水あそび!

と言っても、今のところバス釣りのブログですが...今後更なる分野に挑戦!?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

超ご無沙汰してます

2017-04-07 16:16:12 | Weblog
久しぶりに
ブログ
復活いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◇Coco 3ヵ月

2014-07-12 19:57:26 | Weblog
長期間ブログをサボっていました
またもや琵琶湖に行っていなかったわけではなく
プリ~アフターにかけての4釣行(4月3回・5月1回)連続でボーズを喰らった為、スネて引きこもっていただけです

琵琶湖BASS歴マル10年で一番厄介な状況です。昨年秋の大増水いらい、何か変わったような...
セコイはなし、出船すると色々とお金もかかりますし...buyuさんに誘われるまで、新たな趣味を模索していましたが、
ここにきてやっと釣果を得ることに成功

6/20 6:00~17:00



この1本がどれだけ遠かったことか...

(40cm・モグチ・10:06)

やっぱり何とかなる“ラッパ浜”シャローにて
久々に感動を呼ぶ渾身の1匹
前回→「まぁ、こんなもんか...」と、いちびった私を許して~~~!!!





6/25 7:00~17:00


またもやマリーナスタッフ大遅刻...ホンマええ加減にしてほしい
大名商売の多いこの業界、オーナーさんは心の広い人が多い

めげずに前回のポイントを中心にフロッグ
1発出たけどスッポ抜け

昨年のモッコリギュンギュンエリアで

(45cm・フラットバック/ツインテル・13:30)

とりあえず落ち着いた
BASSおることはおるけど、個体数は減ったのかなぁ
no more 電気ショッ○ー





そして先日
7/7 6:00~17:00


今年3回目
buyuさんとの釣行

超曇天早朝はさまようものの
玉玉立ち寄ったHO2ハッピーラインで
早いうちにbuyuさんがNOKANクランクにて結果を出したことにより
エリアの絞り込みに成功

前日観たブラッシュ動画「宮廣プロのFミノーstop and go」を実践

程なく1本目の捕獲に成功

(40cm・ルドラ・10:25)

「レンジおおてるんちゃう?」

buyuさんからのお墨付き!
そこからは久々に往年の琵琶湖を思い起こすかのような結果



(38cm・ルドラ・10:42)


(40cm・ルドラ・10:48)


(51cm・ルドラ・11:17)


(41cm・ルドラ・12:01)

多分時合だったのかと
この後は全く


マンメイドアイランドに移動して

(46cm・モグチ・13:24)

瀬田リバーに移動しても

(40cm・ノーカンクランク・14:06)


昇天っ~~~


現金なもので、琵琶湖魂に火が灯る大阪人、お水

近日中に行く

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

◇まぁ、こんなもんか...

2014-04-01 02:16:16 | Weblog
3月31日(月)7:30~16:30

出船時に強かった風も8時過ぎには程よい微風となり、夕刻までは、ほぼ穏やかな小春日和
前回の実績ポイントが沈黙したため、昨年5月ごろに調子のよかったエリアのピンスポをリサーチ

USホテル前にて


(44cm・TN70コトコト・8:52)

高速ジャークでええ時間帯にきてくれたので、余裕ができる
が、以上で本日の仕事終わり

東岸シャロー(水温約14度)・六本柱・西岸各ワンドを丁寧に打って、スイムベイトだけに計3回アタリ


バイトの勢いで、トレーラーのテールがフックに刺さって“クリンクリン”回りながら帰ってきました
こういう場合はたいがい子バスかギルだったような

小さいのが動き出したのか?

まぁ、いずれにしてもプラス要素です
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

◇お水☆早春のハイスピード戦略

2014-03-27 01:49:53 | Weblog
3月25日(火)7:00~16:00

暖かくなってきました~
カイロ未使用
年を重ねるごとに春の有難さが身に沁みます

つり人社「琵琶湖大明解MAP」北湖を参考に、マリーナ周辺で油を売ったのち

前回反応のあった東岸木ノビーチ沖2~3mに居座る
程よい風に水温10℃越え、豊富なベイトも相変わらず、しかも他にボートなし
ええ感じです

前回同様、バイブの高速ジャークに加え、マキラバを3/4ozに変更して速引き
ほどなく揚がった1匹目



(45cm・TN70コトコト・8:09)

前回と違い、明確なアタリ
余裕ができる

風が無くなったので、マキラバに集中
エリアも絞れてきたので色々な角度からしつこく撃ち続けて
「カツカツカツ」というアタリとともに、かなりの重み

寄ってきた魚影を見て少し焦る
「6マルやん!?」とボリューム大で独り言

ネットインしてアメリカンプロ並みのガッツポーズ




(57cm・ハイパーフットボール3/4oz バンブルコホクシャッド・8:25)

計測して「あれ?」
久々だったので...目視を微調整する必要あり

でも満足でしょ

これで3カ所に釣果ポイントがついたので、その周りを回遊する

で、その約半時間後、またもハイパーバンブルに明確なアタリ
魚影は余裕の5マル越えでしたが、ボート際にて16lbをあっさり切られました...

