龍の声

龍の声は、天の声

「勢いが奇跡を生む②」

2017-02-27 08:16:39 | 日本

松本守正さんのブログ「勢いが奇跡を生む②」について 記す。


奇跡とは…自分が想像できなかったことがめの前に現れる手にとるということ。
目標とは違う。
奇跡を起こすには勢いがいります。

何故頭の良すぎる人が奇跡を起こせないかというと、理論理屈で無理だと考えているから…無理だと思っているからやらないのです。

[アスファルトの草]
突き破って芽がでますね。
ジィーッと早く地上に出たいと一生懸命、固いアスファルトを押し続けて、車がヒビを作った時の瞬間のチャンスをものにしたのです。
草がアスファルトを突き破ったのではなく、瞬時のチャンスのすきに芽を出したのです。

[成功哲学]人生の戦いは常に早い人強い人に分があるのではない。
いずれ早晩勝利を獲得する人は
「私は出来るんだ!」
と信じている人だ。

ジっと信じてやり続ける心の勢いがチャンスをつかむのです。

人生を一生懸命生きていると必ずチャンスはきます。
人は誰でも人生で三回チャンスが来るそうです。

その時が勝負。

チャンスの神様は前髪しかなく後ろ髪がありません。
しっかりつかもうね。感謝







この記事をはてなブックマークに追加

「勢いが奇跡を生む」

2017-02-27 08:16:39 | 日本

松本守正さんのブログ「勢いが奇跡を生む1」について 記す。


私達の人生も同じ、「勢い」は色んな悩み、金銭的問題をすべてはねのける。

仕事も勢いをつけるには、しっかりと目的をもつことが大切です。

目的を間違えると落ちていくのにも勢いがついてしまいます。

勢いが奇跡を生みます。

勢いをつけましょう。

運勢→勢いのこと。
勢いがない人は駄目です。
何事も勢いよくしましょう。
例えば返事ひとつでも「ハ-イ」ではなくて「ハイッ!!」って、勢いよくしましょう。

運勢をよくしようと思ったらとにかく勢いよくすることです。

流行るお店、伸びる会社全て勢いがあります。

人が見て手相はわからないけれど人相はわかります。
だから笑顔が大切です。

どんな時もニコニコ顔で…
。運勢がよくなるとちょっと周りに変化が起こります。
この時に注意することは、運勢がよくなると頼まれ事が多くなります。
なのに、断る人がいます。
折角の勢いを止めている。勢いがだんだんなくなります。

だらだらする人で成功する人はいない。
自分の行動、言動をテキパキとして勢いをつけるのです。

「水が岩を動かす」
鉄砲水の勢いが岩をも動かすのです。
スムーズな水では岩は動くどころかビクともしません。

理論理屈で人の心はうごきません。

勢いが人の心を動かすのです。

勢いがないと運勢はよくならないのです。

「勢い」意識していきたい。









この記事をはてなブックマークに追加

「自信を持つための5ヶ条」

2017-02-26 06:42:10 | 日本

松本守正さんのブログ「自信を持つための5ヶ条」について記す。



1.微笑みを忘れるな。

2.いつも瞳を輝かせる。

3.胸を張れ。

4.3センチ背伸びして歩く。

5.心がいつもオープンであること。



たったこれだけ…今日からできますね!

そしてもう一つの提案です。

「1日にひとつ、自分自身に心地よいことをしましょう」

何でもいいのです。
小さなことでいいのです。

例えば、早起きして自分の為に美味しいコーヒーをいれる。

テーブルに綺麗な花を飾る。

まずは自分自身を喜ばせることが大切なのです。

自信に満ちた人が美しいのは、そんな風に自分自身を毎日磨き続けているからです。

感性を磨き身に付いたものこそ本物の自信につながるはずです。

最後に以前本で読んだのですが、
強運になりたければこの三拍子だと…

「整理整頓、清潔、身綺麗にする」









この記事をはてなブックマークに追加

「自分を変える三原則」

2017-02-26 06:39:59 | 日本

松本守正さんのブログ「自分を変える三原則」について記す。




人生を変えたい時、自分を変えたい時


1.時間配分を書く

一体自分が今までどういう時間を過ごしてきたかを知り、それを書く。

・テレビを4時間見ていたけれど2時間にするとか…
・睡眠時間8時間だったけど6時間にするとか…

・朝起きる時間を1時間早くするとか…

人生は時間ですから、人生変えたかったら、まず時間配分を変えましょう。


2.仕事の中身を変える

結果に対して常に反省する。結果には必ず原因があります。その本質を見極めていく。
その気づきが仕事に対して、人に対して、自分に対して変わっていき、成長していきます。


3.つきあう人を変える

人は自分と同じレベルあるいは自分より力が劣る人といると楽だからそうなりがちです。
自分よりも目上の先輩や上司と会う機会、話す機会、行動する機会をふやしましょう。
気を使うかも知れないけれど、気配りが学べます。


少しの変える努力で自分が変わりそして人生も変わります。









この記事をはてなブックマークに追加

「大統領令ってなにか?」

2017-02-25 07:28:47 | 日本

齋藤 貴さんが「大統領令ってなにか?」について掲載している。
以下、要約し記す。




圧倒的なスピード感で決断を繰り返すトランプ大統領の「大統領令」ってなにか説明できる?
選挙期間中からずっと物議を醸してきたトランプ大統領ですが、大統領になってからも、さらに物議を醸しています。その中心にあるのが、「外国のテロリストのアメリカ入国から、この国を守る」と題した大統領令です。この大統領令は今世界的に問題になっており、各国の首脳がこの大統領令を批判するコメントを発表しています。

他にも「TPPからの永久離脱」「メキシコとの国境に壁を建設する」など、トランプ大統領は昨年10月下旬に発表した就任100日で実現するとしていた公約のほとんどを、大統領就任からわずか2週間で着手したことになります。

歴代の大統領の中でも類を見ないスピード感を持つトランプ大統領。トランプ大統領は自身の権限だけで発効できる「大統領令」を活用していますが、この「大統領令」とは何なのでしょうか?


◎大統領は法律を作れない

大統領令とは何かを考える前に、通常の立法との違いを考えておきましょう。
まず、大統領は法律を作る権限を持っていません。立法するのは連邦議会であり、大統領は立法するように呼び掛けるか、議会が可決したものに拒否権を発動するか、という形でしか関われません。さらに、アメリカの大統領は政党のリーダーではないため、党全体をコントロールできません。例えば日本であれば、総理大臣である安倍晋三氏は自民党の総裁でもあるため、自身の考えを党内に伝えることができます。

また日本では、「党議拘束」と呼ばれるように、法案に対しては党全体で意見を固め、所属している議員全員が党の考えに従うのが一般的です。一方でアメリカではこうした党議拘束が弱く、各議員が自分の考えに従って自由に法案への支持・不支持を打ち出せるため、大統領が望んだ法案を議会に可決させるのはより一層難しいと考えられています。


