ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




廣屋。中央区日本橋小網町2。1987(昭和62)年2月1日

「廣屋は地廻り塩も扱い、かつ醤油問屋の大店で、箱崎橋北詰の行徳河岸の角地にあった。元禄期に銚子でヤマサ醤油の醸造を始めた廣屋儀兵衛店が、原料の塩の確保と醤油の販売を目的に、享保の頃、廣屋吉右衛門に小網町で店を開かせたのに始まるという」(『日本橋小網町街並み商業史覚書』白石隆、2003年2月)。廣屋は屋号で姓は「浜口」。
廣屋は江戸時代から小網町に店を持った醤油問屋の大手で、最近まで酒類などの食品卸を中心に営業してきた会社である。廣屋の左のビルはヒゲタビルで、ヒゲタ醤油の本社である。銚子に工場がある会社で、ヤマサ醤油とは同族。
写真の駐車場は箱崎川(現在は埋め立てられて駐車場など。上を首都高6号線が走る)沿いの道路との角で、その道路が江戸明治期の行徳河岸である。行徳からの塩を陸揚げしていた場所だ。そちらに曲がらず写真右へ行けば箱崎橋。下の写真がわかりやすい。『中央区立図書館>地域資料室』から無断でお借りした。

上左写真は「新川一の9番地から鎧河岸を見る」のタイトルで京橋図書館が昭和32(1957)年に撮影した写真。手前は日本橋川で箱崎川が合流するところに箱崎橋がかかっている。日本橋川の鎧橋から箱崎川までが鎧河岸である。写真中央の建物は日本橋清掃事務所、その右に廣屋のビル。鎧河岸沿いの3棟の倉庫は廣屋の倉庫だ。
上右写真は「日本橋川と箱崎川との合流地点」で、京橋図書館が昭和43(1968)年5月に撮影した写真。左写真から10年後だが、ほとんど同じ光景だ。廣屋のビルが変わったように見えるのは4階を増築したため。

廣屋は2006年にK&Kの国分に買収されてその傘下に入った。国分も江戸時代に醤油の卸業者として始まり、廣屋と競ってきたようである。現在、廣屋のビルのあったところと日本橋川沿いの倉庫があったところにはマンションが建っている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





塩元売協同組合。中央区日本橋小網町5。1987(昭和62)年2月1日

箱崎川にあった行徳河岸は行徳の塩が陸揚げされたところとして知られている。『日本橋小網町街並み商業史覚書』白石隆、2003年)によると、江戸時代は行徳の塩は地回塩問屋に渡されたが、その問屋は江戸市中に分散していて小網町にはわずかしかなかったという。それでも、塩元売協同組合や東栄塩業は小網町と塩とのかかわりを示しているようである。戦前は「専売局出張所」もあった。
現在、塩元売協同組合は醤油会館(日本橋SOYICビル)へ移ったという。

新大橋通りの東側の小網町は、空襲による茅場町の火事が日本橋川を越えて延焼したということである。ここにある木造家屋は戦後に建てられたもので、古いビルは昭和30年頃の建築だろう。現在では戦後まもなく建てられた古いビルはすべてが建て替えられたか、解体されている。
上の写真手前が塩元売協同組合、並びの奥が東栄塩業。下の写真は1枚目写真の右奥の道路から撮ったもの。2棟とも昭和30年頃の火保図にすでに載っているコンクリート造のビル。キッコーマンの看板が乗っているのは、右奥のマンションの隣のビルだろう。そのビルの裏が日本橋川だ。
現在は2棟とも取り壊されて、小網町4番地全体が駐車場になっている。


東栄塩業。日本橋小網町5。1996(平成8)年5月6日

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





ローリエ。中央区日本橋蛎殻町1-22。1985(昭和60)年10月10日

現在は上を首都高速道路が通っているかつての箱崎川の河岸の通り。写真左から、今西ビル、ロリーエ(インドスパイスカレー)、小山法律事務所、住宅、サントリーショッピングクラブ、横丁を介して右端がヤマサ醤油東京支店。昭和30年頃の火保図では「杏雲亭(中華料理)、北村紙原料店、佐原屋、小山パン店、岩田商店東京支店、株式会社寿屋東京支店」などの記載である。
現在、蛎殻町1-22の街区は「デュークスカーラ日本橋」(2002年1月築、12階建て、106戸)という1棟のマンションで占められている。



さつき寿司。日本橋蛎殻町1-21。1987(昭和62)年5月31日

1枚目写真の今西ビルは新大橋通りへ出る横丁の角にあって、その横丁を入ったところに現在もある建物。タイル張りの壁と二階の縦長の窓で、洋風な造りの事務所かと思う。正面入り口の右側に「三栄商会」の表札が残っているが、今でもこの表札はそのままになっている。goo地図の昭和22年と昭和38年の航空写真とでは屋根の形が異なるようなので、戦後の建築らしい。どうもこの辺りは空襲で焼けたような感じだ。
左隣の家の看板は「エミール」。右奥の家は昭和30年頃の地図では「斉藤タバコ店」。
現在、角のタイル張りの家を除いて、L字形に「グランヴァン水天宮」(1999年3月築、10階建て、57戸)というマンションが建った。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





若林商店。中央区日本橋蛎殻町1-34。1985(昭和60)年9月29日

前の通りは箱崎川の河岸になる道路だった。箱崎川は昭和45年頃には埋め立てられて、かつての水面は駐車場や公園に替わり、その上に何層かの首都高速道路が建設された。
写真左の家は写真から「若林商店」だが1986年の住宅地図では「東京ウインファーム」で、これは若林商店を買い取った所有者というだけのものかもしれない。昭和30年頃の火保図では「東京鶏卵商業協同組合」。撮影後、1・2年で解体されている。
写真中央の看板建築は塙歯科医院。戦前から続く歯科医院で、建物も診療所を前に、住居を後ろに配置して、最初から医院を置く意図で建てているように見える。その建物の後ろには別棟の住居もあって、そちらは隠居所だか若先生の住まいだろうか。驚いたことに今も医院は続いていて、建物もそのままだ。東京DOWNTOWN STREET 1980’s>日本橋蛎殻町1丁目(5)が取り上げている。
写真右の3階建てのビルが升喜(ますき)ビル。株式会社升喜は1992年に本社を箱崎町に移転していて、その後に解体されたかと思うが、今も跡地はコインパーキングになったままだ。




升喜ビル
上:1987(昭和62)年6月7日
左:1987(昭和62)年4月29日

『日本近代建築総覧』に「弁喜K.K.、日本橋蛎殻町2-20、建築年=S2、構造=RC3、設計者=三輪幸左衛門」となっている建物。「弁喜」は「升喜」の誤植で、所在地は旧住所になっている。三輪幸左衛門は、ネット上では、銀座にあった 瀧山町ビル(昭和3年、銭高組)の設計者として出てくる。他には日本橋兜町の中央区立坂本小学校(昭和3年、大倉組)が現存する。
株式会社升喜は、1875(明治8)年に創業した酒類食品総合卸売の会社。創業者が升本喜三郎だから升喜である。醤油問屋として出発した。1941(昭和16)年12月に「株式会社升喜商店」を設立している。それまでは「升本商店」だったのかもしれない。昭和8年5月の火保図の表記は「升本商店倉庫」と「升本商店」(写真右端の2階建ての建物)としている。
升喜ビルを升本商店倉庫として見ると、確かにこの建物は倉庫として建てたものかと、納得できる。かつては箱崎川の河岸地として物資が陸揚げされたところで、醤油に関しては、蛎殻町と日本橋川に沿った小網町が中心だったようだ。蛎殻町と小網町は隣接していて同じ町内のようなものだ。升喜ビルのすぐ並びに「ヤマサ醤油東京支店」があり、小網町にはキッコーマンビル(野田醤油東京営業所、最近解体されたがストリートビューで見られる)や醤油会館、ヒゲタビル(ヒゲタ醤油)があり、醤油の集散地だった歴史を伝えている。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





京樽箱崎物品センター。中央区日本橋蛎殻町1-36。1986(昭和61)年2月16日

前の通りは人形町通りの水天宮前交差点から先の水天宮通りで、向かいにロイヤルパークホテルだが、撮影時にすでに建っていたかどうか。左にすぐ箱崎町の東京シティエアターミナル。道路は地下鉄半蔵門線の工事をしている。
写真のビルは「京樽」の看板があるように、地図では「京樽箱崎物品センター」だから、京樽の食材や商品の配送基地になっていたかと思うが、写真ではあまり活用していないような感じである。下の写真は1年半後のもので、「にんぎょう町京樽本社」になっている。石積み風にした1階もタイル張りの飾り柱のような壁も、かまわず白く塗り固めてしまっている。それが、『 都市徘徊blog 京樽本社』の1997年に撮られた写真を見ると、窓の上下や上部の軒が灰色に塗られていて、元に戻ったような感じに見える。
この建物は『日本近代建築総覧』の「大東紡ビル、中央区日本橋蛎殻町2-16、建築年=T2、構造=RC4、設計・施工=清水組」で掲載されているもの。住所は1982年より前の表示になっている。大正2年に建ったとはちょっと信じがたい。大正12年か昭和2年の誤植かもしれない。
「大東紡織株式会社」は1896(明治29)年2月に「東京モスリン紡織株式会社」として創立された。1936(昭和11)年に今の社名に変更する。1998年に日本橋箱崎町に本社ビルを新築して移転した。それ以前に、大東紡ビルは京樽に替わっていて、それがいつなのか判らない。



京樽本社。1987(昭和62)年6月7日

ビルの左は横丁があって、その一方の角は「アツギ(厚木)産婦人科医院」である。写真左端に写っているビルは医院の後ろの浜屋商事のビル(浜屋ビル)で現存している。医院の前を過ぎると昔は箱崎川で、土州橋が架かっていた。厚木医院の場所が、永井荷風の『断腸亭日乗』に頻繁に出てくる土州橋際の大石医院があったところだ。
岩波書店の『荷風全集第22巻』の月報(昭和47年11月)に松島栄一という人が『「断腸亭日乗」に見える中洲・土州橋について』という文がある。それによると、大石貞夫博士は昭和10年1月21日、脳卒中で倒れ、26日に亡くなる。荷風が見舞いに行った25日の『日乗』に、「大石君は中学生の頃余が亡弟貞次郎と同級なりき」とあり、大正5・6年から診察を受けていたようだ。大石博士の没後は門下の厚木博士によってつづけられ、荷風も土州橋がよいをつづけた。
大石先生が亡くなった後は、『日乗』に「土州橋の病院」や「土州橋医院」などとあるのは、正確には「厚木医院」だったのだろうか。なお、「中洲病院」と「土州橋」とは別のようである。大石医師は中洲病院に務めていた(院長だったのかもしれない)が、昭和7年にそこを去って土州橋際に医院を開業した、というようなことが月報の文にある。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





島喜株式会社倉庫。中央区日本橋箱崎町1。1987(昭和62)年6月7日

日本橋川の河岸地にあった倉庫。湊橋から豊海橋までの日本橋川沿いは旧町名では北新堀町といった。新堀または新堀川とは日本橋川の湊橋から隅田川に出るところまでの古い名称である。対岸の霊岸島が江戸初期に埋め立てられて、日本橋川が延長されたところからの名称だと思う。北新堀町は江戸初期には町屋として成立していた。また、河岸沿いの通りに永代橋が架けられたから相当な賑わいをみせた。永代橋が明治30年に新川のほうに架け替えられると、たちまち寂しくなってしまったらしい。
写真の倉庫は昭和11年の火保図に「コンクリート造3階建」となっている倉庫。昭和30年頃の火保図では「南国船舶KK北新堀倉庫」。3階建てと近代化しているが形は江戸期からの伝統的な蔵のままである。
現在はプレイアデ箱崎(1999年10月竣工、10階建)というオフィスビルに建替わっている。写真右奥の関モータースは、建物は壁を張替えたりしているが商売も続けている。


布目ビル。日本橋箱崎町1
1987(昭和62)年6月7日

やはり日本橋川の河岸地にあったビル。昭和11年の火保図に「寺内回漕店(コンクリート造)」、昭和30年頃の火保図では「東京港支店(コンクリート造4階建)」である。現在はこの敷地のままで少し高層化して建替えられている。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





森川屋。中央区日本橋箱崎町24。1990(平成2)年

湊橋の通りのすぐ裏の路地で、写真左奥が隅田川大橋の通りとその上に高速9号深川線。箱崎町24番地は現在では写真左の23番地と共に再開発されて、「日本橋箱崎ビル」(1996年3月竣工、17階建)という1棟のビルにまとめられた。したがって写真の路地も消滅している。
二軒長屋が一列に並んで建っている。手前は二件長屋の半分が残った形で、取り壊されたのは中田タバコ店だった家。残った一軒の看板を見ると、当地の開発が住友不動産によるもので、ビルの施工はフジタ工業が含まれていることが分かる。森川屋は二軒長屋を1棟使っている。「魚萬」の文字が2階の壁にあって、以前は魚屋だったのだろうか。
下左写真は1枚目の写真の裏側。下右写真の銅板貼り看板建築は三祥印刷。三祥印刷の左隣の家が取り壊されて空き地になっているが、その空き地が下左写真手前の空き地だ。


左:森川屋の裏側、右:三祥印刷。1990(平成2)年



二軒長屋。左:1985(昭和60)年9月29日、右:1990(平成2)年

左写真は隅田川大橋の通りのすぐ西の裏通り。手前の家の横側が右写真左の家で二軒長屋である。出入り口は別だが、1階は共にガレージにしている。この家は1枚目の写真の右端にも写っている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





ヤクシ化成箱崎町倉庫。中央区日本橋箱崎町21。1985(昭和60)年9月29日

当ブログ前回「証券日報社」の1枚目の写真の手前を左に行ったところ。かつては首都高速道路の下は箱崎川だった。下右の写真のとおりだ。川岸の道は奥で右へ続いている。江戸時代の昔からそこには永久橋が架かっていて蛎殻町とつないでいた。関東大震災後、都立日本橋高校(現・水天宮ピット)の前の通りに新永久橋が架かって、永久橋は廃止された。
写真奥に小屋が写っているが、永久稲荷神社である。幟一本あるわけでもなく、前を通っても神社だとはとても思えない。実はぼくも今知ったばかりだ。昔は、橋の袂の、それなりにいい場所にあったわけだ。





左:3階建て看板建築。2012(平成24)年3月6日
右:箱崎川。『 中央区立図書館 地域資料』より。1968(昭和43)年5月、京橋図書館撮影。書誌番号001987801

3階建て、銅板貼りの看板建築は健在。隣の角の家は元は八百屋だった。倉庫は取り壊されて駐車場(箱崎ヤクシ化成月極駐車場)になっている。


箱崎薬局。日本橋箱崎町20
1987(昭和62)年4月26日

湊橋の通りから南へ入る横丁にあった。「箱崎町診療所」「鉄砲洲針灸施術所」の看板もかかっている。昭和30年頃の火保図では「長沼医」とあるから医院だった建物らしい。隣の日本家屋は福本経理事務所。
なお、『日本近代建築総覧』にある「大東紡K.K.都寮」が写真左奥左側にあった。1980年頃には取り壊されたようで、撮影時では駐車場になっていた。当書に「旧医院」とあるが「河野医院」である。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





安藤家。中央区日本橋箱崎町21。1983(昭和58)年6月

写真手前の道路を左へ行くと首都高速の下を抜けて蛎殻町になる。かつてはその首都高の下は箱崎川で、新永久橋が架かっていた。木造の日本家屋が2棟並んでいるようにも見えるが、たぶん大きな住宅が1棟あるのだと思う。現在はメインステージ日本橋箱崎Ⅳというマンション(2003年10月竣工)。
写真右の洋風の家は証券日報社。



証券日報社。1985(昭和60)年9月29日

『日本近代建築総覧』に「建築年=1930(昭和5)年、木造、モルタル・タイル張」として載っている。「証券日報」という業界紙でも発行しているのかもしれないが、看板には「高級美術印刷・一般○○印刷」とあり、町の印刷屋さんなのかもしれない。側面の前だけを白く塗ってしまっているのが残念だ。



1987(昭和62)年4月29日

建物の後ろの部分(住居になっていたらしい)がすでに取り壊されている。現在の建て替わった藤岡ビルは1988(昭和63)年の竣工なので、証券日報の建物も撮影後じきに解体されたのだろう。写真右に喫茶店だった仕舞屋と中華の博龍。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





都立日本橋高等学校。中央区日本橋箱崎町18。1987(昭和62)年4月29日

都立日本橋高校は2009(平成21)年4月に墨田区八広(京成曳舟駅から近いようだ)へ移転し、2010年7月に「 水天宮ピット(東京舞台芸術活動支援センター)」という施設になった。建物表側のタイル張りの壁はそのときの改修だろうか。
校舎は日本橋区立箱崎小学校として1928(昭和3)年3月に竣工した復興小学校だ。『 関東大震災・復興データベース』によると「創立=1909(明治42)年」である。1944(昭和19)年4月に日本橋高校(当時の名称は東京府立葛飾中学校)が移転してくる。 区立有馬小学校の「有馬の歩み」には「1944年―日本橋高等小学校、箱崎国民学校と合併し、東京都有馬国民学校となる」とあり、日本橋高校が移転してきた時点で有馬小と合併して、箱崎小は廃校になったことが分かる。
建設時の外観や内部の造りがどのくらい残されているのか分からないが、あまり目を引くようなものはない。そのせいか、保存運動の対象にもなっていないようだ。水天宮ピットの運営がうまくいけば、そのまま永く使っていくのだろう。



水天宮ピット。2012(平成24)年3月6日

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