「街角・路地」徘徊老人日記

爺さんの日常徘徊記録を写真で投稿。

因島・白滝山の石仏より

2017-05-18 23:11:11 | 石佛

 

 

 

 

 

人の世に
道は一つ
ということはない

道は百も千も
万もある

by坂本竜馬

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 里山・夏景色 | トップ | 街ゆけば »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (爺やおはよう🌸)
2017-05-19 12:01:41
今起きたよ~
坂本龍馬の言葉はイマイチ信用できぬな~
だって、殺されたもん((´∀`*))ヶラヶラ
百も千も逃げ道なかったんでしょ?
あったとしても、そんなにあったら 殺されそうに
なったら頭ごちゃごちゃして熊子なら パニック
ぜよ!! 石仏というのは・・・やはり少し怖い
なぁ~。
Unknown (s-shimoe)
2017-05-19 13:41:29
やっぱり怖いかね。
♫これこれ石の地蔵さん🎶 とひばりの詩のように
明るいイメ~ジで、撮れば、また違った感じで、
良かったかも知れなうが、爺々が撮ると、どうも
陰気臭くて嫌われるんじゃなァ~😅💦

竜馬の言葉、姫の言う通りじゃな。
道は一つしかなかった黄泉の国へ行く道しかなかったようじゃな。
Unknown (爺やへ)
2017-05-19 18:17:30
いや、陰気臭いとは思わない。そのままが出て良い!
こんなの明るく撮っても 想いというものがあるから
これが良いと思うよ(*^-^*)
全てのものに良いと思われる作品は良いと思わない。
それが醸し出したものに「らしさ」があるのが好きだ
ただ、熊子は暗い所や地蔵様とかが怖いだけ💦💦


Unknown (s-shimoe)
2017-05-21 05:07:02
熊子に言うことよくわかるぞ、
美しく撮るのも写真家の使命ではあるが、
それは、いわばコピーにすぎないかもしれん。
撮る被写体を借りて写真家の個性を醸し出す
創意ある意匠が必要だな。
それが写真の醍醐味と爺も思っている。
熊子の絵のように!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。