脱サラして一人親方になりました

脱サラして独立。我が道を行く男の独り言

貼替で食べていく

2017年06月14日 | 経営
当店では、襖、障子の貼替業務を停止しています。
と言っても100%お断りでは無く、リピーターの方や、建具の造作も絡んだ現場ではお引き受けしています。
ただ、建具造作と比較すると利益が低いので、新規や貼替だけの現場はお断りという形です。

では、貼替だけで食べていくのはムリなのか?
いえいえ、そんな事はありません。
価格競争が激しいので、大儲けできないだけです。

価格競争に関しては過去の記事でも書きました。
それを承知の上で「貼替で食べていくには」を考えていきます。

繰り返しになりますが「大儲けは難しい」と考えています。
普通に食べていくだけという意味で、40代男性の平均年収(約580万)を基準に考えていきます。

まず580万を12ヶ月で割ります。おおよそ50万円になります。
月収50万円を25日で割ります。1日2万円です。

1日の利益目標を2万円と。。。。。

いえいえ、この段階で大きなミスがあります。
平均年収は、給料として支払われるお金です。
サラリーマンなら、会社が用意してくれる作業環境(作業場、営業車、道具など)がありますが、個人ですので、これを自分で用意せねばなりません。

これを経費とします。
作業場は、自宅の1室として、家賃はゼロ。
営業車は中古の100万を5年乗るとして、年間20万。
車両保険、修理費、税金などで、維持経費20万
ガソリン代30万。
工具・消耗品(糊とかクギなど)で10万。
雑費(水道光熱費など)で10万
----------------------------
合計90万(けっこうギリギリだと思います)

これも含んでの計算です。

先の平均年収等々の計算より、1日2.3万円の利益目標を立てます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恩って? 12 | トップ | 貼替で食べていく 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL