ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




中央区立久松幼稚園。中央区日本橋久松町1。1987(昭和62)年4月26日

久松町はごく小さな区域で、外から人がやってくるような施設も店もないのであまり知られている町ではない。久松警察署がある場所だといえば、分かった気になってくれるかもしれない。写真の簡素な建物は区立久松幼稚園。浜町川を埋め立てた跡に建てたものだ。区立の幼稚園はほとんどが小学校に併設しているものだが、久松幼稚園はどういう理由からか別棟である。区立久松小学校は幼稚園のすぐ向かい(写真左)にあり、幼稚園も現在はそこに併設されている。
浜町川が流れていたときには写真右の道路には高砂橋(川の対岸は現在は富沢町だが震災前は高砂町といった)が架かっていた。川の埋め立てで廃橋になったのが昭和25年3月という。下流の有馬小学校の辺りは昭和47年の埋め立てで、だいぶ時代がずれる。『 久松幼稚園』の沿革に「昭和29年9月9日、独立園舎落成」とあるから、その「独立園舎」が写真の建物だろう。
現在は「区立久松町区民館」に建て替わり、写真右の「太呉商事」のビルも建て替わっている。



春美本店。日本橋久松町2。1987(昭和62)年4月26日

浜町川を埋め立てたところは川の中心だったところが町境で、その境は狭い路地で、その両側は、久松町区民館の向かいから東日本橋三丁目の辺りまで、ほとんどバラックのような小さな家が密集して並んでいた。写真の前の道路はかつての浜町川の河岸の通りで、久松町側は「西通り」、反対側の富沢町の側は「みどり通り」という名称になっている。
写真の建物は今でもそのまま残っているが、いつ取り壊されても不思議ではない。「カワマタ」の看板の家が、今は「酒喰洲(しゅくず)」という立飲み屋になっていて、なぎら健壱が雑誌なんかに書いている。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





都立日本橋高等学校。中央区日本橋箱崎町18。1987(昭和62)年4月29日

都立日本橋高校は2009(平成21)年4月に墨田区八広(京成曳舟駅から近いようだ)へ移転し、2010年7月に「 水天宮ピット(東京舞台芸術活動支援センター)」という施設になった。建物表側のタイル張りの壁はそのときの改修だろうか。
校舎は日本橋区立箱崎小学校として1928(昭和3)年3月に竣工した復興小学校だ。『 関東大震災・復興データベース』によると「創立=1909(明治42)年」である。1944(昭和19)年4月に日本橋高校(当時の名称は東京府立葛飾中学校)が移転してくる。 区立有馬小学校の「有馬の歩み」には「1944年―日本橋高等小学校、箱崎国民学校と合併し、東京都有馬国民学校となる」とあり、日本橋高校が移転してきた時点で有馬小と合併して、箱崎小は廃校になったことが分かる。
建設時の外観や内部の造りがどのくらい残されているのか分からないが、あまり目を引くようなものはない。そのせいか、保存運動の対象にもなっていないようだ。水天宮ピットの運営がうまくいけば、そのまま永く使っていくのだろう。



水天宮ピット。2012(平成24)年3月6日

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





田口理髪店。中央区日本橋蛎殻町2-8。1987(昭和62)年2月22日

写真左端に有馬小学校の旧校舎が写っている。天龍・佃田豆腐店の向かいになる。
1990年に現在の田口ビルに変わった。



村越医院の並び。日本橋蛎殻町2-7。1990(平成2)年3月

新大橋通りから現蛎殻町公園のほうへ入った道路の西側。4軒長屋のようだ。
現在は写真左の村越医院の建物が「一久」という焼鳥で飲む店になって残っている。長屋の左2軒は取り壊されて駐車場に、右の2軒は2棟の小さいビルになった。

左:千里軒。日本橋蛎殻町2-5。1988(昭和63)年5月5日
右:味一。日本橋蛎殻町2-2。1990(平成2)年3月

千里軒は新大橋通りの水天宮の一つ東のブロックにあった。現在はビルが立ち並んでいるが、昭和60年頃ではまだ小さい店が大通りに向いて並んでいた。ネット検索すると千里軒は裏通りに移って今も営業しているようだ。

右の写真は水天宮のすぐ裏。写真の右手へいくと水天宮の裏の入口を見て新大橋通りに出る。写真中央の青地に白字の看板は反射光でややこしいが「中ソ味一」だと思う。中ソは中華そばのことで、つまりラーメン屋だ。しかし、普通は中ソといったら中国ソ連だろう。
写真左端の白石タバコ店と写真右の鉢植えの棚を置いた家とが今も残っている。その間の家は取り壊されて駐車所になっているようだ。味一とその隣の家は割と最近まであったのかもしれない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





八百民。中央区日本橋蛎殻町2-6。1982(昭和57)年8月29日

新大橋通りから南へ入ってすぐのところで、写真左へいくと撮影時には有馬小学校があった。昭和8年の地図に「八百ヤ」となっているから戦前からの古くからある八百屋で、建物もそのときから替わっていないのだろう。
現在はビルに替わりその壁に「YAOTAMI」の文字を付けている。



中崎医院。日本橋蛎殻町2-13。1985(昭和60)年

写真右端が八百民と同じ交差点で、八百民とはちょうど反対の位置。前の道路は新大橋通りを越えると人形町大門通りになる。この道路を境に東側(浜町方面)が空襲で焼失した。写真の建物は戦後まもなく建てなおしたものだろう。
現在は中崎外科の看板のビル(NSビル)と中崎歯科医院のビル(中崎ビル)との2棟が立つ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





蛎殻町公園。中央区日本橋蛎殻町2-10。1985(昭和60)年2月

震災復興小学校の有馬小学校の旧校舎と一体で造られた公園だ。1987(昭和62)年に完成した新校舎の工事が始まるまでは昭和初年に造られた状態に近いままで維持されてきたようだ。
有馬小中学校の運動会はここで行なわれた。ぼくも一度は参加しているはずだが、昭和34年のことでどうもよく憶えていない。卒業アルバムのクラスごとの集合写真は写真のテラスで撮られた。当時はこの公園の前に浜町川がまだ水面を見せていた。

蛎殻町公園で行なわれた運動会。有馬中学1960年卒業アルバムより。


『東京の空間人類学』(陣内秀信著、筑摩書房、1985年)に、大震災後じきにつくられた公園の特徴として、「まず広い自由広場を設け、その正面中央に、壇の上に藤棚のある洒落たパーゴラ(園亭)が設けられる。一画にはコンパクトにまとめられた児童遊技場が植林で囲われて落ち着いた空間となっている。残りの周縁部は植樹された緑地で所々にベンチが置かれる」と説明されている。
上の図は同書に載っていた「蛎殻町公園平面図」。原典は『公園案内』(東京市役所)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





中央区立有馬小学校。中央区日本橋蛎殻町2-10。1985(昭和60)年10月10日

現在は写真の校舎の後ろの北側、かつて浜町川があったほうに蛎殻町公園があって、そこに改築された。変わって写真の側は公園と校庭になっている。
有馬小学校は1873(明治6)年に旧久留米藩主の有馬頼咸(よりしげ)の寄付を元に開設され、翌年に公立有馬小学校として開校している。
谷崎潤一郎が明治44年に発表した『少年』は「もう彼れ此れ二十年ばかりも前にならう。漸く私が十ぐらゐで、蠣殻町二丁目の家から水天宮裏の有馬学校へ通つて居た時分――人形町通りの空が霞んで」と、現在でも通用する背景の描写で始まる。谷崎の誕生の地は人形町1丁目にあるが、執筆当時はそこが蛎殻町2丁目のうちになり、水天宮と有馬小は蛎殻町3丁目だった。その当時の有馬小学校の位置は今の新大橋通り沿いである。
有馬小と同じ蛎殻町2丁目にある水天宮は有馬家の上屋敷(港区芝赤羽)にあったものを1872(明治5)年に蛎殻町の中屋敷に移したものという。
有馬頼咸の孫に有馬頼寧(よりやす)という人がいる。競馬の有馬記念は中央競馬会理事長だった彼の功績を称えての名称だ。馬券を買う前に水天宮にお参りしておくと御利益があるかもしれない。
写真の校舎は1927(昭和2)年の完成、設計:東京市、施工:大倉土木。改築された校舎は1987(昭和62)年に完成している。それまではこの校舎が使われていたようだ。



中央区立有馬中学校1960(昭和35)年卒業アルバムより

1枚目の写真は校舎が写っているだけという写真である。どうせならもう少し近づいて撮ればよかったが今更どうしようもない。ぼくは中学3年で有馬小学校と同じ校舎にあった有馬中学に転校してそこを卒業した。卒業アルバムを持っているので、それに載っている写真を掲載する。ちなみにこの年の卒業生は130人。
有馬中学は1908(明治41)年に設置された「日本橋高等小学校」が始まりらしい。写真の玄関は中学校のもので、同じ正面左のほうに同じ造りで小学校の玄関がある。煙突が何本もならんでいるがダルマストーブのもの。
卒業した後のことはよく知らないのでネットで調べてみた。有馬中学は1962(昭和37)年には浜町中学と統合して日本橋中学になる。ぼくが卒業してわずか2年後には有馬中学はなくなっていた。1974(昭和49)年にはさらに久松中学と紅葉川中学と一緒になり第4中学になった。1991(平成3)に校名変更して現在の日本橋中学になったという経過である。

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )





オカハシ配送センター倉庫。中央区日本橋蛎殻町2-8。1987(昭和62)年2月22日

まず写真右奥の3階建てのビルが気になると思うが中央区立有馬小学校である。撮影時には小学校の後ろに蛎殻町公園があった。現在はかつての蛎殻町公園に校舎を新築して、写真の校舎の場所が蛎殻町公園になっている。
写真の倉庫は昭和30年頃の地図では「服部紙店倉庫」(昭和8年の地図でも同じ)で、その手前は銭湯の「竹の湯」があった。現在はマンションが建っている。



オカハシ配送センター倉庫。日本橋蛎殻町2-9。1985(昭和60)年10月10日

1枚目の写真の向かい側。同じ形で3棟並んでいる倉庫は、住宅地図ではやはり「オカハシ配送センターソーコ」。その右の倉庫は「東伸社倉庫」。箱崎川の河岸から荷を上げ下げするための倉庫がこの辺りまで建っていたわけだ。
現在はロイヤルパークホテルの敷地で、ホテルの後ろの庭園になっている。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




「/」後ろの数字は丁目。( )内の日付は投稿日。建物名称が緑色のものは(たぶん)現存。

日本橋
 ●日本信託銀行本店/3(2006.10.12)
 ●はいばらビル、他/2―塚田ビル、はいばらビル、桜正宗ビル(2006.10.13)  
 ●兜橋ビル、藍沢ビル/1(2006.10.30)
 ●中将湯ビル、他/3―中将湯ビル、誠ビル、警眼社ビル(2006.11.02)
 ●加藤ビル/2(2007.02.24)
 ●大東京火災/3(2007.02.27)
 ●消防団倉庫、西河岸橋/1(2007.06.25)
 ●浅野ビル、東京建物日本橋ビル/1(2013.03.21)
 ●東急百貨店日本橋店/1(2013.03.23)
 ●武揚堂ビル/3(2013.03.24)
 ●野村証券本社/1(2016.05.18)
 ●三菱倉庫/1(2016.05.20)
 ●久安橋/1(2017.08.17)

日本橋大伝馬町
 ●荒庄鳴河、蝶矢シャツ(2007.06.12)
 ●タキトミ運送部(2007.06.22)
 ●住友銀行人形町支店(2007.06.23)
 ●山一機業、他―山田タバコ店、小笠原モーター(2007.06.24)
 ●江戸屋、銀杏堂印房(2008.06.01)
 ●寺岡商事(2008.06.02)
 ●吉沢タクシー(2008.06.03)
 ●増見東京営業所(2008.06.14)

日本橋蛎殻町
 ●小幡薬局、他/1―小幡薬局、たばこ屋、大新ビル(2006.11.16)  
 ●国鉄日本橋寮/1(2006.11.16)
 ●東京穀物商品取引所/1(2006.11.19)
 ●除虫菊、他/1―除虫菊、タナカ(Fresh Serve)(2006.12.05)
 ●雪印牛乳蛎殻町販売所、他/1(2006.12.28)
 ●永楽屋、他/1(2006.12.29)―永楽屋、看板建築の民家、八角形の窓の家
 ●秀明閣アパート、堀善商会/1(2007.03.27)
 ●日本橋特別出張所/1(2008.03.26)
 ●平沢理髪店、他/1―カースル産業、四軒長屋(2008.03.27)
 ●晴東寮/1―和風住宅(2008.03.28)
 ●辰口商会/1(2008.03.30)
 ●堀内商店/1(2008.03.31)
 ●秀和印刷、他/1―民家、ホームラン(2008.04.02)
 ●秀明閣アパートと荷風/1(2009.08.06)
 ●巴ビル/2(2009.12.11)
 ●天龍、/2(2009.12.13)
 ●オカハシ配送センター倉庫/2(2009.12.15)
 ●有馬小学校/2(2009.12.18)
 ●蛎殻町公園/2(2009.12.19)
 ●八百民、中崎医院/2(2009.12.24)
 ●市原ポンプ製作所/2―小山商会(2010.01.07)
 ●田口理髪店/2―村越医院の並び、千里軒、味一(2010.01.09)
 ●水天宮北辰ビル/1(2012.12.08)
 ●水天宮前の七軒長屋/1(2012.12.10)
 ●小川歯科医院、小沢銅器/1(2012.12.11)
 ●隅田荘/1(2012.12.13)
 ●定兼米店、他/1(2012.12.15)
 ●洋風八軒長屋/1(2012.12.17)
 ●京樽本社/1(2013.01.03)
 ●野田屋、勝山ビル/1(2013.01.05)
 ●升喜ビル/1(2013.01.07)
 ●升喜本社/1―エネオス蛎殻町SS(2013.01.09)
 ●フクイ洋服店、紀京家/1(2013.01.11)
 ●ゆたか印刷、加藤理髪店/1(2013.01.13)
 ●二葉屋、他/1―民家、宏和写真商会(2013.02.25)
 ●木村湯、他/1―マルイシ(2013.02.27)
 ●ローリエ、さつき寿司/1(2013.02.27)
 ●和光園、宮田楽器店/1―たえ、旧光峯銅機KK、和世(2013.11.11)
 ●日本事務器、他/1―キッチン中村、さとこ、矢澤商店(2013.11.12)
 ●東京穀物商品取引所、加茂鶴酒造/1(2013.11.15)
 ●後東電気の三軒長屋、他/1(2013.11.16)
 ●角の八百屋、飯田歯科/1(2013.11.17)

日本橋兜町
 ●日証館ビル(2006.10.03)
 ●山吉証券(2006.10.05)
 ●東京証券(2006.10.05)
 ●郵船兜町ビル、金万証券(2006.10.31)
 ●山丸証券、伊藤銀証券(2006.11.01)
 ●東京証券取引所・本館(2010.11.05)
 ●東京証券取引所・市場館(2010.11.06)
 ●山二証券(2016.05.21)
 ●成瀬証券(2016.05.23)
 ●安藤証券(2016.05.25)
 ●中央区立阪本小学校(2016.05.27)

日本橋茅場町
 ●旧松井証券/1(2006.11.04)
 ●七十七銀行日本橋支店/1(2006.11.04)
 ●渋沢開発/1(2011.01.29)
 ●第二井上ビル/2(2011.01.30)
 ●金商ビル本館/2(2011.02.02)
 ●いさみや、他/3―日本鋼材黒板(2011.02.04)

日本橋小網町
 ●かづさや(2006.11.07)
 ●森友通商(2006.11.09)
 ●魚射商事、他―水村屋本店、魚射商事、小林金物店(2006.11.10)  
 ●館野商店、日清製粉―館野商店、日清製粉小網町ビル(2006.11.14)
 ●鎧河岸の倉庫(2008.10.23)
 ●茅場橋(2015.07.04)
 ●根本畳店、よろい富士食堂(2015.07.05)
 ●塩元売協同組合、東栄塩業(2015.07.08)
 ●キッコーマン東京支店、上野ビル(2015.07.10)
 ●醤油会館(2015.07.12)
 ●廣屋(2015.07.14)
 ●井筒商会、桃乳舎(2015.07.16)

日本橋小伝馬町
 ●福助小伝馬ビル(2008.05.21)
 ●アライ理髪店、水口物産(2008.05.22)
 ●十思小学校石町時の鐘(2008.05.22)

日本橋小舟町
 ●富士銀行、マキノビル(2006.12.14)
 ●小倉ビル(2006.12.14)
 ●田村医院(2006.12.15)
 ●手塚興業、他(2010.01.28)
 ●塚本商事小舟町営業所(2010.01.30)
 ●和裁や、野口商事倉庫(2010.02.01)
 ●HPS本部、小舟町会館(2010.02.13)
 ●高橋パン店、旭屋(2010.02.14)

⇒以下[中央区・日本橋■目次(2)]

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )