ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 



富士館。台東区浅草1-43。1985(昭和60)年1月

浅草ROXの北にあった元映画館。現在はパンドラ浅草店というパチンコ屋だがその建物は仮建築だろう。
富士館は1908(明治41)年に開業しているが、1912(大正1)年に後の日活になる会社が運営するようになり、日活の封切館になった。写真の建物は大震災後の昭和2年に改築したもの。設計=僊石政太郎、施工=清水組、構造=SRC 4階建。1800人を収容する巨大な映画館として建てられている。戦時統合が解けて1947(昭和22)年、日活が独立すると「浅草日活劇場」となる。1973(昭和48)年に閉館。(『ウィキペディア』参照)
そのあと、キャバレー新世界が入ったらしい。1959(昭和34)年、瓢箪池を埋立てた跡地に東急グループの、「娯楽の殿堂」を自称した「新世界」が建てられている。1972(昭和47)年に廃業したが、そこにあったキャバレーが旧富士館に移ったものかと想像できる。
右写真左の鉄板の塀は松竹映画劇場(旧帝国館)を取壊した跡である。この劇場も僊石政太郎の設計だった。1年前に来ていれば写真を撮れたかもしれない。



窓の間の黒い壁面は一見戸袋のようにも見えるが、アールデコ風の人物像のレリーフ。たぶん竣工時のままだと思う。1986(昭和61)年10月26日

コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )



« 浅草東映/浅... フランス座/... »
 
コメント
 
 
 
創文社 (lot49snd)
2011-05-06 20:21:14
連休で時間が取れたおかげで、千代田区一番町にあった「創文社」が僊石政太郎の作品であることに気付き記事にできました。
また、それがきっかけで日本建築学会のデジタルアーカイブスが非常に充実していることを知り、時間が経つのを忘れて見入っています。
浅草の写真を撮ったはずなのですが、整理が悪くて見つかりませんでした。リンクを張らせていただきました。
 
 
 
>lot49snd様 (流一)
2011-05-07 11:57:15
「日本建築学会のデジタルアーカイブス」は知りませんでしたので、御教示いただいてありがとうございます。構造や工法などの専門的なことはともかく、私でも「図面・写真集関係>その他>東京横浜復興建築図集1923-1930」はすぐに楽しめますね。また「妻木文庫>日本橋記念誌」が面白そうです。
『Clocks & Clouds』は精力的に毎日更新されてますが、息切れしませんか? ちょっと心配です。
 
 
 
Unknown (lot49snd)
2011-05-07 20:12:13
ご心配いただきありがとうございます。
今までストックしていたものがあるので何とか続けています。
実は連休中、熱を出して寝込んでいたので、ちょっとしんどくなって来ました。どこかで区切りをつけて、ぼちぼち続けて行きたいと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
創文社(僊石政太郎のこと その1) (Clocks & Clouds)
<a href="http://pub.ne.jp/lot49/image/user/1304634352.jpg" target="_blank"></a> 《創文社 1985年頃 画像大きいです》 現在、創文社は千代田区麹町2丁目に移転しているが、以前は千代田区一番町17-3にあった。『新版 日本近代建築総覧』(1983年)によれば...