ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




正緑荘A。台東区谷中7-13。2007(平成19)年12月1日

JR日暮里駅の南の崖の上に2棟の木造アパートがあった。谷中霊園の中に島のように存在する住宅地があって、その中の線路際にあった戦前に建てられた大きいアパートだ。2015年7月頃に取り壊されて、すでに「たのしい家 台東谷中」という3階建ての老人ホームが2016年9月に開設している。


正緑荘。2011(平成23)年11月9日

正緑荘を正面から見た人は少ないだろうが、裏からなら大勢の人が見ているはずだ。上の写真は日暮里駅の南の芋坂跨線橋から撮った。山手線、京浜東北線、常磐線、京成本線の車窓から見えていたお馴染みの景色だろう。左が正緑荘A、右が正緑荘B。
『東京都の近代和風建築』(東京都教育庁編集、2009年)の巻末の表では「正緑荘2棟、住居、木造2階建桟瓦葺、-」で、建築年は不明だが、後で述べるように昭和12年らしい。



正緑荘A。2011(平成23)年11月9日

『異能の画家 小松崎茂』(根本圭助著、光人社NF文庫、2000年、単行本は1993年、著者はイラスト画家で小松崎の弟子)に、小松崎茂が昭和20年から3年3ヵ月の間、正緑荘で暮らしたことが記されている。
小松崎が生まれ育ったのは現在の住所でいうと荒川区南千住5-28。白髭橋のガスタンクや汐入の湿地と原っぱが原風景にある。昭和12年創刊の雑誌『機械化』の軍艦や飛行機の挿絵が実質的なデビューらしい。東京が空襲を受けるようになると、それを恐れて天王寺アパート(正緑荘)に引っ越す。昭和20年2月か3月と思われる。B館の6畳一間を二間借りた。当時「天王ホテル」と呼ばれたというが、住民が諧謔的に言ったものだろう。天王寺アパートは昭和12年に根岸あたりの小学校を解体した資材で建築されたもの、と小松崎は聞いた。80室以上あるというから1フロア20室の大きな木造アパートだ。上野辺りの女給さんが多く入居していたらしい。
3月10日の大空襲を小松崎は崖の上から眺めた。家族はその炎の中にいた。炎が下火になると小松崎はその中に入っていったという。南千住の家は焼失したが家族とは再会を果たす。
戦後は少年誌などの仕事が錯綜してくるとアパートの一室では狭すぎる。昭和23年夏に駒込に土地を買い、家を建てて引っ越す。少年雑誌で人気が出るのは駒込に移ってからのようだ。



正緑荘B。2011(平成23)年11月9日

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )



« 花重、三原家... 富士屋ホテル... »
 
コメント
 
 
 
入居者は? (定マニア)
2016-10-14 17:44:17
オンボロ(失礼)アパートの後に老人ホームですか。アパートの住人がそのまま入所したのでしょうか?いつも電車の窓から見えていて、すごく気になっていましたが、どうやって行くのかわからないままでした。とにかく部屋数が多かったので、赤線からの転業アパートかしらって思っていました。玄関がいい感じですね。谷中といえば、一時期阿部定が旧眞島町の日光荘というアパートに住んでいたとか。空襲でなくなってしまいましたが、こんな感じのアパートだったのでしょうか。
 
 
 
追記です (定マニア)
2016-10-14 17:50:48
白髭橋のガスタンク・・・某アニメの、もしかして泪橋があって、丸じゃなくて円筒型のガスタンク?
 
 
 
>定マニア様 (流一)
2016-10-16 14:57:19
確かにアパートからそのまま老人ホームに引き移った人はいそうですね。
ガスタンクは『異能の画家…』には昭和30年頃の塩入の写真と、同時期に描かれたらしい絵物語のガスタンクが登場するワンカットが載っていて、当然、円筒形のガスタンクです。現在の白髭橋西北にある球形のタンクより少し西のところにあった2基ではなかったかと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。