◎立法よりも迅速な大統領令と制限

そこで、大統領令が活用さることになります。
大統領令の効力は法律と変わりませんが、議会の可決が必要な法律と異なり大統領のサイン1つで発効するため、必要な政策を迅速に行えるという利点があります。特に、大統領が重視する政策のうち、議会での可決が難しい、または時間がかかってしまう党派的なものについては、大統領令を用いて議会審議を迂回するという手段が用いられます。オバマ前大統領は社会福祉や環境保護という共和党に嫌われる分野で実績を残すことを目指したために、大統領令を用いてそうした政策の実現を図りました。

しかし、大統領令には限界があり、財政出動が必要なもの、つまり予算がかかるものは議会の許可が必要になります。また議会の立法に反するものは大統領令として効力を持たず、他の立法と同様に連邦裁判所の審査を受けます。オバマ政権の時にも、環境保護規制のための大統領令について最高裁判所は効力を一時的に停止させています。


◎トランプ大統領の大統領令

トランプ大統領のみが活用しているイメージがある大統領令ですが、オバマ前大統領も含め他の大統領たちも活用してきました。1862年のリンカーン大統領による「奴隷解放宣言」から通し番号が振られており、現在までに1万3,000件を超えています。

一方、これまでの大統領と大きく異なるのはその中身です。これまでの大統領が就任早々に出した大統領令は儀礼的なものか、あるいは公約の中で改革姿勢を示す目的のもので、議会との関わりが薄いものでした。例えば、クリントン大統領は選挙において経済成長を強調したこともあり、就任早々に経済政策の意志決定を行う国家経済会議を設立しています。

しかし、トランプ大統領が出した「外国のテロリストのアメリカ入国からこの国を守る」というものはこれまでの大統領令から大きくかけ離れたものです。

第一に、イラクやシリアなどの国々の国籍を有する者の入国を一律に禁じるといった内容は野党民主党を中心に大きな反発を生んでしまいました。大統領就任当初から、大統領令という手段を用いて野党を困惑させるというのは、これまでの就任当初の大統領からすれば極めて異例です。

第二に、今回の大統領令は議会はおろかホワイト・ハウスの中ですら十分な根回しが行われず、バノン上級顧問を中心とした少数のみによって決定されたことです。今回の大統領令では入国管理を主管する国土安全保障省が本来重要な役割を果たすはずですが、大統領令の中身についてほとんど関われなかったことが、CNNのスクープで明らかになりました。

第三に、上記の少数による政策決定と関連することですが、法的な分析が事前になされませんでした。つまり、これまでの法律や憲法に反しないかという分析や、大統領令の運用に関する確認がなされなかったのです。そのため、大統領令が発行したあとになって、実際に運用する空港で騒ぎが起きたり、また、ニューヨーク州の連邦裁判所が大統領の発効を一時停止したりするなど、混乱が広がっているのです。


以上のように、今回の大統領令は大きな問題になっています。野党民主党の反発を当初から生んでしまうことで、今後大統領が民主党と協力しにくくなるのではないかという懸念も生まれました。就任後もトランプ大統領への不安は途絶えることがなさそうです。









この記事をはてなブックマークに追加

「魅力国家の条件」

2017-02-24 07:39:50 | 日本

「韓国人に生まれなくて良かった」元駐韓大使が心底思う理由

双竜建設のアン・グクジン専務(57)にとってシンガポールは「第2の故郷」だ。入社後24年間をシンガポールで過ごし、今も勤務している。しかしまだシンガポールには感心することが多いという。アン氏は「原則に基づいて仕事を処理する公正性に驚き、外国人に対しても包容的な開放性にもう一度驚く」と述べた。
 
双竜建設がシンガポールに進出して4年目の1984年、現地に到着したアン氏は会社の契約に必要な書類を受けるために官公庁に行った。すでに業務時間が過ぎた状態であり、期待せず足を運んだ。しかし予想とは違い、公務員はアン氏を笑顔で迎えた。「私たちは不便な点を処理するためにいます」。彼らは約束したことを必ず処理するということを説明し、数日後、その言葉通りに進められた。
 
この国の政府が主導する建設入札は公正だ。外国企業も国内企業と同じ待遇を受ける。アン氏は「技術力と価格を厳格に見るので、支援金や人脈を利用した要請は探せない」と述べた。
 
シンガポールの1人あたりの国内総生産(GDP)は2005年の2万9869ドルから2015年には5万3604ドルに増えた。10年連続で2万ドル台の韓国とは対照的だ。18万7000余りの多国籍企業がシンガポールに進出しているほど「グローバルビジネスハブ」の役割をしている。秘訣は積極的な開放政策だ。昨年を基準にこの国の全体人口547万人のうち外国人は160万人。外国人の数が10年間で2倍に増えた。世界銀行が毎年発表する「ビジネスをしやすい国」ランキングでシンガポールは9年連続で1位になった。現代経済研究院のイ・ヘジョン研究員は「シンガポールは租税減免などの各種支援で企業を誘致し、高級な雇用を創出する好循環構造を作り出した。これは徹底した法治、腐敗管理、透明な行政など企業が信じて投資できる文化のおかげ」と述べた。
 
アジアの開放的な都市がシンガポールなら、欧州には英ロンドンがある。ロンドンは多様な人種が集まって文化を形成している代表的な多文化都市だ。英国統計庁の2011年の人口調査によると、ロンドンの人口約817万人のうち外国出身者は36.7%の約300万人。このうち約200万人は欧州連合(EU)以外の国の出身者だった。キム・ジュンベク慶煕大社会学科教授は「英国の多文化主義は世界のあちこちから人材を集める土台」と述べた。毎年43万人ほどの海外学生が英国の大学に留学するが、これは米国に次いで世界で2番目に多い。
 
中央日報と慶煕大の共同調査に表れた魅力的な市民の要素は市民精神だった。1位のドイツの場合、遵法精神と配慮・寛容など市民精神が魅力的な要素という回答が多かった。
 
 
◆最も魅力的な市民と理由(市民3068人調査)
 
  1位 ドイツ 遵法精神・寛容・誠実
   2位 日本 遵法精神・配慮文化
   3位 スイス 遵法精神・余裕
   4位 米国 自由を重視する国民性
   5位 シンガポール 遵法精神・道徳性
   6位 英国 配慮・寛容の文化
   7位 フランス 自由・創意的文化
 
 










この記事をはてなブックマークに追加

「韓国人に生まれなくて良かった」

2017-02-23 07:58:29 | 日本

武藤正敏([元・在韓国特命全権大使)が「韓国人に生まれなくて良かった」と題して掲載している。
以下、要約し記す。



◎なぜ韓国の国民は格差問題に激しく反応するのか

韓国では、崔順実容疑者の国政への関与と大統領府が絡んだ収賄疑惑で百万人規模の朴槿恵大統領退陣要求が発生した。そのため国会で朴大統領弾劾が決議され、大統領職は停止されている。現在、憲法裁判所の裁判と特別検事による捜査が続けられており、憲法裁判所で弾劾が可決されれば、朴大統領は失職し、2ヵ月以内に大統領選挙が行われる。

現在立候補すると見られている人々は、黄教安大統領代行を除くといずれも反朴の野党系であり、新政権の下では北朝鮮との融和姿勢や日韓関係への強硬な姿勢が懸念されている。

朴大統領が弾劾されたのは、数百万といわれる市民のデモである。5000万人の国民によって選出された大統領が、支持率が5%前後に落ち込んだとはいえ、本人の有罪が確定していない時点で、一部の市民のデモで退陣に追い込まれるのは民主主義国家と言えるのか疑問が提起される。日本でこのようなことが起きることはないであろう。

しかし、韓国はこれが現実である。その背景として、「7放世代」(格差社会によって、就職、恋愛、結婚、出産、マイホーム、夢、人間関係という人間として基本的な希望を失った世代)の存在や、政界と財閥の癒着、崔順実容疑者の娘の不正入学などの問題が指摘されている。

とはいえ、格差はどの社会でも多かれ少なかれ存在する問題であり、何故韓国の国民が他国とは比較にならないほどこのように激しく反応するか、それは韓国社会の実態を見ないと理解できないと思う。

私は、韓国人に生まれなくて本当に良かったと思う。韓国は過酷な競争社会である。大学の受験戦争、就職難、結婚難、老後の不安、OECDの中で最も高い自殺率……。加えて男性が虐げられた社会である(女性はそうは思わないかもしれないが、男性にとって悲しい現実)。

私は、日本で試験に合格して外交官になり、最後には大使にもなった。しかし、韓国に生まれていたなら、その過酷な競争社会のプレッシャーに勝てなかったかもしれない。家族全員で、子どものために大変な犠牲を払っても報われない現実。しかし、一部のエリートはそうした競争を回避していい思いをしているとの羨望。そうした不満が鬱積しているのが韓国社会である。

そうした現実の中、朴大統領は経済民主化を旗印に、格差是正を公約して大統領に当選した。しかし、そのスローガンはいつの間にか消え、密室の中で大統領が正体不明で胡散臭い崔容疑者に操られて国政を危うくし、政界と財閥が癒着して一部の人だけが良い思いをしていると、失望感が広がっていた。そのため、崔容疑者の事件がなくても次の大統領選挙では野党が有利と言われてきた。

韓国は隣国であり、北朝鮮という脅威に対抗するためには否が応でも付き合っていかなければならない国である。そうした国とどう向き合うべきか考える前提として韓国社会を見てみたい。


◎人生を決める大学受験、常軌を逸した教育費

韓国ではどの大学を卒業するかによって「人生が決まる」と言われており、大学進学率は短大・専門学校を含めると80%台(日本は約50%)という超高学歴社会である。

韓国で日本の大学入試センター試験にあたる「大学修学能力試験」が行われる日には、パトカーがサイレンを鳴らし遅刻しそうな受験生を試験場まで連れていく、ヒアリング試験の行われている約30分間は飛行機の離着陸まで禁止される、という日本では考えられないことが起きている。大学入試は、各大学でも内申書を参考とし、面接、小論文の試験を行っているが、「大学修学能力試験」の成績の占める割合は高く、高校3年間の努力が一日で決まるのである。

しかもその努力たるや。高校生は、朝、2つの弁当を持って登校する。放課後、夜の10時まで図書館に籠って自習し、その後は「学院(ハグォン)」で勉強を続ける。まさに人生を懸けた戦いである。

しかしその戦いは受験生ばかりではない。韓国では、受験戦争の弊害を和らげるために1974年に「高校平準化」を導入し、中学、高校受験をなくして、抽選で地域の高校に振り分ける方式を導入した。しかし、規制の強化で受験戦争の弊害を取り除くことはできない。代わりに課外授業が活発となり、家庭に収入に占める教育費の割合は一層高まった。韓国では家庭教師に月100万ウォン、150万ウォンを払っても1科目か2科目であり、有名教師ならもっと高くつく。学院(ハグォン)という塾でも週2?3回の進学塾的なところで月30?50万ウォンくらいになる。

韓国で、中流といわれる家庭では月収が月300万ウォン程度であるから、そこから一人の子どもに月100万ウォンを払う家庭の生活はどうなるのか。少し収入の多い家庭でも余裕はない。小学校から母子で海外に留学する子も多く一歩でも先に出ようとする。韓国では、共稼ぎをするか、借金をするか、財テクで成功しないと子どもを大学にやれないのが現実である。


◎サムスンの就職倍率は700倍、過酷な就職事情

韓国では、このように苦労し大学を出ても厳しい現実が待っている。

韓国は主要財閥10グループの総売上高がGDPの約75%を占める。しかしソウル大学を卒業すれば、サムスン電子や現代自動車に就職できると期待しても、全求人のうちそうした財閥系企業が占める割合は1%に過ぎない。ある程度の企業に就職しようとすれば、TOEIC800点以上は最低条件、大手企業ともなれば900点以上が必要である。入社試験の倍率はサムスン電子では700倍といわれている。

2015年の韓国の若年失業率は9.2%と史上最高を記録している。ソウル大学の卒業生でも就職率は50%といわれ、就職できない人は、大学院に行くか、海外留学するか、親族企業で働くか、就職のための留年をするかである。そうした余裕のない人は非正規社員として働くしかない。その割合は正規社員よりはるかに高いのが現実である。

韓国人は非常に見栄を張る人々である。自分が期待する就職先が得られないと、あたかも落伍者のような気持になる。ソウルの日本大使館で、電話交換兼受け付け業務の職員を募集したことがある。一人の応募に対して30人ほどの応募があったが、その応募者は、日本語はもちろん英語もでき、日韓関係に関する質問も的確に答えていた由である。韓国の名もなき中小企業に就職するよりも、日本大使館の方が恥ずかしくないということのようである。


◎エリートでないと結婚も難しい過酷な結婚事情

韓国では、大学を出ていないと結婚も難しいといわれる。しかも、いい結婚相手を見つけようとすれば、一流大学を出て、一流企業に働いていないといけない。結婚に関わる経費も膨大である。新居は新郎側、家財道具は新婦側が持ち寄るのが習わしである。新居がないと嫁をもらえない、新婦側の家財道具や持参金が足りないとして離婚するケースも生じっている。

朝鮮日報が「親の涙で挙げるウェディング」という見出しの特集記事を掲載したが、それは親の全財産をはたいても結婚費用が足りず、多額の借金を背負うことになった話である。

韓国は体面を重視するため、派手な結婚式をしたがる。しかし、そのことが韓国人の生活を苦しめているのである。

経済的理由から「非婚」を選ぶ人も増えている。就職が厳しいので安定した収入がない、結婚の費用が賄えない。


◎子育てで散財の末、過酷な老後の事情

韓国では、子どもの教育費に散財し貯えの乏しい家庭が多い。加えて子どもの結婚費用にそれまでの蓄財を使い果たし、借金までする親がいる。2014年に基礎年金制度が発足し、所得が下から70%までは月に10?20万ウォンが支給されているが、国民年金や公務員年金を受給する高齢者はわずか32%である。

高齢者の収入を比較すると日本は16万円、韓国は36万ウォン(3万6000円)であり、高齢者の貧困比率は48.6%である。日本では、高度成長期に会社勤めをしていた人ならば、国民年金と厚生年金に加入していたはずである。韓国では、非引退世帯の12%は国民年金・退職年金・個人年金のいずれにも加入していない。

韓国では、高齢者の生活費の53.1%は働いて得なければならない。日本の高齢者の経済活動参加率は28.7%だが、韓国では41.6%と高い。しかし、40歳を過ぎて早期退職をした後雇ってくれるところはない。その多くは、単純労働や農林水産業である。

飲食店や商店を起業する人もいるがその多くは失敗し、老後の貧困に拍車をかけることが多い。韓国は儒教社会である。以前であれば、子どもが親の面倒を見た。しかし、今は子どももその子どもの教育費でアップアップしている現実がある。親の面倒は見てくれない。

一生子どものために働き、子どもには面倒を見てもらえない。50代で退職してお金がなかったらどうするか。30坪のマンションを売って10坪のマンションに引っ越し、その差額で生活していくしかないというのが現実である。

2011年の65歳以上の高齢者の自殺率は人口10万人あたり、韓国81.9人、日本17.9人であり、韓国はOECDの中で1位である。韓国で老後を送りたくないものである。


◎徴兵制が生んだ男女格差、過酷な韓国人男性の実態

これは番外編である。意外と知られていないが、昨年、韓国外務省の合格者の7割超が女性であった。一般的に筆記試験の成績を見ると女性の方がいい。しかし、韓国の状況は驚きである。他の国家試験についても資料はないが、同様な傾向だと聞く。

その一つの要因は、男性に科された徴兵制ではないか。男性が兵士に取られている間に女性は試験準備をしている。ある時、韓国の人に、女性についても同じ期間、社会奉仕活動に従事してもらうかしないと、男性はますます不利になるのではないか、と問うたことがある。その時の先方の答えは、そのようなことを言えば、女性団体の激しいバッシングを受ける、「それならあなた、子どもを産んでごらんなさい」と言われれば、答えようがない。

韓国ではますます女性が男性よりも高い地位に就いていくのではないか。

男性にとって何より不幸なことは、「キロギアッパ(雁になった父)」と呼ばれる現象である。子どもの教育のため、母子で幼少期から海外留学をする。父親は韓国内に残り、インスタント食品を食べながら、せっせとお金を稼ぎ仕送りをしているのである。それでなくても子どもができると家の中で居場所のない父親がいるのに、幼少期から子どもと離れているとますます、家庭の中で存在感をなくしていく。

◎超競争社会に対する不満が日本に飛び火

このように、韓国の中で、競争し成功を収めていくことは並大抵のことではない。韓国ではなく日本に生まれたことをつくづく幸せに思う。

競争社会の中で必死にもがいても報われないとの不満。その不満が朴大統領に向いているというのが今の韓国の状況である。さらに、その不満の対象である朴大統領が在任中、日韓関係を改善しようとしてきたことから、攻撃の先が日本に飛び火しているのであって、朴大統領とはかかわりのない歴史問題、政治問題以外について韓国人の対日感情は決して悪くない。

次期大統領については、今の候補者の顔ぶれから見て、誰がなっても日韓関係は一層厳しくなると思われる。しかし、朴大統領という不満の対象がなくなれば、あるいは現在の格差問題が多少でも和らげば、そこから別の可能性が芽生えてくるかもしれない。

いずれにせよ、韓国をより客観的に、より深く理解することが重要である。









この記事をはてなブックマークに追加

「長寿か、進化か、テロメアとは」

2017-02-22 07:21:10 | 日本

◎不老不死の時代は来る?寿命を司る『テロメア』とは

不老不死、それは人類の夢。染色体の末端にある「テロメア」と呼ばれる領域は、細胞分裂を繰り返す度に減っていき、やがて無くなるとそれ以上の細胞分裂ができなくなり、細胞は死に至ります。老化のカギと言われている「テロメア」や、テロメアを伸ばすための酵素「テロメラーゼ」について調べた。      
 
老化とは、加齢に伴って起こる非可逆的な生理機能の低下のことです。 寿命が近づくにつれて人間は、耳が遠くなったり(難聴)、血管が硬く なったり(動脈硬化)、 骨が折れやすくなったり(骨粗しょう症)、 眼の水晶体が濁ったり(白内障)、 頭の働きが衰えてきたり(老人性痴ほう)する。これが老化現象である。



よく誤解されるが、動物以外の大多数の多細胞生物にはいわゆる老化や寿命といった現象は認められていない。
生物学的には、老化しない生物の方が多いらしい。



◎老化のカギは『テロメア』にあり?

「テロメア」という言葉をきいたことがあるか?染色体の末端に存在している構造体であり、ギリシア語で「末端」を意味するtelosと「部分」を意味するmerosから作られた語である。
テロメアは染色体の先端にキャップのように存在し、大切な遺伝子情報を保護する役目があると考えられている領域である。


この「DNAのしっぽ」は、実のところ生物の運命を考える上で大変重要です。それはこのテロメアが、細胞増殖制御の鍵を握る存在であるからである。
この「テロメア」は、細胞、さらにはその細胞を有する生き物自体の老化や寿命に深く関わっている。


生物の体の中では、細胞が分裂するたびに、テロメアが短くなっていく。だから子供と老人のテロメアを比べると老人の方が短い。テロメアが限界近くまで短くなると細胞は老化し、天寿を全うする。
テロメアは細胞が分裂によって自己を複製するたびに縮んでいき、やがてテロメアがなくなった細胞はそれ以上の分裂ができなくなってしまう。


◎テロメアがなくなると、細胞は死に至る。

テロメアの短縮は細胞の老化だけでなく、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きが悪くなる"インスリン抵抗性"や、内臓脂肪細胞などから分泌され、体内のさまざまな炎症を引き起こす"炎症性サイトカイン"にも影響する。
テロメアが長いほど病気になりにくく、寿命も長いことが示されている。

朝食の欠食や睡眠不足は、時計遺伝子の乱れを起こし、「テロメア」にも影響を与える。日々「テロメア」を短縮させることになり、数十年後の糖尿病リスクや認知症のリスクを増大させることになるという。
乱れた食生活や運動不足、睡眠不足、ストレスなどはテロメアの短縮に影響を与えていると言われている。


通常テロメアの塩基配列は、胎児では1万5000塩基の長さを持つが、誕生時にはすでに約1万塩基まで減少してしまう。その後さらに減っていき、加齢して5000塩基くらいになると、細胞の機能が果たせなくなり、ヒトは死を迎える。
そして通常、これを「老化現象」と呼ぶ。


◎テロメアを伸ばすことができる酵素「テロメラーゼ」の謎

テロメアは分裂のたびに少しずつ短くなっていくが,なんとこのテロメアをふたたびのばして,分裂寿命を延長する酵素が存在する。テロメラーゼである。
テロメラーゼは、ヒトでは生殖細胞・幹細胞などでの活性が認められ、それらの細胞が分裂を継続できる性質に関与しているとして注目されている。

テロメラーゼをつくる遺伝子は,ヒトのDNAの中にも存在する。しかし,生殖細胞や幹細胞などごく一部を除いてこの遺伝子は「オフ」になっているので,ヒトの細胞には分裂回数の
テロメラーゼは、生殖細胞などごく一部を除いてその働きが「オフ」の状態になっている。


◎もし動物が老化しなかったら?

個体の老化と種の進化は、密接な関係にある。

DNAが、酵素によって部分部分で入れ替わる為に様々な遺伝子配置が生まれ「進化」につながっていくが、テロメアが無いと、DNAの交換が出来ない。つまり、進化できないということらしい。

逆に、テロメアが無いと、確かにたくさん分裂はできるが、別の重要な問題が生まれてくる。例え多細胞生物のように有性生殖であったとしても、DNAが交わらない。

つまり、テロメア、つまり「死」や「老化」があることによって、私たちは「進化」というステップを踏む事が出来たのである。私たちの祖先は、「死」があるが「進化」もある、その道を選んだようである。
私たちは種を選んだがために、高度に進化ができたのである。


◎ヒトの不老不死は実現可能か

老化やガン研究者が、細胞中にある染色体の両端のナゾ解きに熱中している。

カリフォルニア大学の研究では、健康的な食事と運動、ストレスの管理によって、テロメアを伸ばせることが示された。
特に食事におけるカロリー制限は、無駄なテロメアの消費を防ぐ効果があるそうである。
   
このテロメアを延ばすテロメラーゼという酵素が発見せれていて、テロメラーゼを導入することで細胞を不死化させることに成功している。これにより老化した細胞を若返らせることができるかもしれない。だが不死化した細胞が癌化してしまう等の問題は残されている。

実は、私たちの体内にも「死なない細胞がある」可能性がある
実は、ガン細胞こそ私たちの中にある「不老不死」の存在なのである。

「癌細胞はなぜ自然死滅しないのか?」それは、テロメラーゼを使って細胞分裂の規定回数のカウントを引き伸ばしているからである。
テロメアを伸長させる酵素「テロメラーゼ」は、通常生殖細胞でしか働かないが、ガン細胞ではなぜかそれが働いてしまい、無限に暴走的な増殖を繰り返す。
80~90%のがん細胞はテロメア合成酵素、テロメラーゼを活性化しており、テロメアを安定に保つことが可能である。
がん細胞が無限に増殖できるのは、テロメアを一定に保つ(=不老)ことができるため。

通常テロメラーゼは生殖細胞など特殊な細胞でのみ発現しているが、ガン細胞はこの酵素を「悪用」し、テロメアを延ばすことで自らを延命しているというわけである。

ガンにだけは、かかりたくないと思っている方が多い。だが、不老不死のカギを握っているのも、実はガン細胞かもしれない。


正常細胞でテロメラーゼを活性化させ、ガン細胞でテロメラーゼを不活性化させる。
これが実現した時、人類は不老不死を手に入れることができるのかもしれない。
















この記事をはてなブックマークに追加

「自然法爾」

2017-02-21 06:03:43 | 日本

「自然法爾」(じねんほうに) 

~親鸞聖人のおしえ~

について要約し記す。記す。


「物事は自然になるようになっていくし、それが一番いいことである」

日本には四季があるが、 春になれば自然に温かくなり、自然に花が咲く。

それは自然にそうなるのであって、だれかが努力してそうなっているわけではない。
それは、自然にそうなるべくして、そうなるのである。

そして、その自然の営み、物事の移り変わりこそ、仏の働きであり、仏の姿そのものである。
大体、この自分という存在を考えてみても、生まれようと思って生まれでたわけでもなく、育とうと思って育ったわけではないではないか。
そう考えると、こうして生きておるのも、すべては仏さまのお慈悲、ご加護のおかげである。
だから「ああか、こうか」と考えるのをやめて、その日、一日一日をただ精一杯生きよ。
喜びと感謝をもって事を為せ。

あとはすべて仏さまにお任せせよ。
もともとお前自身はお前のものではなく、仏さまのものである。

それを勘違いして我がものとして執着していただけのこと。
仏さまのものは仏さまにお返しして、心配することなく毎日を楽しく生きよ。











この記事をはてなブックマークに追加

「輝く自己に目醒めよ!」

2017-02-19 07:22:44 | 日本

「無門関」と言う禅宗の書物がある。

「悟りを開く前は、眼前に大きな門があるが、開いて振り返れば、そこには既に大きな門は無くなっていた。」と言う禅問答である。

同様に、

「独りでいても寂しくない男になれ!」

頭山満翁より



考えれば考えるほど、これは実に難解である??


しかし、本当はそうではない。
いい変えれば、輝く自己に目醒めよ!ということであると思う。

お金の欠乏、健康不良、物欲過多、社会的不安、老齢化等々。人間は、あらゆる出来事の中でフッと寂しく感じることがあるが、それは物質を主体として生きているからだと思う。

では、どうしたらそれを克服できるのか?

それは、五感(物欲)を離れ  次元を上げることであると思う。いい変えれば、人間が本来もっている輝く自己、「生命の実相」に気付くことである。

そんな難しいことは出来ないと言うかも知れないが、そうではない。実に簡単なことである。

毎日、常に、「ありがとうございます」と、こころ明るく言うことだと思う。

実に簡単なことである。







この記事をはてなブックマークに追加

「修証義について」

2017-02-19 07:22:44 | 日本

修証義は、曹洞宗檀信徒だけにかかわらず、広く佛教を理解しようとする人に日々多く親しまれ愛誦されています。



◎修証義の題目について

「修」とは修行つまり方法のこと、「証」とは証悟、いいかえると目標のことです。「義」は意義のことです。そこで、方法と目標の意義を説いた聖典ということになります。何ための方法かといえば、仏になるための方法であり、どのような目標かというと、仏である、仏の証悟(おさとり)である。仏とは、真心に生きて、衆生(社会の人々)にお役に立つ人格を指します。
要するに、人間はどのようにして仏になるか、逆をいえばどのような人間が仏になるかということを示していると思ってもらってよい。

お経はどれのそうですが、釈尊のお悟りの境地の説明書であす。この大切な一点を忘れないで下さい。すなわち薬の説明書だけを読んでいても、病気は治らないのと同じように、説明書を読むことは大切ですが、実物の薬を服用し(座禅をするのもひとつ)釈尊と同じ境地にいたる。すなわち大宇宙の森羅万象から日常茶飯事に本当の生き方を求めることが、お経の功徳ではないでしょうか。意味がわかってもわからなくても今、この時、その時一生懸命に誦むこと、ただひたすらに誦むこと誦めることに、無量の功徳・歓びを求めましょう。



◎「修証義」意訳

生とは何か、死とは何かをを明かにすることは仏教者としてもっとも大事なことである。

生死の迷いの世界に仏にあうことが出来れば迷いはない。ただ生死も悟りの世界と心得えれば、生死を厭うこともなく、又悟りを願うこともなくなる。この時はじめて生死の迷いから離れることができるのだから、もっとも大事なこととして極めるべきである。

人は輪廻を繰り返すが、人として生まれることは難しく、まして仏の教えに出会うことはまれなことである。今私たちは前世の功徳によって、こうして受けがたい人間として生まれたばかりでなく、合うことが難しい仏法にも出会うことが出来た。これはまことに輪廻における良い生まれ方であり、すぐれた生まれ方である。幸いにこのように生まれ方をしたのだから、いたずらに人生を過ごすことがあってはならない。

世界は無常で頼りないものだから、どんな死に方をするかも知れない。自分の命は自分ではどうにもならず、年月は素早く移り変わっていく。若いときの力はすぐになくなり、済んでしまったことに再び合うことは不可能である。無常の時が到れば、国王、大臣、召使いから妻子、宝に到るまで何ら助けにはならない。一人で黄泉の世界に行くだけである。

