BLOG in Atelier.Minami

ゲーム攻略、読書感想文など。

銀英伝人物評116<ヘルマン・フォン・リューネブルク>

2004年09月15日 14時12分22秒 | 銀英伝人物評
元薔薇の騎士の第11代連隊長。その後帝国に逆亡命し准将。ちなみにリューネブルクが逆亡命した後、残された隊員たちは全員査問にかけられ、解散の危機にさらされた。

陸戦のエキスパートとして帝国軍での出世を目指すが、逆亡命者の宿命として厚遇されない。ちなみにラインハルトは、逆亡命に対して嫌悪感を持っていたが、自分の実力が認められないなら、他の政体に行くのは当然かもしれない、と考え直している。

妻はハルテンベルク伯爵の妹のエリザベートという美人だが、夫婦生活は冷え切っている。これはリューネブルクの方に責任があると周囲から見られていたが、ラインハルトはなぜかリューネブルクに同情した。

ヴァンフリート星域会戦では、惑星ヴァンフリート4=2で、威力偵察を指揮してヴァーンシャッフェ大佐を戦死に追いやった。そしてラインハルトを副将として、同盟軍基地の攻撃も指揮し、大打撃を与えた。この時にラインハルトとキルヒアイスの才能を見抜いている。後に少将。

第6次イゼルローン要塞攻防戦では、シェーンコップらの挑発によって、ミュッケンベルガーから始末するよう命じられた。この時すでに妻のエリザベートが、元婚約者を死に追いやった兄を殺しており、いずれにしろ死に場所を求めざるをえない状況でもあった。そしてシェーンコップとの一騎打ちで戦死。

不逞な野心家で、装甲擲弾兵総監の座を狙っていた。また、ラインハルトの力を知っていたので、自分が対抗勢力になって貴族たちをまとめようとも考えていた。以外に不幸な生涯だ。
キーワード
ラインハルト リューネブルク シェーンコップ ヴァンフリート エリザベート 薔薇の騎士 イゼルローン要塞 キルヒアイス
コメント (0) |  トラックバック () |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 銀英伝人物評115<リヒャルト・フ... | トップ | 銀英伝人物評117<アルフレッド・... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL