ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




二軒長屋2棟。中央区佃3-4。1989(平成1)年11月26日

清澄通りの佃3丁目側の裏通りにある二軒長屋。現在も改装されて残っている。特に右の長屋は1階をすっかり住居の外観に変えていて、まだ使っていくつもりらしい。左の長屋の「第一パン」の看板は下の1年後の写真ではなくなっている。看板はたぶん、昭和25年頃の火保図にある「吉岡菓子店」だったときの名残だろう。現在は「住吉電器」になっている。


二軒長屋2棟。1991(平成3)年1月20日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 民家、長屋/... 二軒長屋、五... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。