ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 





富士屋ホテル本館。神奈川県箱根町宮ノ下
2014(平成26)年6月9日

富士屋ホテルの富士屋ホテルのHPや『近代建築ガイドブック[関東編]』(東京建築探偵団著、鹿島出版会、昭和57年、2300円)よると、明治11年(1878年)7月、外国人向けの日本で初めての本格的なリゾートホテルとして開業した。500年もの歴史を持っていた温泉旅館「藤屋」を買収してのことらしい。明治16年の宮ノ下大火により、創建時の建物は焼失、翌年、12室木造平屋の洋館「アイリー」(”鷹の巣“の意)を建てて再発足して以降、次々と増築を重ねて現在の富士屋ホテルの建築群が完成した。
本館は明治24年(1891)に竣工した木造2階建て。富士屋ホテル独特の「全体に洋風の意匠を基調にしながら内外の要所に和風の意匠を加味した特異な建物」(文化遺産オンライン)。『じゃらんカメラ>富士屋ホテル』によると、設計・施工=河原兵次郎、河原徳次郎。



富士屋ホテル事務室。箱根町宮ノ下。2014(平成26)年6月9日

富士屋ホテルのHPの「ホテルヒストリー」に「1923(大正12)年:箱根ホテル営業開始。まもなく関東大震災で全壊。富士屋ホテルも被害を受け、翌年夏頃まで営業を休止/台所跡の敷地に二階建一棟(現・本館北側突出部)新築。階上を客室、階下を事務室、社員食堂とする」とある建物かと思う。その記述を見るまでは明治19年に建てられた「ハーミテイジ」かと疑った。アイリーはフォレスト館の裏に移されたようだが、ハーミテイジはこれという情報が見つからない。あるいは取り壊されたか?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 正緑荘/谷中7... 富士屋ホテル... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。