脱サラして一人親方になりました

脱サラして独立。我が道を行く男の独り言

資本金

2017年05月14日 | 経営

K君に読んでほしい(ブログの存在はつたえていないけど)
独立の際の事業資金の話です。

私のような建具や家具を作る(仕入れる)事業を営む為には、それなりの資金が必要になります。
借金するという手もありますが、できれば自己資金で用意したいですね。

今から独立すると仮定して、準備してほしい最低ラインは
(1)家族を養う生活費(平均額)×1年分
(2)家賃×1年分
(3)仕入見込み額×3ヶ月分
(4)維持経費(電気、水道、通信など)×半年分

が、おおよそ必要な資金だと思います。
けっこうかかりますよね。

まず(1)ですが、家族の人数や暮らし方で大きく異なると思いますが、節約家族で25万くらいだそうです。
(家賃や教育費も含んだ金額です)
ですので、12ヶ月で300万ですね。

(2)は、住宅の家賃ではなく、仕事に掛ける家賃です。
 何も借りていない場合はゼロですけど、駐車場を借りていれば駐車場代が該当しますね。
 私のような事業の場合、倉庫兼作業場になります。
 工場は高いので、理解をいただける大家さんを探し、古い一戸建てなどがベターでしょう。
 月10万×12=120万

(3)は仕入れに必要なお金です。
 お客様より代金を回収する前は先払いになりますし、在庫として用意しなければならない分もありますね。
 私の場合、駆け出しの時で50万/月×3=150万

(4)は維持費。
 通信費(携帯電話、インターネット通信)は公私兼用としても、費用としては2:8で按分。
 ざっくり2万×6=12万

どうです?
これに導入資金(工具や事務用品、営業車両の購入)や支度金(前家賃、礼金など)を含めると、1000万かかる事も珍しくありません。

仮に全額ローンで、20年、金利5%で借りたとすると、月の返済額は6.5万くらい。
「なんだ、アパートの家賃並みじゃないか(笑)」
これが落とし穴なんですね。

続きます


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車が欲しい | トップ | 独立するにはカネがかかる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL