脱サラして一人親方になりました

脱サラして独立。我が道を行く男の独り言

苦戦原因の分析

2016年10月13日 | 経営
今年に入って売り上げが伸びず、財布も薄くなるばかり。。。。
でもヒマではないのが悩みどころ。。。。

と思っていたのですが、請負状況を分析してみると、請負件数も前年度比で15%も少ないことが分かりました。
感覚だけで考えてはダメですね。

5月に切られたリフォーム屋(以降B社)の昨年実績は、請負件数、売上ともおおよそ20%
1~4月もほぼゼロでしたので、B社の分で考えると20%ショート。
15%という事は「5%盛り返した」とも言えますが、切られた段階で手を打たなかったワケではないので、5%は少なすぎる。。。

と、主要取引先の状況分析をしてみると
(数字は9/30まで)

S社 昨年比請負件数=現状維持
  同売上=30%ダウン

T社 同請負件数=50%ダウン
  同売上=50%ダウン

Y社(T社の兄弟企業)
  昨年実績無し
  本年実績=全体の10%
  (T社比 70%)

KT社 昨年比請負件数=170%
   同売上=170%

その他 同件数=現状維持
    同売上=現状維持

新規 なし

となります。

続きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苦戦中 | トップ | 苦戦原因の分析 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL