ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。





日東紡ビル。中央区八重洲2-2。1985(昭和60)年11月10日

外堀通りと鍛冶橋通りの鍛冶橋交差点に面している。外見は銀座の和光に似ていなくもなく、やはりルネサンス様式による昭和初年の建築か、と見ていたら日東紡>建材事業の歩みに『1952、旧日東紡ビル竣工』の記述を発見した。戦後も昭和20年代までは様式建築が少しは建てられていたらしい。
昭和10頃の地図を見るとその場所(槙町3丁目)にあるのは「旅館中央館」である。
現在のビルは1989(平成1)8月の竣工。



日東紡ビル・外堀通り側。1985(昭和60)年11月10日

外堀に架かる鍛冶橋のあった下に「鍛冶橋座」という映画館があったのを憶えている。外堀を埋め立てた時、橋の下を埋め残して映画館にしたのではないかと想像する。昭和40年頃は洋画の2本立てだった。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック


« 明治製菓/京橋2丁目 門跡橋、備前橋/... »
 
コメント
 
 
 
周辺は再開発中のようです (東京散歩人)
2008-11-08 22:01:35
つい先日、この近所で少し時間が空いたのでこの周辺を散策してみました。とくに裏通りは空地だらけでした。大規模な再開発が計画されているようです。この計画の一環なのか鍛冶橋通り沿いの最後の大規模近代建築である片倉工業本社も今年いっぱいで解体のようです。このままいくと明治屋も。。。なんてこともあるかもしれません。
 
 
 
>東京散歩人様 (流一)
2008-11-10 18:28:44
私の世代では片倉工業のようなビルは子供の頃はもっとも普通のビルだと感じていました。それがみるみるうちに数少なくなったと思っているうちに、今は貴重なものになり、とはいっても普通のビルなので注目もされない、という状況でしょうか。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。