BLOG in Atelier.Minami

ゲーム攻略、読書感想文など。

【ゲーム雑記】Fate/Grand Order 図鑑#80:チャールズ・バベッジ

2017年06月09日 23時45分03秒 | FGO
【簡単な略歴とか】
『FGO』4章で敵側の黒幕の一人として登場。自らの固有結界から生み出したヘルタースケルターでカルデア陣営にたびたび襲い掛かってきた。
そういえば4章はバベッジのほかにテスラやウィリアム・シェイクスピアハンス・クリスチャン・アンデルセンなどやたら文化人が登場した章だったが、文化人系サーヴァントがキャスターで現界すると魔術ではなく発明品などで戦う傾向が多いが、バベッジも自らを覆う固有結界でもある蒸気機関の鎧による肉弾戦がメイン。しかもステータスが非常に高く(その割にアタックが低いが)、ある意味イロモノキャラ。それがもっとも顕著なのはキャラクエだろう。


【クラススキル】
道具作成(偽):A

【保有スキル】
一意専心   :C ※自身に3ターンの間NPチャージ量アップと、1ターンの間スター集中
機関の鎧   :EX ※1ターンの間、自身に無敵と攻撃力アップ付与
オーバーロード:D ※自身に1ターンの間宝具威力アップと、5ターンの間やけど付与

【宝具】
◆絢爛なりし灰燼世界(ディメンジョン・オブ・スチーム)
 ランク:A+→A++
 種別:対軍宝具
自らが夢見た世界がそのまま固有結界となり、かつ鎧の形となったもの。ここから兵士を大量生産していた。また、魔霧の発生にも関わっている。
『FGO』では全体攻撃となり、3ターンの間防御力ダウンを付与する。OCで効果アップ。


【ゲーム内の性能】
見た目通りといえばいいのか、HPが非常に高く、☆4に匹敵する。かわりに攻撃力は見た目に反して非常に低く、☆1にすら負ける。
また、キャスターでありながらArtsは2枚しか持っていないため、スキルで補助できるとはいえ、やや宝具の回転率も低いという欠点ばかりが目立つ困ったサーヴァント。
一応宝具の威力はスキルも併用すればなかなかの数字をだせるが、☆3キャスターはメディア以外は正直いまいちである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゲーム雑記】Fate/Grand Or... | トップ | 【ゲーム雑記】Fate/Grand Or... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

FGO」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL