晴れたら山へ

写真を中心にした山登り、沢登りのブログです

日光 雲竜渓谷

2017-04-22 12:06:51 | ハイキング
燕岩付近から雲竜瀑


期日: 2017年2月5日
メンバー : L KMさん、FKさん、AKKY

コースタイム  快晴
林道ゲート手前路肩8:25―洞門岩9:46~55(沢ルート)―渓谷入口展望台10:33―雲竜瀑下段11:09―雲竜瀑中段滝壺(昼食)11:20~12:55―雲竜瀑下段13:04―渓谷入口展望台13:18―洞門岩13:50―林道ゲート14:50

記録
 ゲート少し手前の路肩に駐車。道路には雪はなく洞門岩でアイゼンを着けて沢まで下る。下った所に新しい立派な堰堤ができていた。堰堤の左側を通っていくと次第に両岸が狭まってくる。左側から沢が流入するあたりから渡渉して左側の急坂を登って行く。右下の渓谷には大きな氷柱が見える。ここを見学する人もいる。少し行くと下へ降りる階段がある渓谷入口。渡渉したりしていくと前方に氷柱の列が見えてきた。


  林道ゲート


  洞門岩


  洞門岩北の新堰堤


  渡渉し尾根の急坂を登る




 ここが友知らずの氷のカーテン。今年は、2014年に来た時よりも氷柱が少ない。上部は土が出ていた。近づくと大きくなり迫力がある。泥が混じっているのか氷の青みが少ないようだ。振り返ると一段と迫力がある。少し行くと右側に大きな氷柱。少し融けて落ちている部分もあった。対岸は燕岩の氷柱の回廊。青みもありすばらしい。燕岩の氷柱の後ろに入り雲竜瀑を眺める。氷の神殿から眺めているようだ。


  友知らずの標柱


  友知らずの標柱を振り返る


  燕岩の標柱(左側の三本)


  右側の標柱


  右側標柱の裏側


  燕岩付近から雲竜瀑


  燕岩標柱より雲竜瀑 


 次は雲竜瀑三段の滝。下段の右脇の急な巻道を上って一段目の上に出る。巻道は細く、しかも降りる人と交差するので注意が必要。10本アイゼンとストックがあると安心。軽アイゼンでロープをつけている人もいた。

 細い巻道を下ると中段の滝壺。太い氷柱が上部に伸びている様はすごい迫力。少し高いところに上ってのんびり昼食。そのうちにアイスクライミングを始めたグループがいた。中段の中頃まで登ってトップロープで降りてきた。すごいな。バイルを打つ音を聞いていると氷が柔らかそうで心配であった。1時間20分ほど眺めて進展がないので帰ることにした。帰りは光が当たらず陰になっているところが多く迫力が減ってしまった感じであった。


  中段巻道から雲竜瀑を望む


  巻道を下って中段滝壺へ降りる


  中段から雲竜爆を望む


  アイスクライミングする人達


  友知らずに戻った


 渓谷入り口から林道コースを歩いて駐車地点まで戻った。レストランでおいしい夕食を食べて、化け地蔵
のライトアップを見学に行った。一眼レフを持っていかなかったので写真はうまく取れなかった。残念。 
 この後かけ流しの温泉ホノ香に行き温まった後、明日も良い天気を祈りながら眠りについた。 


  雲竜渓谷GPSトラック

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上信越 ・ 湯ノ丸山、烏帽子岳 スノーシューハイク 

2017-04-21 19:02:56 | ハイキング
烏帽子岳山頂を目指して稜線を進む


   
期日:2017年1月18日(水) 晴れ 
メンバー:L YKさん、AKKY、KMさん、OB夫妻、TKさん

コースタイム
  地蔵峠7:50―キャンプ場8:20―中分岐9:59―鞍部10:21―尾根へ11:22―稜線12:21―烏帽子岳12:41~46―稜線下2020m(昼食)12:56~13:11―鞍部13:34―中分岐14:11―キャンプ場14:25―地蔵峠14:36
                      
登り4:51、下り1:35、距離8.4km


記録
 地蔵峠駐車場で準備して出発。鉄塔の脇が登山口。少しトレースがあったがキャンプ場手前からなくなったのでスノーシューを着けてラッセル。30cmくらい沈むので交代しながら歩く。


 地蔵峠駐車場

  キャンプ場付近から臼窪湿原の上に湯ノ丸山が見えてきた。青い空で気持ちがいい。中分岐から樹林帯の巻道に入る。烏帽子岳まで3kmの標識。湯の丸山南斜面をラッセルしていくと丁度南の樹林帯が切れた所で、雲海の上の瑞牆山の西側に富士山が見えた。素晴らしい。


  キャンプ場から中分岐―向かう 湯ノ丸山が見えてきた


  湯ノ丸山南登山道より富士山、瑞牆山 

 雪で下がった木の間を通り抜けると鞍部の湯ノ丸山分岐。烏帽子岳が見えてきた。標識付近からは高妻山、黒姫山、火打山、杉ノ原妙高スキー場、池の平スキー場の上に外輪山をまとった尖った妙高山が大きくきれいに見えた。すばらしい眺め。さらに右に目を移すと根子岳、四阿山が見えた。


  鞍部の湯ノ丸山分岐


  鞍部より、高妻山、黒姫山、火打山、妙高山を望む


 跡のない登山道を登ると1925m付近から傾斜が出てきて雪が深くなってきたので、登山道のラッセルを止めて登山道西急斜面をラッセルすることになった。急坂で下が笹で柔らかい所はスノーシューでも腰まで雪あった。ストック二本を一緒にして前に置き、スノーシューの足を交互に上げて雪に蹴り込み登って行く。
 疲れるがこれが有効。男性四人で交代しながら道を作る。2000m付近から斜面がゆるくなり普通のラッセルで進むことができるようになった。振り返ると浅間山が強い噴煙を上げていた。稜線では雪は20cm程しかなく、簡単に登れた。


  急坂をスノシューを着けたままラッセルで登る 


  もうすぐ稜線


  登って来た道を振り返る 浅間山が噴煙を上げていた


  稜線に出た


  烏帽子岳を目指して稜線を進む


  烏帽子岳山頂から妙高山、根子岳、四阿山を望む


   山頂にてハイポース゛ 


  山頂から浅間山方面


  山頂からの展望


  山頂からの展望   

 頂上からは少し雲がかかってはっきりしない所もあったが、妙高山、火打山、北アルプスが見えた。風があり、寒かったため山座同定はせず写真を撮って直ぐに下った。下りは、トレースがついているため楽に下れた。スノーシューでもブレーキがかかるのでトレースよりも新雪部分を下るのが楽であった。鞍部から湯の丸山へは800mの登りであるが、時間が足りないため今回は行かないことになった。
そのままトレースを戻りほぼ予定した時間に地蔵峠に戻った。
 
 スノーシューでの新雪急斜面のラッセルは辛い所もあったがそれなりに面白かった。急斜面でも結構登れることが分かったのは良い収穫だった。
 頂上でのパノラマ写真が今一スッキリ写っていなかったのは残念である。湯の丸山に行かなかったのも残念であった。
7年ほど経過したMSRのスノーシューのゴムバンドが切れた人がいたので、長年使っている人は出発前にチェックする必要があると思った。


  湯ノ丸山分岐に戻った


  キャンプ場付近



烏帽子岳GPSトラック
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西丹沢 ショチクボ沢ノ頭から畦ヶ丸、水晶沢ノ頭

2017-02-03 16:30:41 | 登山
畦ヶ丸下りから御正体山と南アルプスを望む


期日:2017年1月5日(木)

メンバー: 単独

コースタイム・天気 : 晴れ
 西丹沢自然教室7:10―下ノ権現沢出合7:37―ショチクボ沢ノ頭8:47―善六ノタワ9:28―畦ヶ丸10:17―モロクボ沢ノ頭10:44―バン木ノ頭11:07―水晶沢ノ頭(昼食)11:57~12:13―白石峠12:33―用木沢出合14:22―西丹沢自然教室14:43  

記録
 前から行きたいと思っていたショチクボ沢ノ頭に行く。それだけでは時間が余るため畦ヶ丸からバン木ノ頭、水晶沢ノ頭への周回コースとした。 
 今日も天気が良く気持ちが良い。公園橋を渡り西沢三番目の堰堤を越えた尾根末端(下ノ権現沢出合対岸)に取付く。急坂であるがかすかに踏み跡らしいのが認められる。木に掴まりジグザグに登って行くとA685m付近に水源の森林の杭が出てきた。

 A720m付近より傾斜が少しゆるくなり楽しく登って行く。A740m付近より朝日を浴びた快適な尾根となる。A910m付近にはワイヤーの残骸があった。なおも登って行くと栂の大木があるショチクボ沢のノ頭への尾根に出た。東に5分ほど行くとショチクボ沢ノ頭の頂上。標識は見当たらない。見晴らしは良くない。



      下の権現沢出合対岸の尾根の取付き 急坂が続く


      水源の森林45の杭


      A1020m尾根分岐


      ショチクボ沢ノ頭頂上近く 頂上の標識はない   
 
 引き返して善六山に向かう。二番目の鞍部は痩せ尾根で先に隠れピークがあった。隠れピークを右から下り鞍部から善六山への急傾斜を登る。やがてなだらかな善六山に到着。ブナの大木には私製標識があった。鹿柵が切れた所からは、権現山、箱根駒ヶ岳、愛鷹山、畦ヶ丸がきれいに見える気持ちの良い所。ここを下ると善六ノタワからの一般登山道。


      鞍部 隠れピークへの登り


      隠れピークを下り、善六山への急斜面を登り返す


      善六山山頂


      善六山からの展望 権現山と畦ヶ丸


      善六ノタワから一般登山道に出た


 さすがに体が冷える。少し行くとA155mにベンチ。(登山詳細図は違っているようだ) 畦ヶ丸の下で下山して来た二人に会う。頂上は寒いとの事。畦ヶ丸の碑と三角点が見えて山頂。北岳などの南アルプスが木の間から見えた。


      もうすぐ畦ヶ丸


      畦ヶ丸山頂  三等三角点がある


 避難小屋から北のモロクボ沢ノ頭に向かう。階段の急坂を下りると白ザレの痩せ尾根。途中で御正体山の右側に南アルプスがきれいに見えた。痩せ尾根の左側は下まで崩れていた。
 少し行くとモロクボ沢ノ頭。展望はない。ここから気持ちの良い稜線をゆったりと歩いて行く。相変わらず北風は冷たい。アップダウンの少ない稜線をジャガグチ丸、ナメクラ沢ノ頭、水晶沢ノ頭と快適に歩いて行く。


      避難小屋から北の尾根を下りモロクボ沢ノ頭に向かう


      白ザレの痩せ尾根を下る


      畦ヶ丸下りから御正体山と南アルプスが見えた


      モロクボ沢ノ頭


      バン木ノ頭 


      ジャガグチ丸


      1180m付近の気持ちの良い所


      ナメクラ沢ノ頭


      水晶沢ノ頭 昼食にする


 水晶沢ノ頭で昼食。天気は良いがジッとしていると寒くなってくるのでおにぎりを食べてすぐに出発。国土地理院の地形図では白石峠となっているA1307mピークからは樹林の間に加入道山、大室山が見えた。ここを下った本当の白石峠から用木沢出合まで下った。


      水晶沢ノ頭からの下りで 加入道山、大室山かな


      1307mピークへの登りで 蛭ヶ岳と檜洞丸


      1307mピーク (地形図の白石峠は間違い、東へ下る道はない)


      1307mピークを北に下った所が白石峠
 
 峠の下は急な階段でどんどん下り、A1150m付近からは大理石の大岩の沢を下る。一部鎖場もあった。A1090m付近では白石沢の湧水点があり、水か勢いよく出ていた。A1020mからは白石の滝が木に隠れて少し見えた。ローブを使って滝壺まで下りて写真を撮りたかったが、登り返すのが大変なので止めた。この後ザレ沢の堰堤の下を渡って白石林道ゲートに着いた。


      白石峠下の階段の下り


      階段の終り付近


      沢に降りて大理石の沢を下る 鎖場


      鎖場を下から


      さらに大理石の沢を下る


      湧水地点 木の桟道が渡してある


      湧水


      白石の滝  木が邪魔で下までは良く見えない


      白石の滝の標識、標柱


      ザレ沢を渡る


      さらに下って白水沢出合で木橋を渡る


      白石沢出合下の堰堤


      トリキ沢出合上の木橋


      モロクボ沢出合上の林道に到着


      ショチクホ沢ノ頭から畦ヶ丸  GPSトラック



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西丹沢 下棚、本棚、畦ヶ丸

2017-01-17 11:49:14 | 登山
迫力のある本棚



期日: 2016年12月18日

メンバー : 単独

コースタイム、天気 晴れ
 西丹沢自然教室8:36―下棚9:28―本棚―善六ノタワ10:31―畦ヶ丸(昼食)11:10~27―避難小屋11:34―大滝峠上12:05― 一軒避難小屋12:37―大滝橋13:15―西丹沢自然教室13:51
          登り 2:40、下り 1:48、歩行時間 5:15、 距離13.7km


記録
  西丹沢自然教室に登山届を出して出発。公園橋を渡り大堰堤を左の階段から小越える。渡渉して木橋を渡ったりして二番目の堰堤を右から越える。少し行くと三番目の堰堤でから越える。


      一番目の大堰堤 左の階段から越える


      堰堤の上 奥の木橋を渡って左岸へ


      渡渉がある 


      又木橋を渡る


      三番目の堰堤 右の階段から

 四番目の堰堤を越え、木橋を渡るとベンチがある。ここに権現山への登山口があった。現在は廃道になっているようだ。少し行くと下棚沢出合。しっかりした標識がある。水が少なく落ち口の近くまで行ける。



      四番目の堰堤 右側から 鎖がある


      堰堤を越え木橋を渡るとベンチがある ここから権現山に登る登山道があった 現在は廃道になっている


      下棚沢出合


      少し行くと下棚沢 迫力がある 


 高さは40mで迫力がある。戻って木橋を渡って行くと本棚沢出合。手前と対岸に本棚の道標がある。今回は急いでいたため通過した。

 後日(12月24日)、本棚へ行った写真を載せる。


      本棚出合


      本棚


      右側に唐棚


      戻った本棚沢出合


 堰堤の所から下唐棚沢を少したどってから尾根に乗り唐棚沢を二回横切って善六ノタワへ。稜線に出ると急に風が出てきて少し寒くなってきた。急いで登ってきたので疲れてきた。


      870m付近のベンチ


      善六ノタワへの下り


      善六ノタワ


      善六ノタワを少し上がった所(1050m付近)にベンチがある     

 畦ヶ丸への急坂を登り頂上へ。三等三角点、白石峠補修記念碑があり先客が一人いた。風が冷たいのでフリースを着て昼食。生き返る感じ。


      畦ヶ丸山頂


 頂上からは南アルプスが見えた。後から登って来たので急坂を下って大滝峠上を経由して大滝橋まで下った。


      畦ヶ丸避難小屋


      大滝峠上から大高橋へ下る


      ステタロー沢を横切る


      一軒避難小屋


      GPSトラック

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栂立尾根 地図読み講習会

2016-12-14 15:37:47 | 登山
宮ケ瀬湖登山口付近の紅葉



期日: 2016年11月20日 
メンバー : (CL)Akii、他5名

コースタイム、天気 晴れ
 宮ケ瀬湖畔駐車場7:11―春の木丸7:41―28号鉄塔9:2―金冷し9:46ー本間ノ頭(昼食)11:31~12:00―鐘沢の頭12:41―栂立ノ頭13:38―32号鉄塔14:57―金沢橋15:48―宮ケ瀬湖畔駐車場16:30 
     
歩行時間、8:50 距離16.9km


記録
 宮ケ瀬湖湖畔ビジターセンターの駐車場から出発。急登のつづら折れの道を登って行く。この辺の紅葉は先週より進んできれい。


      登山口付近の紅葉

 450mピークの先が春の木丸。ここで磁石を使って進行方向を設定。北と南を間違うと北東の崖を指し示すのでそういう時は間違いであると気が付くようにと注意。コンパスの使い方をマスターして南西尾根を下って登り返し、宮ケ瀬三叉路からの登山道と合流。


      568mピーク

 御殿の森の道標が巻道と尾根道が一緒になる所にあり違和感を覚える。高畑山分岐手前の登りから宮ケ瀬湖と仏果山方面がきれいに見えた。



      仏果山、鷹取山、宮ケ瀬湖方面

 高畑山へは時間の関係上巻いた。青宇治橋分岐から644mピークも巻いた。手前には28号鉄塔への巡視路があった。


      28号鉄塔への巡視路入口

 注意していくと上に送電線が見えて現在地が特定できた。この巻道は桟道があったり岩場のへつりがあったりで結構厳しい。登山道に戻ると金冷やし手前の左側が切れ落ちた道。岩の下りがありロープが設置してあるが、注意が必要。大岩の塔が出て来るとキレットとなる。足場が切って有り難しくはない。


      斜めになった桟道


      岩場のへツリ


      金冷やし手前の下りの岩場 右の尾根へは行かない事


      金冷やし


      金冷やしの下りの岩


 道標で松小屋ノ頭の巻道から尾根道に合流。


      杉の大木


 道標から特別保護地区の看板までは結構な登り坂。ここから本間の頭の頂上は近い。


      特別保護区の看板


      本間ノ頭頂上

 昼食を取って皆さん元気回復。いよいよ地図読み本番。1270m付近の尾根分岐の地形が分かりづらい。高度計とコンパスを頼りに北東の尾根に乗ることができた。尾根に乗ると観光センターへの落ちた看板が出てくる。


      栂立尾根分岐の落ちた看板


      鐘沢の頭手前の倒木 紅葉は終わっていた


 後は尾根に乗って鐘沢の頭まで行く。先週はこの付近の紅葉がきれいであったが今回は終わっていた。鐘沢の頭には赤い杭があるだけで目印はない。1043mピークも印はない。1000m尾根分岐もわかりづらく、直進すると北の尾根に入るので間違わないよう注意。


      鐘沢の頭


      鐘沢ノ頭下りの大木


      1043mピーク

 900m付近で大岩が出て来ると東の尾根に乗っていることが確認できる。849mピークには倒木と大岩があり、栂立ノ頭と確認。


      栂立ノ頭 倒木と大岩がある


      栂立ノ頭からの急な下り


 732m六百沢ノ頭には倒木があり確認できる。ここから北尾根を下り、670m尾根分岐から北東尾根に入るのが難しいので注意が必要。


      六百沢の頭


      675m尾根分岐 方向を定めて下る 難しい

 
 510m鞍部を登り返すと隠れピークがあり、次に532mタロベエ峰。脚立がある。少し行くと送電線鉄塔32号。


      タロベエ峰


      32号鉄塔


 下って登り返すと490mピーク。金網に沿って行くと南東尾根に入ってしまうので注意。


      490mピーク


 破れた金網をくぐって北北東尾根を下って340mピーク。ここを東に降りると作業道に出て金沢橋のふもとに下山。宮ケ瀬湖は紅葉がちょうどよかった。
 この尾根はかなり難しい。注意していないと間違うところがあるので慎重にコンパスを合わせて下る必要がある。


      340mピーク  右折して金沢橋に下山


      宮ケ瀬湖の紅葉


      シルタレ隧道と橋


      虹の大橋


      栂立尾根GPSトラック
コメント
この記事をはてなブックマークに追加