ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




佐々木内張店。中央区日本橋箱崎町33。1987(昭和62)年4月26日

「箱崎町」といえば、一般には「箱崎ジャンクション」と「東京シティエアターミナル」、あとは「IBM箱崎ビル」だろうか。用事でもなければ人がやってくるようなところではない。箱崎町の原地形は隅田川河口の中洲だと思われる。箱崎川と箱崎川支流が埋立てられたのは昭和47年だが、それまでは島だった。回りの川に面した場所はすべて倉庫が建てられ、その内側にわずかに町屋が存在した。空襲での焼失を免れた地域で、バブル前までは戦前の木造家屋がかなり残っていた。
写真は隅田川大橋の通りの北側、旧箱崎町4丁目になる。写真奥の首都高の下が東京シティエアターミナル。角の家は「佐々木内張店」の表札を出している。その奥の家の看板は「寺島○○有限会社」としか判読できない。現在は奥の長屋の1軒を残して取り壊され、駐車場にしている。写真右奥のビルは住宅地図では「キウブ商事箱崎ビル」だが、現在は駐車タワーに建て変わったようだ。


鈴新箱崎倉庫
日本橋箱崎町41
1986(昭和61)年8月8日

1枚目の写真で右奥へ行って突き当たりを左へ行ったあたり。倉庫の裏側は東京シティエアターミナルで、昔は箱崎川の水面だった。船で荷物が運び込まれる場合も多かったのだろう。昭和30年頃の火保図には、写真の倉庫と同規模の倉庫が、十数棟が立ち並んでいる。「上野S倉庫、コンクリート平屋」とある倉庫に違いない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





平沢理髪店。日本橋蛎殻町1-29。1987(昭和62)年5月31日

新大橋通りから日本橋特別出張所のほうへ入ってすぐのところ。写真左奥の建設中のビルは新大橋通りの交差店角の堀内商店(食品)があったところで、共和園(茶)や戦前はミルクホールで戦後は喫茶店だった店などの家があった。平沢理髪店は戦前からあるようだ。



カースル産業。日本橋蛎殻町1-30。1987(昭和62)年5月

平沢理髪店のある四つ角の別の角である。写真右へ行くと日本橋特別出張所。銅板貼りの家は磯島畳店。



四軒長屋(高橋菓子店)。中央区日本橋蛎殻町1-33。1985(昭和60)年10月10日

これも新大橋通りから日本橋特別出張所のほうへ入って、出張所からさらに箱崎町のほうへ行ったところ。看板に「コーヒー」とあるから喫茶店もやっているのかもしれない。

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )





旧川崎第百銀行。中央区新川1-3。1986(昭和61)年1月19日

信号の「新川一丁目」交差点は永代通りと箱崎町の湊橋の通りとの交差点。写真右手が茅場町の方向。
戦前の火保図に「川崎第百銀行支店」となっている建物。小さいビルだが見るからに銀行建築と分かる古典様式の外観の建物だ。撮影時は神林印刷倉庫。
ウィキペディアによると、第百銀行は1878(明治11)年創立の第百国立銀行が始まりで、1927(昭和2)年に川崎銀行と合併して川崎第百銀行となる。1936(昭和11)年に第百銀行と改称。1943年に三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に吸収合併された。というのがおおよその経過である。
たぶん三菱銀行に合併された時点で新川の支店は閉鎖されたのだろう。戦後の火保図では「東京洋品衣料KK」。なお、永代通りの永代橋よりに三菱銀行永代橋支店(新川中埜ビル)があった。


旧川崎第百銀行の正面上部
1986(昭和61)年6月8日

追記(2016.05.28)
『日本近代建築総覧』に「松和産業K.K.、新川1-3、建築年=大正11年頃、構造=RC2階建、備考=葉書による回答。旧川崎第百銀行支店と云う」で記載されている。1969年の住宅地図では「日軽ビル(高橋)」。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





永楽屋、井筒屋。中央区日本橋蛎殻町1-6。1985(昭和60)年4月28日

前の通りは新大橋通り。永楽屋はワイシャツの仕立て屋。現在も建物とも健在である。井筒屋は昭和30年頃の地図では飲み屋。



看板建築の民家。日本橋蛎殻町1。1985(昭和60)年10月10日

どこの家だったか忘れてしまった。写真に看板とか住居表示板などの文字情報がないと推測のしようがない。実は今になって写真の整理を始めるとそういうのがけっこう出てくるのである。


八角形の窓の家
日本橋蛎殻町1-1
2004(平成16)年1月1日

言いように困るがかなり特異なデザインだ。以前は運送店だったようだ。家の正面(写真左側)の道路はかつての箱崎川の河岸になる。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





民家と瀬戸物倉庫。中央区日本橋蛎殻町1-5。1985(昭和60)年10月10日

新大橋通りの東の裏通りになる。写真右の日本家屋は純粋な住宅で、この辺りでは珍しい。体育の日の祝日なので国旗を出している。
隣の倉庫には陶器が保管されているのを目撃したことがある。古今・お江戸日本橋の「蛎殻町」に『明治から大正期にかけて蛎殻町には、箱崎川の水運を利用した船荷が陸揚げされたため、稲荷堀の通りには雑貨問屋が並び、1丁目には瀬戸物問屋が集中していました。』の記述がある。人形町の瀬戸物市はそれを引き継いでいる。昭和35年頃は、瀬戸物市は新大橋通りの東側、水天宮交差点からかつての富士銀行の辺りに展開していたのを憶えている。
倉庫の隣の角の家は15年位前(撮影時の)に「ファミリー」という喫茶店になった。



雪印牛乳蛎殻町販売所。日本橋蛎殻町1-5。1985(昭和60)年10月10日

新大橋通り、銀杏八幡の向かいの横丁。写真右端にわずかに銀杏八幡の銀杏の木が写っている。雪印牛乳の建物は新建材で改装されてしまったが現存し、商売も続けているようだ。戦前の地図では「料リヤ」となっている。
後ろの大阪屋は商人宿。写真のビルに建て変わったのは昭和45年頃だったと思うが、このビルも昭和62年にはなくなってしまう。以前の建物は和風の二階建てだったが、持ち主は建替えなければよかったと思ったことだろう。大相撲の触れ太鼓がやって来ていた。



雪印牛乳蛎殻町販売所。1987(昭和62)年頃

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




日本橋馬喰町
 ●佐々木硝子/2(2007.07.19)
 ●イーグルビル、畔上硝子/1(2007.07.20)
 ●日本橋消防署浅草橋出張所、日本橋女学館/2(2008.03.25)
 ●小田ビル/1(2008.08.06)

日本橋箱崎町
 ●佐々木内張店、鈴新箱崎倉庫(2009.07.19)
 ●二村商店、山本商店(2009.07.20)
 ●四軒長屋(2009.07.21)
 ●ハコザキバーバー、光栄(2009.07.22)
 ●日本郵船倉庫(2009.07.27)
 ●美馬印刷(2009.08.04)
 ●三井倉庫(1)(2012.04.03)
 ●三井倉庫(2)(2012.04.04)
 ●都立日本橋高校(2012.04.05)
 ●証券日報社(2012.04.08)
 ●ヤクシ化成倉庫―箱崎薬局(2012.04.10)
 ●森川屋、三祥印刷(2012.04.11)
 ●島喜倉庫、布目ビル(2012.04.13)

日本橋浜町
 ●明治座/2(2016.09.30)

日本橋久松町
 ●久松幼稚園、春美本店(2013.07.16)
 ●オクノギビル、他―糸重東京支店、バーバー・フジタ(2013.07.17)

日本橋堀留町
 ●フレンド商会、東武ビル/1(2008.02.23)
 ●サンヨー堂ビル、中村商店/1(2008.02.24)
 ●高松屋、他/1―旧西野工業、旧西山繊維(2008.02.26)
 ●英松苑/2(2013.07.21)
 ●市田株式会社/2(2013.07.22)
 ●田端屋/2(2013.07.24)

日本橋本石町
 ●喫茶スミダ/1(2013.06.30)

日本橋本町
 ●大江戸(うなぎ)、他/4(2006.12.26)
 ●繊維会館/4(2006.12.27)
 ●黒田産業/2(2006.12.28)
 ●三共商会、関モーターズ/4(2009.02.06)
 ●原薬品、他/4(2009.02.07)―中野化学、境野香料研究所
 ●橘医院/4(2009.02.09)
 ●越前、吉岡商店/4(2009.02.11)
 ●千葉ビル/4(2009.02.13)
 ●ヤマト科学ビル/2(2009.09.30)
 ●三井生命日本橋別館/1(2010.01.17)
 ●セントラル通商、都留貨物/1(2010.01.19)
 ●内田刃物店、竹内金属箔粉工業/1(2010.01.26)
 ●杉野ビル/1(2010.08.09)

日本橋室町
 ●興亜火災海上ビル/1(2008.09.01)
 ●大栄ビル/1(2008.09.22)
 ●海老屋、内藤ビル/3(2008.09.23)

日本橋横山町
 ●第1コスガビル(2013.06.16)
 ●海渡ビル、横山町ビル(2013.06.18)
 ●東陽ビル(2013.06.19)
 ●ICHIOKU MARKET PART 2(旧有賀商店)(2013.06.19)

東日本橋
 ●玉置薬局本店、他/2玉置薬局、ロマネック(2006.10.16) 
 ●両国郵便局、岡野ビル/2―(2007.06.10)
 ●ナグスビル、二興商会/1、3―(2007.06.11)

八重洲
 ●旧日本相互銀行本店/1(2013.05.24)
 ●東京建物ビル/1(2013.06.05)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



   次ページ »