1日講習・全国出張!職長教育・安全衛生責任者教育ブログ

全国を渡り歩き、職長教育・安全衛生責任者教育を1日講習で行う愛知のRSTトレーナー。

関係請負事業者が自ら注文者となった場合の安全衛生管理:注文者として 行わなければならない事項

2017-07-17 13:05:08 | 日記
関係請負事業者が、その仕事の一部を後次の請負事業者に
発注する場合があるが、その場合の現場での連絡・調整の
業務は安全衛生責任者が行う。

■注文者として行わなければならない事項
□仕事の一部を請け負わせた注文者が、自ら設置した建設物等
を、請負事業者の作業者に使用させる場合は、労働災害防止上
の必要な措置を講ずること。
□請負契約が複数にわたっており、複数の注文者がいる場合は、
最先次の注文者が、労働災害防止上の、安全措置を行う義務がある。
□注文者は、請負者に指示を行う場合、法令違反となる指示を
してはならない。
―――――――――――――――――――――――――――
1日(一日)講習で職長教育・安全衛生責任者教育(再講習)
全国出張講習!修了証は即日発行致します!
ホームページはこちら http://www.t-try.jp/rst/
―――――――――――――――――――――――――――
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関係請負事業者が自ら注文者... | トップ | 安全衛生管理者の心構え:自... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。