復活!やまがたの四季と暮らし

東北地方を転勤し現在は仙台勤務の週末山形県人。
前タイトル名「山形弁で青森暮らし」から継続のブログです。

キャンピングカー体験記№14:FFヒーター本格始動開始

2016年10月08日 19時09分06秒 | キャンピングカー体験記


せっかくの三連休初日も、予報通りの雨で寒かった。

というわけで、FFヒーターを本格使用。

エンジン停止でもサブバッテリーで問題なく作動します。

燃料はエンジン燃料タンクを利用した軽油を燃焼。

どの程度の能力があるのか検証してみた。

噴き出し口はエントランス足元付近に1個だけなんで。



噴き出し口の上にあるテレビ台に置いてある温度計で測定。
始動開始は11時11分
車内温度18.3℃
車外温度14.5℃




スイッチの燃焼設定はこんな程度でスタート。
つまみを回すだけで始動するんで操作は簡単。




数分で温風が噴き出してくる。
けっこう風力と温度があります。




開始11分後には20℃を超えて来た。
車外温度は14.9℃




開始後21分後は22.8℃まで上昇。
十分室内温度はあったかい。(っていうより暑い感じ)




ちなみにもっと上にある(温まりやすい)天井近くの温湿計付きデジタル時計では、
25.8℃まで上がってました。




25分後には23.4℃
まだまだ上昇するが、十分暑いくらいでつまみを弱方向に回して燃焼停止。
サーモスタットが付いてるようで、つまみの設定温度に合わせて燃焼と停止を繰り返す。
ファンは弱めで作動を継続してる。
噴き出し口1個でも短時間であっという間に車内全体が温まる。
能力の高さにけっこう感心。
室内では作動音はほとんど気になりません。
車外では燃焼音のボーって音が聞こえる。(深夜の静まった中ではうるさいかも?)
でも、優れものですな。
『山形県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コカマキリに乗車拒否! | トップ | 高畠ワイナリー秋の収穫祭201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。