ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 





富士屋ホテル本館。神奈川県箱根町宮ノ下
2014(平成26)年6月9日

富士屋ホテルの富士屋ホテルのHPや『近代建築ガイドブック[関東編]』(東京建築探偵団著、鹿島出版会、昭和57年、2300円)よると、明治11年(1878年)7月、外国人向けの日本で初めての本格的なリゾートホテルとして開業した。500年もの歴史を持っていた温泉旅館「藤屋」を買収してのことらしい。明治16年の宮ノ下大火により、創建時の建物は焼失、翌年、12室木造平屋の洋館「アイリー」(”鷹の巣“の意)を建てて再発足して以降、次々と増築を重ねて現在の富士屋ホテルの建築群が完成した。
本館は明治24年(1891)に竣工した木造2階建て。富士屋ホテル独特の「全体に洋風の意匠を基調にしながら内外の要所に和風の意匠を加味した特異な建物」(文化遺産オンライン)。『じゃらんカメラ>富士屋ホテル』によると、設計・施工=河原兵次郎、河原徳次郎。



富士屋ホテル事務室。箱根町宮ノ下。2014(平成26)年6月9日

富士屋ホテルのHPの「ホテルヒストリー」に「1923(大正12)年:箱根ホテル営業開始。まもなく関東大震災で全壊。富士屋ホテルも被害を受け、翌年夏頃まで営業を休止/台所跡の敷地に二階建一棟(現・本館北側突出部)新築。階上を客室、階下を事務室、社員食堂とする」とある建物かと思う。その記述を見るまでは明治19年に建てられた「ハーミテイジ」かと疑った。アイリーはフォレスト館の裏に移されたようだが、ハーミテイジはこれという情報が見つからない。あるいは取り壊されたか?

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )



« 正緑荘/谷中7... 富士屋ホテル... »
 
コメント
 
 
 
ハーミテイジの行方 (そらそら)
2017-05-15 22:45:44
初めまして。
先日初めて富士屋ホテルに宿泊したのですが、とうに取り壊されていると(勝手に)思っていたアイリーが未だに残っていると知り、探してみたのですが近くまで行くことができませんでした。
アイリーは現在従業員寮として使われているらしく(あるいは比較的最近まで寮として使われていたらしく?)アイリーに通じる道は「関係者以外立ち入り禁止」になっていたからなのですが、マップ上では隣の熊野神社からいけそうな気もしますので再訪した際には探してみようかと思っています。
ところでハーミテイジですが、昭和60年に老朽化を理由に取り壊されているようです(小学館文庫『箱根富士屋ホテル物語』に記載されていました)

あとホテルヒストリーには大正9年に「厨房、冷蔵庫を竣工。3号館竣工。」とありますが、この3号館に関してもこれといった情報が見つかりません。3号館とあるからには現在も残っている西洋館の1、2号館に続く建物だと思うのですが、関東大震災で日本館(フォレストロッジ)と共に倒壊してしまったのでしょうか。
 
 
 
>そらそら様 (流一)
2017-05-17 13:01:47
「はぐれ鳥うろちょろ記」の三号館の記事を拝見しました。なかなかの力作ですね。富士屋ホテルのHPにもない歴史の一端が明かされています。
明治17年築のアイリーが昭和60年頃まで寮として使われていたのは知りませんでした。耐震に関してうるさくなかった時代ですね。今は近寄るのもあぶないのかもしれません。許可を得るのは難しそうなので、立入禁止を無視して見に行って、見つかったら謝る。富士屋ホテルの歴史を知りたいという客ですから、そう大事にはならないと思います。
 
 
 
Unknown (そらそら)
2017-05-17 23:59:16
ブログバレしておりますね(;´∀`) 流石でございます。

ハーミテイジに関しては木造2階建ての洋館で、竣工当初は今の食堂棟付近に建設されており大正9年に庭園に移築。昭和60年に取り壊しまでは判りましたが、写真を探してみようと思うとアイリー共に驚く程少ないのでちょっと意外でした。
庭園の何処ら辺に移築されていたのかも不明ですが、戦後、米軍からの接収解除後に富士屋ホテルに訪問した古川緑波の「富士屋ホテル」で「グリルも、昔とは場所が変った。前は食堂の上の方の、小さな建物だったのが、今度は場所が変って、ずっと大きくなっている」と記載されているので、或いはその建物がハーミテイジだったのではないか、と勝手に推測しています。

3号館は国土地理院の「地図・空中写真閲覧サービス」1947年(昭和22年)10月撮影や、「オンラインショップ富士屋ホテル倶楽部」に掲載(『富士屋ホテルとは』のEpisode02の写真)されている写真で、1号館と2号館の間に屋根だけ確認する事が出来ました。
3号館はもともとそれほど大きくない造りだったようです。
ただこの写真でもハーミテイジらしき建物は見つけられずでした。
 
 
 
>そらそら様 (流一)
2017-05-22 09:25:28
『かながわの近代建築』(河合正一著、かもめ文庫、昭和58年)に、アイリーとハーミテイジの写真が載っているのですがご覧になっていますか? よろしければ、本文に追加してしまおうかと思いますが。
 
 
 
Unknown (そらそら)
2017-05-26 13:29:05
「かながわの近代建築」は未読です。
本館と一緒にアイリーやハーミテイジの一部が載っている写真は見つけましたが、全体的な写真はなかなかないですね。
昭和58年と言えばまだハーミテイジも壊されていない時期ですが、その頃の写真が掲載されているのなら一読してみたいですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。