磯野鱧男Blog [平和・読書日記・創作・etc.]

鱧男の小説などをUP。環境問題に戦争・原発を!環境問題解決に民主主義は不可欠!

チェルノブイリから広島へ

2006年09月04日 | 読書日記など
岩波ジュニア新書251『チェルノブイリから広島へ』
       広河隆一・著/岩波書店1995年

この本はジュニアと銘打ってありますが、
どうか大人の方も読んでいただきたい。
世の中のシステムがどうなっているか、
理解できると思います。

この本はぜひ読んでいただきたい一冊です。



チェルノブイリ事故の被害の調査を、
1990年から91年、国連のIAEA(国際原子力機関)は、国際諮問委員会(IAC)に調査させ、その結果を91年5月に発表した。
このことは、他の本でも書かれていることですね。
この調査が現地の実情とちがう。
この発表はチェルノブイリ事故の後遺症は終わったのだという印象を与えた。

日本の権威として【重松逸造】がこの調査をしたわけですが、
この方の今までされてきたことも書かれてあります。
どうしてこのようなデータを作り出すことができたかも
書かれてあります。

大手マスコミはほとんど伝えていませんね。
何回も書きますが、電力会社は大手マスコミの
最大のスポンサーであるのです。

現地の学者はどうして反論しなかったか、それも簡単なことらしいです。
『お金が入れば批判なし』というわけだそうです。

【重松逸造】対広島の学者の対立も起きます。
広島県被団協の近藤幸四郎事務局次長は語りました。下「」引用。

「良心的な学者だとか、研究者だったら、放影研へは来ないですよ。だから、あの人がチェルノブイリの調査責任者に選ばれたのは、最初から、ある結論を出させるためだったのではないか、と私は思います」

【重松逸造】がどのようなことをしてきたかも新聞などでも概要は伝えられています。
・「環境庁の水俣病調査中間報告「頭髪水銀値は正常」、論議必至。(一九九一年六月二三日付読売新聞)重松氏は水俣病の調査責任者で、水俣病被害者とチッソの因果関係はないと発表したのです。
・「黒い雨「人体影響認められず」広島県、広島市共同設置の「黒い雨に関する専門家会議」(座長・重松逸造・放射線影響研究所長、十二人)は、十三日、「人体影響を明確に示唆するデータは得られなかった」との調査結果をまとめた。(一九九一年五月一四日付毎日新聞)ここでも重松氏は調査責任者。
・「イタイイタイ病について環境庁の委託で原因を調査していた「イタイイタイ病およびカドミウム中毒に関する総合研究班(会長・重松逸造放射線影響研究所理事長)とし、イ病の発症過程を解明するに至らなかった。イ病では、認定患者百五十人のうち、既に百三十四人が激痛の中で死亡している」(一九八九年四月九日付読売新聞。)
・岡山スモンの記録「スモン研究の思い出。前厚生省スモン調査研究班々長重松逸造。結局は後で原因と判明したキノホルムに到達することができませんでした」重松氏はスモン調査の責任者でありましたが、キノホルムの因果関係はないと発表していたのです。
・九三年一月一三日、岡山県の動燃人形峠事業所が計画している大規模な回収ウラン転換試験の安全性を審査していた「環境放射線専門家会議」(重松逸造委員長)は、ゴーサンを出しました。じつにあらゆる公害問題においての政府・企業の利益になる決定に、重松氏が責任者となっているのが分かります。


この問題は石井部隊ともつながっていくものです。
これはずっと続く世界システムといっていいかもしれません。

環境問題も何もかも、問題を解決しようと
思えば、この世界システムを変えねば不可能な気がします。

ドイツではその試みをしています。



↓重松氏をおったドキュメント作品。
環境汚染この国のかたち

地球核汚染

隠された被曝

index





index

目 次

目 次


index





エンタメ@BlogRanking




『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎俘虜収容所 | トップ | 長崎新聞新書018 霧笛の長崎... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hitomi)
2011-04-18 09:12:51
はじめまして、昨日広瀬さんの動画を見ていたらこの重松のことが出てきたので検索して来ました。

昔から広瀬さんの本を何冊か読んできましたのでずっと地震と原発事故を心配してきました。このジュニア向けの本も皆さんに読んでいただきかつ重松のことも知っててほしいです。
今朝もNHK朝市で妊婦の相談に日本の基準は厳しいから大丈夫と答えていました!
書き込みありがとうございます。 (磯野鱧男)
2011-04-18 19:06:29
基準値が緊急時に変更されたことを、ほとんど伝えないマスコミ。

ほんのちょっとのみ……。

http://sarahctr.iza.ne.jp/blog/entry/2211717/

素人の僕でも、心配して当然のような気もしますね。

緊急時というのなら、変化する基準というのも信用できるんでしょうかね?

緊急時なら、身体が変化するならそれでもいいかもしれないけど……。

そんなことは科学的にありえないでしょうに……。ド素人のボクは思うのですが……。

そして、被害者となったとき、裁判にもっていったとしても、因果関係不明で敗訴。

勝訴した裁判でも長期間の闘争……。

病気をもったうえに、このような苛酷な裁判に堪えられる人も何人いることやら……。

被爆者は本当にすごい! の一言です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
4月29日、原発関連ヘッドラインニュース48記事 (ざまあみやがれい!)
4月28日から29日にかけての原発関連のエントリーを一言コメント付きで紹介した。私の考え方を伝えたい。また皆さんの考え方を知りたい。なにか思うことがあれば、ぜひコメントで意 ...