「あ~~~ゴメン・ゴメン・ゴメ~ン、反応悪なってもええから20lb巻いときゃよかった」と10回くらいボリューム大で独り言

その後、西岸のほぼ全域をセンチメンタルジャーニーにて終了



南湖南部は水温12℃越えていました

船団ができていたので、次回じっくりと流してみます
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

◇初春釣

2014-03-09 00:12:25 | Weblog
3月4日(火)8:00~16:00



あけましておめでとうございます
今年に入って、やっとです

年末26日にボーズ喰らって以来、約2か月の苦汁に耐えた分、喜びもひとしお

しかも、1匹釣れた...

去年3月下旬に実績のあった、東岸K浜沖2~3mラインを適当に流す
この時季はウィードもたいしてなく、水温も8.8℃
しかし、魚探にはベイトがワラワラと...

湖流が関係しているのでしょうか?

「んん?なんでやろ?」 

と思考しながらも、一日の大半をK浜に費やし



(43cm・TN70コトコト・13:53)

藻をひらったと思い、巻き取ろうとしたら重みが伝わった的な
アタリなく、さほど抵抗することもない満足な1匹でした(幸)

リップラップに寄せると水温が10℃を超えていたので、今後が楽しみな南湖
以降は、暇をみつけて通いマッスル・ハッスル

フォ~
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

◇ココ1ヵ月半

2013-12-23 01:00:17 | Weblog
ブログほったらかしにしてました

琵琶湖に行っていなかったわけではなく、期限付きでいくつかの原稿を書く必要に迫られていたため、手が回らなかっただけです...

で前回、といっても一月半以上も前のことで打ちひしがれた私でしたが


11月22日(金)7:30~17:00
今年2度目のKIMKENティーチャーに乗せてもらい厄払い



をするはずでしたが、まさかの「NO FISH」

オーマイゴッド!

STYLE OFを曲げることなく、一日中抵抗の強いカスカベルだけを巻きつつ、シバかれてきました

「チビやったら○○前でシャッドやったらすぐ釣れますけど、どうします?」
  という先生の誘導尋問に何度も引っかかりそうになりながら
「いえ、チビに興味はありません」と、心にもない返事で見栄をはり

操船技術、魚探の見方、具体的な地形変化を学び
転んでもただでは起きない、浪速の商人のごとくガメつく色々と学習

で、その成果を反映しようと、


11月26日(火)7:30~16:00
に出船しましたが、丸一日えげつない荒波にほんろうされただけ



まともに小便もできないくらい大荒れで、多くのボートが琵琶湖の藻くずと消えていった

人工島風裏に避難しても突風が吹きこむひどい天気
おかげで膀胱炎になりかけ、さらにはロッドを水没させるという悪夢

史上最低の釣行を記録しただけに終わる

「もう当分、琵琶湖なんかいくもんか!」
と、啖呵をきって


12月9日(月)8:00~16:00
Basser1月号でKIM先生が特集していたエリアで


この方と


(39cm・DEEP-X300・8:26)

あと多分4マルをバラして、少し精神的に持ち直し


12月20日(金)8:00~11:00


気分よく出船しましたが、昼前にサスペンドした流木にエレキのペラを折られて「ミーンミーン」と泣き寝入りして、大阪に帰ってきたことです


ちなみに昨日(12/21)BUNBUN堺店に先生が来ていたので、サインをもらいに閉店間際に行ってきました


一応覚えてくれたはりましたが、妙によそよそしく

「2回乗ったくらいでなれなれしくすんなよ」
オーラがでていた...ような
空気を読んですぐ帰宅

そんな先生がますます魅力的で、来年は自分でガイドを申し込もうと夜空に誓いました

年内は26日に行く予定をしていますが、ボーズだとUPしません
5マルが釣れれば、その日のうちにあげます!ので、
一応、本年度のご挨拶に代えさせていただきます

皆さま良い魚年を

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

◇次いってみよ~

2013-11-04 22:50:09 | Weblog
10月30日(水)7:00~16:00

あきまへんでした...


朝一、癒しの北湖551浜にて、シャッドで1マル2匹をオートリリースした後

「こんなことしていちゃダメだ
と、南湖まで激走し、あらゆる巻物を駆使しましたが、けっきょく北湖にいた方がマシだったような

一日北にいれば、せめて3マルくらいは捕れていたかも...と思うくらい、私にとって厳しい南でした

帰着寸前、マリーナ近くでボート待ちしている間に、オフロードがきました


正直うれしかった~

今秋の琵琶湖なんか~ 背負い投げ~
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

◇北の湖から(2013年秋編)

2013-10-23 00:42:26 | Weblog
10月21日(月)7:00~16:30

前回、短時間ではあるが、北湖を廻った印象が、思いのほかよかった私
同船のイクちゃんにお願いして大橋から北上
以前ウェーディングをした思い出の551を目指す



小野より北は初めて
また沖から西岸を見るのもお初なので、目を凝らしながらボートを進めました
が、意外と多かった船団とガイド。あっさりとピンスポに到着
10lbのベイトフィネスで苦手なシャッドから撃っていきます


(ソウルシャッド)


(スースレ)

水面への反応も良かったので


(プチホバ)


1マル(ベビーペンシルbyラッキークラフト)

予想通りのサイズでサイコテラピー

「いいんだよキミたちで」
言い訳しもって、ふと東に目をやると、手の届きそうなところに沖ノ島が

「行ってみるか!」
移動時間10分

沖ノ島


今回で2回目
初回は長谷川ガイド
自分で来たのは初めて
北岸が良いとうっすら聞いていたので回り込むとボートが3隻



間に入れてもらって半時間ほど打ちましたが、何もつかめん...
普段は藻であって、岩を撃つ習慣がない
あっさりと1周してしまった
スタート地点に、北の鉄人が動画で紹介していた離れ岩があったので、手を変えてアプローチ


(ソウルシャッド)

小バスがワラワラ湧いてきたのと、シラスのような雑魚が1万匹くらいいましたが、それだけ
キモがまったく分からん...
素人が手を出すとヤケドします

これでキリをつけ、一気に南湖ぎゅんぎゅんエリアへ



しかしながら、恐ろしいほど何も起こりません
今まで適当に巻いて釣れたところもナッシング

行くとこ行くとこアオコの影響が


移動距離に疲れて休憩するミドスト王


この後、王さまが相羽的で良型を釣って終了
次回もHOKKO決定

UHOOOメンタル
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

◇ツインテル入ってる!

2013-10-20 00:14:36 | Weblog
10月18日(金)7:00~16:30


16日に仕入れたFSSのPB先生情報によると、下物浚渫は泡濁り
「朝一」と決めていた釣場を切り捨て、西岸シャロー・ワンドから開始
名鉄、若宮、シスターと下り、9時半ごろにラッパ浜

珍しくウェーダーがおらん
「あかんのかな?」と思いながらも、連休中にbuyuさんが好釣果を残していたので、ヤル気満々!
スロープ北エリアを丁寧に打ち続けて



(42cm・モグチャ3/8ハイスピ・9:52)

1匹でもライズアップ天国

肩の力も抜けたので、魚探研究の為やや北上し、
3m・ウィードエッジのモッコリぎゅんぎゅんへ

凪なので偏光グラスだとエッジがよく見えます
前に釣れた場所は、ウィードが岬上にはりだした先端に集中していたのだ
魚探にはベイトがよく映り、2回も鮎ボールが通過
「釣れんわけないやろ」と、ひたすらネバ~る

1時間ほどして待望のバイト



(38cm・フラットバックジグ3/8ツインテル4.5・11:59)

細いけどねらいの1匹なのでけっこう嬉しかったりして

ただ、ここにきてトレーラーがボロボロに
「ヤバい!」
ジグ歴が短いので、普段使わんホグ系はBOXに入れてへんわ!?
と思って探ってみると新品のツインテ-ル発見
マックスで買った¥400.-というイカツイ値引きのワゴン品!

「OK  フォ~」と、さらにネバ~り強く数分待って


(47cm・フラットバックジグ3/8ツインテル4.5・12:14)

ジグ強し、ラバジ面白し
BMホッグ、スパイニークローもローテーションに入れてエトセトラ

帰着2時間を残して北ノ湖へ


マリーナ近くの気になるエリアに余裕をもってイン
未開の地なので適当にDクランクで流していく
エビ藻をほぐしていると不意にバイト

メチャメチャ引く
もしやホッコモンスターか?



(45cm・キックバッカー・16:00)

ええ体格やわ~

5マルはおあずけ、でもそこそこ得るものも

10月の 休みはすべて滋賀の海 過ごすようなり 秋三昧 

おわり

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

◇遅報!(2釣行)

2013-10-11 22:58:57 | Weblog
かなり前ですが...
9月30日7:00~16:30 の琵琶湖っ


スー様、buyuさんと出艇
浚渫や西岸沖のウィードエッジにギルが大量に浮いていたにもかかわらず、沈黙

1人ならまだしも...

季節と状況を鑑みて、時間帯・エリア・地形変化などを学ぶ必要性を痛感しました

アイタタタッ







1週間以上前ですが...
10月3日7:00~16:30 のっ琵琶湖


前回を反省し「魚探がけに徹する」
地形変化を意識しますが、イマイチ立体的なイメージがわきません

ハードボトムなどの数値はわかりますが、「堀残しの中段」「澪筋のショルダー」とか言われても???
ましてやディープホールなんかはチンプイカンプイ

で、結局わかりやすいシャローで

昇天岬


(42cm・ボルケーノグリッパー・8:52)

風雲城前


(49cm・ブレードジグ・14:05)

一日の大半が小雨まじりのローライトだったので、すこし助かりました
が、魚探を有効につかわなければ、楽な釣りは偶発的にしかおこりまへん



また、ウェーディングやろかな
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加