脱サラして一人親方になりました

脱サラして独立。我が道を行く男の独り言

やりたいことにチャレンジしたい

2017年05月17日 | 経営
独立を考える理由に「自分のやりたいことにチャレンジしたい」というのがあると思います。
「男のロマン」かもしれません。

私は、「やりたいこと」という点、とても重要だと思います。

独立には、障害がつきものです。
あとで振り返った時「あの時は大変だったなぁ」と思うシーンがたくさん出てきます。
しかし、それは障害を乗り越えたからこそ、振り返りが可能だという事です。
障害で潰れてしまえば「あの時」ではなく「終わった」となります。

自分のやりたいことであれば、少々の障害には気づきません。
人から見れば「大変そうだな」と見えても、自分は「楽しくて仕方ない」かもしれません。
また、好きな事なら、アイデアも浮かびやすく、調べる事も苦になりません。

家族に対しても「苦しそう」「辛そう」と見えてしまえば「辞めれば?」とネガティブな意見しか言ってもらえないかもしれません。
「楽しそう」であれば、「大変そうだけど頑張って」と応援してもらえると思います。

さて、目的地変更の話から、少し脇道に反れましたが、目的地が「やりたい事」だったのに、気が付くと「やれそうな事」になってしまう、これが独立を考えた時に陥るワナです。

「やれそうな事」は「続けられる事」とイコールになるのか?
ここが重要です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族の助け | トップ | 独立がゴール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL