ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




マダム・スン、山田屋。神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下。2014年6月9日

富士屋ホテル入口の脇にある山田屋物産店とその隣のマダム・スン(韓国料理)とは軒下を階段状にしているのや、二階の両端に戸袋があるところなど、わりと似た建物である。山田屋は店のHPによると、江戸時代から土産物店と旅籠屋を営んできた老舗という。建物は100年以上前のものというから大正初期に建てられたのだろうか。
『昭和30年代の神奈川写真帖〈下巻〉』(アーカイブス出版、2007年)に国道1号の山田屋商店の前を下っていくバスを撮った写真がある。昭和30年に撮られたその写真では山田屋とマダム・スンが写っているが、看板が写っていないので店名が確認できない。向かいの「カフェ・ド・モトナミ(旧富士屋ホテル車待合所)」に「山田屋商店」の看板がかかっていて、「a la modeすぎやま」は「おみやげの店 舛山商店」である。



嶋写真店。箱根町宮ノ下。2014年6月9日

嶋写真店の創業者嶋周吉は温泉宿「江戸屋」の人で、そこに滞在した外国人の持っていた写真機に魅せられて横浜に出て修行し、富士屋ホテルの開業とともに写真館を開業した。江戸屋が宮ノ下にあったのかどうかはっきりしない。建物は看板建築風でレトロな外観だがいつ頃の建築なのだろう。既出の写真では横がわずかに見えるだけだが、現在のものと同じに見える。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 箱根光喜號、... 小林商店、ユ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。