BLOG in Atelier.Minami

ゲーム攻略、読書感想文など。

【ゲーム雑記】Fate/Grand Order 図鑑#101:ラーマ

2017年08月14日 01時04分34秒 | FGO
【簡単な略歴とか】
『FGO』第5章で登場。この時代に同じく召喚された王妃のシータを救出するためクー・フーリン〔オルタ〕に挑むも、心臓の8割が破壊されるほどのダメージを受け、瀕死の状態だったところをジェロニモに保護され、その後野戦病院に収容されたことからナイチンゲールに強制的な療養を強いられる。
結局シータはラーマを助けるために自分の命を犠牲にしたため、この特異点で二人が出会うことはかなわなかった。
ちなみに設定的にはラーマが受けた呪いにより本来はラーマとシータが同時に召喚されることはないんだとか。このラーマの宝具『羅刹を穿つ不滅(ブラフマーストラ)』は本来矢であり、ラーマのクラス適性はアーチャーになるわけだが、シータもアーチャー適性を持っているため、クラスかぶりで召喚できなくなることを避けるため、『羅刹を穿つ不滅』をあえて剣の形にしてしまい、セイバーのクラスとして現界している。結局投げているが。

【クラススキル】
対魔力:A
騎乗:A+
神性:A

【保有スキル】
武の祝福 :A ※ラーマの第2の宝具ともいってよいスキル。1Tの間、自身にスター集中とクリティカルアップを付与
カリスマ:B ※おなじみ。3Tの間、味方全体の攻撃力をアップ
離別の呪い :A ※自身のHP回復と、3Tの間、自身にガッツを付与。ガッツ発動時のHPは1000で固定

【宝具】
◆羅刹を穿つ不滅(ブラフマーストラ)
 ランク:A+
 種別:対魔宝具
敵単体に魔性特攻がのったBuster攻撃。OCで特攻倍率がアップ。OCがあがることによる倍率上昇はわりとゆるいので、無理して狙うほどではないかも。無論、魔性属性持ちでない相手にはそもそもOCする意味はない。


【ゲーム内の性能】
★4セイバーでは少数派の単体攻撃宝具持ち。特筆すべきはやはり「武の祝福」で、Lv10でクリティカル威力が100%アップする。つまり通常攻撃の4倍のダメージになるわけだ。残念ながら効果は1Tなので、使いどころはよく見極めないといけない。ちなみにクリティカルアップ系のスキルで最も豪華なのはエミヤの「鷹の眼」で、こちらは同じ威力で3T持続する。
宝具の魔性特攻は、残念ながらサーヴァントで刺さるのは酒呑童子と茨木童子のみ。雑魚エネミーは非人間とスフィンクス以外はほぼささるので、厄介な魔猪あたりで活躍してもらいたい。
セイバーには珍しくガッツ持ちのため場もちもよく、スター供給できる仲間と組めば大いに活躍してくれる良サーヴァント。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【AWS】アカウント管理の話 | トップ | 【ゲーム雑記】Fate/Grand Or... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

FGO」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL