピー釈放のニュースを見る。
(ややオーバーに言うと注目!)
張名人に誤算があったのでしょか?”

との事です。

別に、のりピーのニュースに
注目していた訳ではないのですが・・・

お腹が痛かったので、
仕方が無く横になって
なんとなくテレビをつけたら、
なんとなくのりピー保釈のニュースを
見ていただけなんです。。。。


ただ、このブログにのりピーの
ネタが多いのも事実。
のりピー初公判の10月26日は、
僕の誕生日だし・・・・(関係ないか)


ところで、中国サイトの記事の見出しが
急に変わっている事が判明。
(Fさんご連絡ありがとうございました)

変更後は、
”看新聞酒井法子被保釈
名人戦張栩好像有誤算”

このブログを見て変えたのでしょうか?
釈放→保釈に直っている他
微妙にニュアンスが違うのでしょう。
ムムムム・・・・・


中国と言えば、広州で今日から正官庄杯。
女流の国別団体戦です。

日本の出場棋士は、

梅沢由香里女流棋聖
青木喜久代八段
吉田美香八段
鈴木 歩四段
向井千瑛三段

と、なっております。
今日は、中韓戦のようですが
明日から、日本の棋士が登場します。
(順番はヒミツ・・・)

日本時間午後3時~幽玄の間で生中継。
こちらは、大いに注目して下さい。






この記事をはてなブックマークに追加

中国語

2009-09-21 14:41:14 | その他
数日前から、テンプレートを
”フォクすけ”に戻してみました。

居酒屋バージョンがイマイチ
不評だったのと、
気分を変えてみたかったので・・・
(暇なので、いじってみた説もある)
ただ、飽きっぽいので
すぐに変えるかも???


このブログが、たまに中国サイトに
転載されているようですが

(無断で転載されているので
最初見た時はビックリ!)

先日のブログの見出しが

”高尾绅路:观看酒井法子被释放的新闻
张栩名人好像有误算”

と出ておりました。
なんとなくしか、
意味が分からりません・・・
(のりピーが中国でも有名なのは
よく分かりました)


中国語の詳しい方が
いらっしゃいましたら、
あるいは、”○○のテンプレートがいい”
などアドバイスがございましたら、
takaodiary@yahoo.co.jp
までご連絡いただけると幸いです。


この記事をはてなブックマークに追加

昨日の対局

2009-09-20 20:06:06 | 囲碁
大和証券杯ネット囲碁オープン戦
張豊猷七段との対局(白)







すでに、やや出遅れた局面。
黒Aと打ったところで、
白1は、こう打ちたい気分。







黒1なら無難ですが、
白2,4を用意。
AとBが見合いです。







よって、実戦は黒1。
白2でAの予定でしたが、
黒Bで先が見えないので、
白2、4に変更。
続いて・・・・








黒1なら穏やか。
白2以下、生きる予定でしたが
中央の黒が厚くなり、黒15が厳しい。







実戦は、黒1。
以下白14まで戦いですが
これでも、やや苦しい局面。

その後、黒に打ち過ぎがあり、勝ち。


大和証券杯は、ベスト8。
ネット碁は何故か相性がいいので
がんばります!!!

この記事をはてなブックマークに追加