オセンタルカの太陽帝国

私的設定では遠州地方はだらハッパ文化圏
信州がドラゴンパスで
柏崎辺りが聖ファラオの国と思ってます

すみれの花咲く頃。

2017年02月22日 01時44分04秒 | わたしの好きな曲


一説によるとこの曲はわれらが浜松市に関係ある歌であるということですよ。
(白井鐵造が天狗で有名な春野町の出身であることから)



わたしの妹は2人の娘に「三浦環」と「ヴィオラ(桜すみれ)」という名前を付けたんですが、すごくセンスあると思う。
ただ、兄の私は妹が宝塚に興味があるとは聞いたことがない。





大好きなアーリーン・オジェーの「すみれ」があった。
やっぱり私はこの曲に関しては昔風の歌い方が好きだと思ってしまうなあ。



エリーザベト・シュヴァルツコップフ。  コップフ!
学生の頃私が所持していたのはこの人のとエリー・アメリンクであった。





聞き比べてみるとバーバラ・ボニーとか白井光子もいいなあ。



白井光子って『女の愛と生涯』しか聞いたこと無かったんですけど、宇野功芳のせいだ。
そんな宇野功芳も、もう亡くなってしまわれたんだなあ。といえよう。



リタ・シュトライヒ。



キャスリーン・バトルくらいになると(わたくしの趣味的に)「ちょっと違う」と思う。
抜群に上手いけど。






これが、これまた大好きな『ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いたとき』では、不思議とあんまり気に入れる動画がない。こっちはもっと近代的に歌った方が面白いと思うんですけどね。






高潔なる騎士、アンネ=ゾフィー・フォン・オッター



アーリーン・オジェー。





全然関係が無いんですが、3つ上の動画のなんかめちゃくちゃかっこいいおにいさんによるヨハン・シュトラウス2世のオペレッタ『こうもり男爵』の何かのアリア。シュトラウスは父ヨハンもリチャードも全く興味が無いので、この歌知らないんですけど、俄然興味が湧いてきた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジプシーが輪になって舞う。 | トップ | 黒後家蜘蛛の会。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL