脱サラして一人親方になりました

脱サラして独立。我が道を行く男の独り言

対策 6

2016年10月29日 | 経営
昔、家が建てば、外周建具(サッシの事)も含めると相当数の建具がありました。
建具屋も潤っていたという事です。
そこにアルミサッシが登場し、外周建具は一気に減ります。
さらに、枠一体型のユニット建具の登場で、室内建具も減少します。
と、これは20年前には起きていた事。

そこから、新築ではなくリフォームに軸足を変えていきます。

リフォームに参入したばかりの頃は、大手建材メーカーに「リフォーム用」という部材は少なかったので、手作業で細かい対応ができる建具屋の存在は大きかったと思います。
が、ここ数年でリフォーム用の商品も増えてきたので、小さなリフォーム工事でも大手メーカーの商品を使えるようになりました。

と、こういった逆風が建具業界に吹き荒れているんです。

ここまでで考えるのが
①少なくなった仕事量を建具屋同士で奪い合う
②大手メーカーに奪われた市場を奪い返す
という事になります。

①については前の記事で書きましたが、持続可能な経営とは言い難いですね。
そうすると②を考えるしかありません。

続きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 対策 5 | トップ | 対策 7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経営」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL