脱サラして一人親方になりました

脱サラして独立。我が道を行く男の独り言

貼替で食べていく 5

2017年06月16日 | 経営
4で説明した事を貼替業務に当てはめます。

と、その前に4のラーメン屋さんの例を振り返ります。
(ア)大盛り
(イ)トッピング
(ウ)セットメニュー
です。これで販売単価を上げて、利益を増やすという事です。

ここで忘れてはならないのが、売り手側(ラーメン屋さん)は「利益を増やす」と考えている事と同じように、買い手側(お客様)は「満足度を増やす」為に(ア)(イ)(ウ)を選択しているという事です。
標準価格より追加費用を払うのですから、当然、「標準より高い満足度」を期待するという事になります。

違う言い方をすれば「追加費用よりも満足度が高ければOK」という事。
お得感があれば良いという事にもなります。

これを念頭に置いて、貼替業務に当てはめます。
(ア)は、貼替で「大盛り」はありませんから良い例は浮かびませんけど、ここでは「材料のランクアップ」とします。
破れにくい障子紙や、高級な襖紙とします。
定義は「作業の手間は変わらないが利益が増える」という事です。

(イ)はパーツメンテナンス。
襖の貼替と一緒に、取っ手や引手などの金物を交換するなどですね。
貼替の際に金物を外しますので、交換の手間は殆どかかりません。
但し、需要に応じた在庫の用意が必要です。
「味玉をたくさん作ったけど、全く売れなかった」では困りますよね。
それなりに需要を見込んだ「下拵え(準備、用意)」が必要という事です。

(ウ)は建付け調整や、敷居スベリの交換
作業時間が増えてしまいますので、スケジュールには注意が必要ですが、満足度はUPすると思います。
「貼替したら動きも軽快になった」
追加費用を払った分の満足は提供できるでしょう。

但し、これらを提供するには、多少の注意が必要です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貼替で食べていく 4 | トップ | 貼替で食べていく 6 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL