ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




四軒長屋。荒川区南千住1-57。2007(平成19)年8月3日

円通寺の裏手の風見酒店(現在は住宅に建て替わった)の向かい側。二階が後退した切妻屋根の、よく見るタイプの四軒長屋である。南側の端の家には「荒川区議会議員浅川喜文後援会事務所」の字が硝子戸に貼ってある。北の端の1軒だけが総二階建てのようになっているのは、二階の前面に増築したのかもしれない。
四軒長屋の北隣はモルタル壁の看板建築で「川又」という居酒屋。
現在、川又は住宅に建て替わっている。四軒長屋は最近取り壊されて、2016年12月撮影のストリートビューでは更地になっていて、裏にある古い民家が見えている。


四軒長屋。南千住1-57。2007(平成19)年8月3日



三叉路。南千住1-57。2005(平成17)年7月31日

1枚目写真の奥に茶色の鉄板で補修された家が見えるが、三軒長屋である。その先にあったのが三叉路角の上の写真の家。二軒長屋ではなかったかと思う。今は2棟とも住宅に建て替わっている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 風見酒店、四... 福島クリーニ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。