脱サラして一人親方になりました

脱サラして独立。我が道を行く男の独り言

跡継ぎの苦悩 4

2016年09月19日 | 三代目は見た
大きな借り入れを知ったSさんは、結婚を諦めます。
相手方に事実すべてを伝え「迷惑は掛けられない」と結婚できないと伝えると、相手方の親御さんから「資産を整理すれば良い」とアドバイスを受け、「境遇を素直に言ってくれた」と、結婚自体、前に進みました(今現在、無事結婚しています)

詳しくは分かりませんけど、売れる資産は売る、売れないモノでもそれを抵当に入れておカネを借り、大きな利息の借金を先に返済するというなど、相手方のご両親の協力があり支払いはかなり減ったそうです。
さらに、社長(便宜上です)と話し合って、完全に引退してもらう事。経理は奥様のご両親が手伝う事にしたそうです。

相手方のご両親は経営、経理に詳しい人だったみたいですね。良い縁です。

ただ、Sさんの稼ぎで両親を養うという状態は変わらず、生活は厳しいそうです。
同居はせず、Sさん夫婦は奥様の実家の支援で中古の家を買い、Sさんの両親は今まで通りの生活。
Sさんのご両親は節約ができず「たぶん普通の生活費の2倍はかかっている」そうです。

稼ぎ的には「同居のほうが良いんだろうけど」と言っても、上手くいかない事は明白なので「不謹慎だけど、両親にシんで欲しい」と考えてしまうそうです。

ほんの数年前まで、そんな感情は無かったのに、結婚を境に親を怨むようになった。
その怨む親の跡を継いで、周りには「立派なお父様。孝行な息子」と言われている。
親の見栄、愚行に気づくべきだったのか、気づかず「怨む」という感情を持たないほうが幸せだったのか。

同じ跡継ぎですけど、私は、こんな悩みはありません。
親方に感謝すべきだと思いますけど、Sさんのご両親のクズっぷりを考えると「普通の親でも充分ありがたいな」と感じます。

続きます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 跡継ぎの苦悩 3 | トップ | 跡継ぎの苦悩 5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

三代目は見た」カテゴリの最新記事