ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。





東京クラブ。台東区浅草1-26。1986(昭和61)年10月26日

戦前から、すでに西洋物の2番館だったらしい。平面は三角形に近く、舞台になるところは三角形の鋭角になる位置で、舞台を置くには狭すぎるようだ。映画専門の劇場として建てたのかもしれない。スクリーンの大きさを売り物にする時代になっては、なんともならないだろう。
ファサード中央のベランダの張り出しは、下から見れば庇の張り出しになるわけだが、表現主義的な造形で、見ていて楽しい。メンデルゾーンのアインシュタイン塔を想起させる。アインシュタイン塔は殻から頭だか足だかを出したオウム貝を連想するのだが、東京クラブはベランダの張り出しの曲線が魚のエイみたいだ。曲線が有機的なものを連想させるだけのことだろう。表現主義が生物の形態をどうした、という話は聞いたことがない。


左:1985 (昭和60)年1月、右:1986(昭和61)年10月26日

枝川公一著『ふりむけば下町があった』(新潮社、1988)に東京倶楽部のことが書かれていた。枝松が館の事務員の女性(70歳)から聞いた話をまとめたものらしい。ここに載せた写真を撮った頃の話としていいだろう。
内容は「入場料700円は浅草で最も安い。17時からは500円に、20時からは300円と割引になる。2階の映写室にはフジ・セントラルの旧式映写機が。3階の客室からはスクリーンは、はるか下に小さく見える。ウチコミ(開場)は平日が10:30、土日が10:00。終了は21時で、1回目の上映は終了時間に合わせて途中から。馬券を買う人も早朝割引500円で入ってくる。1回だけは外出できる。」



横から見ると「芋虫のような」と形容される形である。建物の構造がそのまま現れている。今となっては中を見ておかなかったのがなんとも悔しい。700円払って入ってみればよかった。1985 (昭和60)年1月

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック


« トキワ座/浅草1丁目 広沢ビル、他/入... »
 
コメント
 
 
 
東京クラブ (k-kai)
2008-08-16 15:41:03
こんにちは。

私は東京クラブの閉館記念上映に行きました。
1991(平成3)年のことです。
10月25日 「戦場に架ける橋」
10月26日 「赤い河」「波止場」
を観ました。
恐ろしく暗くて狭い、昔ながらの映画館でした。

この時の様子を載せたサイトがあったのでリンク張っておきます。
http://megaforce.org/v_tclub.htm
 
 
 
>k-kai様 (流一)
2008-08-16 22:56:46
リンク先のサイトには「さよなら東京クラブ・ファン感謝フェスティバル!」となっていますね。日替わりで名作を上映したのでしょうか。
「戦場にかける橋」は1957年の公開ですから、ぼくはたぶんその翌年に藤沢中央劇場というところで見ています。中学生のときで父親に連れて行ってもらいました。「クワイ川」マーチがはやったのを憶えています。
 
 
 
浅草六区 (urbansea)
2008-11-03 12:30:17
私のブログの浅草関連記事に、リンクさせていただきました。そのご挨拶です。
 
 
 
東京倶楽部内部 (Good Times)
2012-05-29 09:57:05
もうお忘れでしょうが、数年前、拙ブログで戦前の建築をいくつかあつかったときに流一さんにご来訪いただき、ご挨拶させてもらった者です。

東京倶楽部の内部は、昔の映画館の典型とはいえず、非常に独特のものと感じました。三階席から撮った写真が松山巌『乱歩と東京』に掲載されていますが、あれはもう映画を見る環境ではないと思いました。スクリーンがものすごく下にあるので、山から下界を見下ろす状態。あんなに映写幕を鋭角で見る劇場はほかになかったでしょう。

一階トイレも変わっていました。階段下の三角空間を利用したもので、天井がものすごく低く、全体の寸法取りもノーマルには思えませんでした。戦前の建築は、一階より上は天井が高いのに、地下はひどく低いというのがままありますが(覚えているのでは横浜税関、大阪ビル)、そういうものに似た空間感覚でした。

戦争直前ぐらいのものだったか、新聞の縮刷を読んでいたら、隣の常磐座が客を詰め込みすぎて検挙されたという記事がありました。東京倶楽部の造りもそのような、映画館がぎゅうぎゅうにパックされるのが当たり前の時代の感覚からきているのだと思います。

建物は、やはり入れるときに入っておかないともったいないですね。浅草でいえば、日本館に入らなかったのはすごく後悔しています。
 
 
 
>Good Times様 (流一)
2012-05-30 10:05:42
どうも、暫くでした。
東京倶楽部は映画館専用の劇場として建てられたようですね。スクリーンが小さくて3階席からは見下ろすようになるなどの不都合は、建物の敷地が三角形でその先端にスクリーンを置くというそもそものプランからきていると思います。三館共通の時代なら映画は付け足しで休憩室がわりだったのかもしれない、とも思われます。映画は大画面で、という時代になってからは、もうここで映画鑑賞というのは無理だったのでしょうね。
などと実際に見もしない人間が言っていますが、ちゃんと中を見ているGood Timesさんがうらやましい。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。