北沢の住人の雑記

あーでもない、こーでもない、取り止めのない事を書きます。

足元が竦んだ 槍ヶ岳

2017-07-23 15:09:41 | 山旅
 19日(水)山の会の終了しいつもの中華屋さんで夕食を取り、少し休みバスタ新宿から夜行バスで上高地に向かう。

20日、6時前に上高地に着く。準備を整え、まず、明神館を目指す。ここで、朝食を取る。徳沢園、横尾と変わらず、気持ちの良い山歩き
、散策気分に浸る。いつまでも、いつまでも変わらないで欲しい。

 昼前に槍沢ロッジに着く。直ぐビールで乾杯、焼酎も飲む。行動食で昼食を終える感じでした。明日も天気は心配ない。

21日、いよいよ槍を目指す。この冬は雪が多く、雪渓があちこちに残り、特に大曲からの25分位の雪渓はアイゼンを付けるべきでした。結果、余分な筋肉の疲労えお招いてしまっつた。槍ヶ岳山荘への道は九十九折りのイメージでした。ところが、殺生ヒュッテは樹林帯の中と思っていたが、違ってたり、九十九折りのイメージもそれはどでもなかった。

 昼前に山荘に着きザックを山荘に預け、空身になりで山頂にアタック、行き成り、二階の屋根位の高さの壁に挑む、三点確保で慎重に足を、手を伸ばす。なかなか、いい足場を探せない、足が思うように上がらない。股関節が硬いのがいけない。ここの可動域が狭い、短足でもある。今までに味わったことのない怖さ。昔この槍に登った時は、なにも感じなかったのに年齢か、年か。クサリとか梯子になれば何のことはない。
 山頂はよその人はいない。独占です。しばらくしたら、数人登って来ました。360度パノラマとはいかず、三角錐の常念ヶ岳、左に大天井ヶ岳、そして、燕岳の姿が印象深かった。
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大失態 家に手ぶらで帰る | トップ | 趣味はラジオ体操 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。