復活!やまがたの四季と暮らし

東北地方を転勤し現在は仙台勤務の週末山形県人。
前タイトル名「山形弁で青森暮らし」から継続のブログです。

2017年2月:過去5年間の積雪量をグラフ化してみた。

2017年02月13日 20時11分36秒 | 四季(冬)
※記事内容と上の画像は関係ありません。



データは気象庁の過去の気象データを使用。
過去5年間(2012年度~2016年度)の降雪深と追加で累計降雪量をグラフ化。
期間は各年度12月~4月まで集計してます。(年によって4月も降雪があるため)
下図は2017年2月の気象庁データの例。(HPのデータをエクセルに貼り付け、追加で累計積雪量も集計している)
昨年作成したものを編集し、2016年度分追加しただけ(2011年度分は削除)なので簡単。




データは米沢の観測所のもの。
降雪量までアメダスデータがある観測地点は、置賜地区では米沢以外は長井と小国のみ。

今年の特徴が一目瞭然。
1/10まで積雪0だったのに、一気に100cmまできたので、対応が大変だったかな。
2/12現在は平年並みといったところでしょうか。
昨年が極端に少なすぎ。
例年この時期が積雪深のピーク、段々下降してきますから雪かきとの戦いも終盤に入ったかな?




累計積雪量は、単純に降った雪の量を足していった物。
(積雪深とは違って、融けたり締った量は考慮していない)
平年並みとはいっても、もう540cmを越えてるんでした。
多い年だと8mに迫ってますから、まだまだですか。
鳥取では連日大雪(2/12現在88cmで平年の10倍)のニュースで立ち往生400台18時間なんて交通渋滞が
大変なようですが、もっと降ってる雪国は除雪体制が整ってる分100cm程度ではニュースにもならないですな。
こんなに降っても消えて無くなるんですから、ある意味自然現象って凄いです。
『山形県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まほろば冬咲きぼたんまつり2017 | トップ | 東京出張:14日の東京タワー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

四季(冬)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。