自分がそこに持っていけるものといえば、ただ自分が作った善と悪の行ないの結果だけである。この世の因果の理を知らず、この世で行なった行為の報いを明かにせず、前世と今世と来世の因果を知らず、善と悪とを区別することも知らない人々には交わってはならない。

およそ因果の道理ははっきりとして公平である。悪をなした者は地獄に落ち、善行を積んだ者は善き世界に昇ることは全く間違いのないことである。もしこの因果の法則が無効であるならば、仏が世の中に出てきた意味も、祖師の達磨が西から仏法を伝えた意味も失ってしまう。

善悪の報いの法則に三つの時がある。一つは、行為をなした報いがその生涯の間に現われる順現報受、二つは、善悪の報いが来世に来る順次生受、三つは善悪の報いが再来世あるいはそれ以後に来る順後次受である。これを善悪の報いの三時という。

佛祖の道を修め習うのも、この三時の業報の法則を明かに知るためである。そうでなければ、多くの人は誤って間違った考え方を持ってしまう。ただ間違った考えを持つばかりでなく、悪道に堕ちて長い間苦しみを受けることになることを知らなければならない。

今の人生は二度とないので、空しく人生を過ごすことがあってはならない。悪を作りながら悪ではない、その報いはないと考えて、悪の報いを理解しないようではいけないのである。












この記事をはてなブックマークに追加

「虚雲禅師 ②」

2017-02-18 07:04:43 | 日本

1、雲門宗大覚禅寺

今から数年前に広東省を旅したときに、たまたま雲門行きのバスを見つけ、なぜか気になりバスに乗った事がある。韶関駅から、約1時間ほどバスにゆられ10元払って停留所を降りると黄土色をした寺院があり山門には大覚禅寺とあった。そこは唐末から五代(864-949)にかけて活躍された雲門宗の開祖、雲門文偃(うんもんぶんえん) 禅師が開かれた禅寺だった。

雲門山大覚禅寺には観光客がおとずれる気配もなく落ち着いた静けさがあった。竹林をすぎて、大雄宝殿の裏手に廻ると雲門寺の方丈が仏舎利に向かって礼拝していた。その立ち振る舞いに無駄がなく、その姿は美しかった。舎利塔には虚雲和尚と書いた文字の石彫りがあり百年に渡るその業績が刻まれていた。その奥には虚雲和尚記念堂が建立されていた。

雲門山の舎利塔は近代中国における禅の最高峰といわれる虚雲和尚を顕彰したものだった。虚雲和尚のことは全く耳にした事はなく、ほとんど日本では知られていなかったようだ。


2、出家

虚雲和尚は中国福建省の永春州で生まれた。父親は省の役人で40歳過ぎても子供が授からなかったので母は観音寺に参拝し熱心に祈ったところ、ある夜両親は同じ夢を見る。長い髭を生やし青い着物を着て、頭上に観音菩薩を戴き、虎に跨がった男が寝台に飛び乗る夢だった。二人は驚いて目を覚ました。その後に母は身ごもった。

アヘン戦争が勃発した1840年、7月26日の午前4時ごろ、母親は役所の官舎で袋に包まれた肉の固まりを出産した。初産だつた母は非常に驚き、もはや子供を望むことはできないと絶望しながら息絶えた。翌日,通りがかった薬売りの老人が袋を切り裂き、男の子を取り上げた。この子が虚雲和尚である。虚雲和尚は義理の母に育てられることになった幼少時から仏教への因縁を感じ、密かに出家を考えていた虚雲和尚の様子に父親は気づき、跡取りが出家されては困るので道教の在家の修行法を学ばせた。三年間叔父のもとで道教を学ぶが気持ちは仏教にあり、十七歳の時に荷物をまとめて仏教寺院に向かうが見つかり連れ戻される。

父親は強引に二人の娘との婚礼を催した。虚雲和尚は監禁状態に置かれ二人の妻と同居しなければならなかった。虚雲和尚は二人の妻と従兄弟とよく話をして、仏教に関心を持たせた。

19才のとき虚雲和尚はついに従兄弟とともに福建省福州にある鼓山の湧泉寺で出家を遂げた。父親は人を各地に派遣して探させたが虚雲和尚は山中の洞窟に隠れて修行し、人に会おうとはしなかった。25才の冬、父親は病で亡くなり虚雲和尚は鼓山で寺の仕事を続けた。

27歳時、修行の必要を感じた虚雲和尚は持ち物を仲間の僧に分け、一枚の衣、一本のズボン、一足の靴、一枚の蓑、一枚の座布団だけを持って、山中の洞窟の修行生活に入った。

洞窟に住み、松葉や青草を食べ、渓流の水を飲む洞窟生活が続くにつれてズボンや靴は擦り切れてぼろぼろになり、体を覆うのは一枚の衣だけになった。人と話をすることはなかったが、山中で会っても髪を頭上で束ね、髭は足まで伸び、目は欄々と輝いた虚雲和尚を見た村人は皆、怖がって逃げ出した。

身体は日増しに強くなり、耳目は聡明となり、飛ぶがごとくに歩いた。天地を家とした。万物は我に備わり、心は充足し、自分は苦も楽も捨てた天人であると思った。

31歳の時に山中に訪れた禅僧の進めにより虚雲和尚は天台山の老師のもとへ参じた。

・虚雲和尚
「教えを乞いに来ました。どうか慈悲をもってお教えください」

融鏡老師は80歳近く、戒律を厳しく守り、教学と禅の両方に通じていた。
「あなたは仏教僧なのか、道教の道士なのか、それとも俗人なのか。戒律は受けたのか。何年そのように修行しているのか。誰がそのように修行することを教えたのか」

「御見受けするところ、外道のように正しい仏教をまったく歩まずに修行したようだが、洞窟に住み、谷の水を飲んで一万年を生きたとしても、『楞嚴経』に説かれた十種仙の一つに過ぎず、仏道は遠い。」

「さらに言うと、わずかばかりの心の充足を得ても阿羅漢になる以前の初果に過ぎない。悟りを求めて衆生を救い、自らを救って人を救い、世間を出て世問を離れないのが、菩薩の発心というものだ。無理に穀物を絶ちズボンをはかないのは、奇異をてらっているに過ぎず、修行が成就するとは思えない」

虚雲和尚は老師より「この死骸を引きずっているのは誰か」という公案を与えられ髪を剃り沐浴した。
 天台山を離れた後、虚雲和尚は10年以上に渡って、求法行脚の旅を送るが修行を成就する事は出来なかった。


3、菩薩の加護

出家してから各地を遍歴し二十余年が過ぎたが、未だ虚雲和尚は道を求めて放浪の生活を送っていた。母は亡くなり一人息子が出家したために、父は悲しみ、その為に仕事を止めて寿命も縮めてしまった。父母の恩は限りがなく両親のことを思うと心は休まらなかった。そこで菩薩の加護で父と母が苦を脱して早く浄土に生まれ変わるように、※注2 五台山へ巡礼することを発願した。五体投地をしての巡礼の旅は三年に及んだ。

巡礼の途中、無人の茅葺きの小屋に入り坐禅をしていると、雪が降り続いて、しだいに冷え込んできた。翌朝は雪が深く降り積もり道は完全に閉ざされ進むことができなかった。茅葺き小屋は囲いが無く、部屋の隅に体を寄せ枯木のごとく坐って呼吸だけに意識を集中した。三日間、雪はやむ事なく降り続いた。猛烈な寒さと空腹が続き、意識がしだいに朦朧としてきた。六日目の午後になってようやく雪は止んだ。日の光が差してきたが、虚雲和尚は起き上がれなくなっていた。

七日目に乞食が来て、雪の中に横たわっていた虚雲和尚を見つけた。乞食は雪をかき分けて枯草を集め、それに火を付けて黄米の粥を作って食べさせてくれた。体が温まり、ようやく生気を取り戻した。乞食は文吉という名前で五台山から長安へ帰る途中だった。五台山の者は皆彼のことを知っているという。乞食の文さんはここから五台山への道筋と圭峰山の秘魔巖に清一という名の非常に優れた僧がいるということも教えてくれた。

乞食の文さんは雪を使って黄米の粥を作りながら釜の中の雪を指さして問うた。
「普陀山にこういうものはあるか」

・虚雲和尚  「無い」
・乞食の文さん  「何を飲むか」
・虚雲和尚  「水を飲む」

釜の中の雪が溶けると、今度は釜の中を指して問うた。
「この水とは何か」
虚雲和尚は答えられなかった。

虚雲和尚は礼をして乞食の文さんと別れ彼の足跡を逆に辿って五台山に向かった。

巡礼を続けた虚雲和尚はお腹を壊し1月13日に黄沙嶺という山頂で10日間続いた激しい腹痛と下痢でついに起き上がることができなくなった。誰も通りかからない山頂のことで虚雲和尚は死を覚悟した。その時またもや乞食の文さんが現れ看護してくれた。乞食の文さんは長安から五台山に帰るところだった。乞食の文さんは虚雲和尚の荷物を運び食事を作って同行してくれた。旅の途中、難相寺という寺に宿泊を乞うと住職は俗人なのでと乞食の文さんだけを断った。

乞食の文さんは言った。「五台山まではそれほど遠くはない。私は先に行く。虚雲和尚はゆっくり進めばよい。荷物は、必ず誰かが山まで送ってくれるだろう」彼はそう言うと別れを告げて寺を出ていった。虚雲和尚は後を追って探したが見つからなかった。

 数ヶ月後、無事に五台山に着いて乞食の文さんのことを尋ねたが、誰も知る者がなかった。
一人の老僧に彼のことを話すと、その老僧は「文殊菩薩の化身だったのかもしれません」と言って合掌した。

乞食の文さんは虚雲和尚の命を2回も救い「何のために五台山に参拝するのか」と問いかけ「父母の恩に報いるために、百難に出会おうとも進むつもりだ。そうでなければ死んだ方がましだと思っている」と虚雲和尚が答えると行李を背負って食事を作ってくれた。五台山の者は皆乞食の文さんことを知っているというが、誰一人知らなかった。乞食の文さんは天使のような存在だったのだろうか。

天使は人間が祈りや瞑想で助けを求めた時、適切な助言を与え助けの手を差し伸べるために存在しているという。人生の最大のターニングポイント、あるいは千載一遇のチャンスをものにするために手助けをするのである。天使はただし人間の自由意志を尊重し干渉はしないという。天使もまた人間のように多くのことを学ぶことがあり天界で自分自身の魂の進化をしているとされている。


4、自己の本性を知る

チベット、ブータン、インド仏蹟、スリランカ、ビルマ、中国各地を巡礼をして虚雲和尚は五十六歳になっていた。
日清戦争が起きた1894年、揚州の高旻寺で四週間の法要と十二週間の摂心に参加するために九華山を下り揚州に向かった。途中、長江を渡ろうと足を滑らせ、転落して一昼夜漂流する。運良く漁師の網に掛かかり近くの宝積寺に運び込まれた。口や鼻、大小便の穴から出血していたが息を吹き返し危ういところ奇跡的に助った。宝積寺で数日休養して高旻寺におもむいた。
高旻寺の僧侶は虚雲和尚がやせ細っているのを見て法要と摂心に参加できるのか尋ねたが虚雲和尚は「病気ではない」と答え、川に落ちて死にそうになったことは話さなかった。

高旻寺の住職から寺の仕事を手伝うように頼まれたが虚雲和尚はそれを断り、坐禅に集中させてくれるように頼んだ。

高旻寺の家風は厳格であり、寺の仕事を頼まれて拒んだ者は怠け者と見なされた。虚雲和尚は弁解せずに警策で叩かれた。病はますます悪化し、出血が止まず、小便がほとんど出なくなった。虚雲和尚は死を覚悟して禅堂で昼夜坐禅に打ち込んだ。しだいに心は澄み、自分の体というものを意識しなくなった。二十日ほど経つと病はほとんど癒えていた。

虚雲和尚が溺れて運び込まれた宝積寺の住職が、衣などを僧衆に供養するために高旻寺を訪れた。住職は虚雲和尚の顔色がよいのを見て非常に喜び、虚雲和尚が長江に落ちて死にかかったことを話したので皆は感嘆の声をあげた。虚雲和尚は仕事を免除され、禅堂で昼夜を徹して坐禅に打ち込むことができた。体の動きが飛ぶように軽く、妄想は退きすべての思考は止んだ。

ある夜、坐禅の後に目の前が真昼のように明るくなり、突然、禅堂の内外を見通すことが出来るようになった。壁の向こうで香燈師が小便をしていた。西単師は、厠にいた。遠くの河を船が進んでいた。両岸の木々は様々な色をしていた。すべてが見通せた。翌日、両師に確かめてみると、すべて、虚雲和尚の見たとおりであった。

十二月、坐禅が終わって、いつものように禅堂内で茶が給仕され、係の僧が茶を注いで回った。虚雲和尚の手に湯がかかり茶碗が落ち、砕ける音がした。その時、たちまち虚雲和尚の疑いの根は断ち切られた。虚雲和尚は大悟した。ついに夢から醒めたのである。

出家して漂泊すること三十数年。五台山への巡礼中、黄河のほとりで乞食の文さんに救われた。粥を作りながら文さんは問うた。

「水とは何か」虚雲和尚はこの問いに答えることができなかった。
虚雲和尚は語った。
「今ならば、鍋と炉を蹴飛ばすだろう。
乞食の文さんは何と答えるだろうか。
今回、もし河に落ちず、大病にもならず、苦難にも遇わなかったならば、求法行脚をして、すぐれた師に指導されても、自分自身は一生をむだに過ごすことになっただろう。」


「茶碗が落ち、音が響き渡る。虚空は砕け散り狂心は止む湯が手にかかり、杯は砕けた。人は亡く家は破れこれらのこと語り難し、春が訪れ花は香る、すべては美しく山河大地すなわち如来なり」

虚雲和尚の手から茶碗は落ち床に砕け散った。
虚雲和尚のマインドも落ち、茶碗と同様に妄想も砕け散った。














この記事をはてなブックマークに追加

「虚雲禅師 ①」

2017-02-17 08:03:20 | 日本

生涯にわたり、毛沢東と会うのを拒み続けた高僧 虚雲禅師について記す。なかなか凄い人物なので、いろんな資料をまとめてみた。
120歳で逝去した虚雲禅師(きょうん ぜんし。1840年9月5日~1959年10月13日)は、近代中国第一の高僧として知られている。生前、中国の仏教界では声望が高く、数多くの弟子がいた。かつては蒋介石から大事な客として迎え入れられたことがあり、第二次世界大戦の終結を予告していたという。一方、彼は生涯にわたり、中国共産党の党首だった毛沢東との面会を拒み続けたと伝えられている。

虚雲和尚の『自述年譜』によると、彼が生まれた時、一塊の肉球の形をしていたため、母親は驚いて気絶し、亡くなってしまった。次の日、薬売りが来て肉球を切り開くと、男の赤ちゃんが出てきたという。この赤ちゃんが、後の虚雲和尚である。清の時代以降、虚雲和尚は世に知れ渡る高僧となった。
史料によると、対日戦争中の1942年12月9日、中華民国の主席・林森氏の要請を受け、虚雲和尚が法主を勤める「護国息災大悲法会」が慈雲寺と華岩寺で同時に行われ、49日間続いた。

当時、中華民国の政府要人の多くは虚雲和尚の門下に帰依していた。法会の期間中、蒋介石は彼に対日戦争と第二次世界大戦の戦局の行方を尋ねたという。

蒋介石の思わぬ質問に、虚雲和尚は直ぐには答えなかった。彼はしばらく考え、内隠しから紙を取り出し、はさみを付き人に持ってこさせ、紙を切り始めた。すると、三つの文字が現れた。一つはきれいな〝十〞(イタリアの十字軍)一つは〝卍〞(ドイツのファシスト)もう一つは中国領土を侵略し、攻撃を続ける日本の〝日〞という文字だった。

虚雲和尚はしばらく考えて、口を開いた。「対日戦争に勝利した後、中国には違う状態が現れる」。蔣介石は戸惑った様子で、どんな状態になるのかと聞いた。虚雲和尚はじっと黙って、二度と答えなかった。まさに彼の予告通り、三年後、イタリアが最初に無条件降伏し、ドイツも敗戦を認めた。日本も降伏条約を締結した。その後すぐに国民党と共産党の内戦が勃発し、1949年に終息した。

一説によると、共産党が政権を握った後、毛沢東が虚雲和尚を武漢に呼び寄せようとしたが、断られた。虚雲和尚は、「昔から法王は人の王より上である」と言ったという。彼は毛沢東に帰依を求め、南華に来るようにと言ったが、結局実現しなかった。その後、虚雲和尚は毛沢東と会うのを拒んだだけでなく、中国共産党(以下中共という)が創立した「仏教協会」の会長職も断った。


中共の「鎮反」運動(反革命鎮圧運動)が全面的に展開される中、100歳を超えた虚雲和尚も免れることはできなかった。彼は「反革命」のレッテルを張られ、残酷な迫害を受けた。大紀元社説『共産党についての九つの論評』(第六章)によれば、1952年、大陸で「中国仏教協会」が立ち上げられ、中共は発足式に数多くの党員を参加させた。式では、「仏教の戒律は多くの若者を死に至らしめた」と主張し、さらに「信仰の自由、僧侶や尼僧は結婚し、酒、肉を食することも自由にし、誰も制限してはならない」と戒律の廃止を求めた。

当時列席した虚雲和尚は仏教が滅亡することを恐れ、戒律や仏教の服装を残すべきだと主張した。そのため、彼は「反革命」という罪をなすりつけられた。さらに、部屋に幽閉され、飲食を絶たれ、トイレを使うことも許されなかった。党員たちが金や銀、また武器などを差し出すよう命じると、彼は「ありません」と答えた。彼は肋骨が折れるほど容赦なく殴られ、全身血まみれになった。当時、虚雲和尚はすでに112歳の高齢だったが、軍警察は彼を地面に叩きつけた。次の日、虚雲和尚がまだ生きているのを見ると、再びひどく殴りつけたという。

中共は寺の所有物をすべて没収し、和尚、尼僧にマルクス主義の学習を強要し、洗脳を進め、労働を命じた。出家人に対しては結婚を推奨し、かれらの仏教への信仰を根本から破壊した。1951年3月初め、湖南長沙婦女連合会は省内の尼僧に対し、数日内に結婚を決めるよう命じた。若い和尚たちは強制的に軍に入隊させられ、戦場へ送られた。

中国の様々な宗教団体は中共の暴力と鎮圧により、破壊された。仏教界、道教界の重鎮が弾圧を受け、多くの出家人が還俗を迫られた。覆面の共産党員が袈裟、僧衣、牧師の服を身に着け、仏教、道蔵、バイブルを歪曲し、それらの経典から中共の運動を正当化する理由をこじつけた。
1953年、共産党は当時114歳の虚雲和尚を北京へ招いたが、断られた。彼は数人の禅師の付き添いと共に、徒歩で江西省永修県の雲居山へ修行にでかけた。草葺きの建物がたった三軒残っただけのこの場所で、虚雲和尚は晩年を過ごしたという。












この記事をはてなブックマークに追加

『お金の神様』

2017-02-16 07:13:06 | 日本

嬉しい感情も、沸き立つ不安な感情も、どちらも同じ、「魂の喜び」なのである。その魂の喜びが、自己の魂を成長させるのである。だから、「感謝」するのである。


「豊かさ」とは、所有するものではなく、感じるものである。
生活レベルを上げよう。素直にお金に手を伸ばそう。
これが、お金に愛される基本中の基本である。

私たちは、簡単にできることを「つまらない」と感じてしまいがちである。そして、制約を自分に課して、大変な人生、難しい関係を選んでしまう。それは自分の人生を楽しむために、自分自身がそう決めて、この世に生まれてきたからである。
将に、人生というゲームを作っているのは自分自身である。

嬉しくワクワクしたり、不安でザワザワと心がざわめくのも、自己の内在にとっては表裏一体で全く同じことである。
バージョンアップする瞬間には必ず、不安でザワザワする感覚が出て来る。しかし、その不安でザワザワする感覚は自分が作った幻なのである。その不安でザワザワする感覚こそが、自己の魂が、生きている豊かさを感じて大喜びしているのである。だから不安の幻と闘う必要はない。「ああ、自分はこういう設定を持っているのだな」と楽しむのである。

苦手な人、嫌いな人、意地悪な敵が現れて、傷つきながら泣きながら、壁や障害を越えていく。失敗も経験する。苦痛であればあるほど、大変であればあるほど、クリアした時に達成感が得られる。

感じて楽しむ。
「感情」を感じる。
嬉しい、楽しい、ワクワク、ドキドキ、キュンキュン・・・などの感情(起電力)はもちろん、
悲しい、苦しい、グーと沸き立つ不安、恐怖、ザワザワ、ズギズキ、憂うつ・・・といった感情(逆起電力)も、どちらも同じ、「魂の喜び」なのである。その魂の喜びが、自己の魂を成長させるのである。
だから、「感謝」するのである。

お金の仕組みとは、
「無くなるの、嫌だなー」  ⇒ お金を使いたくない。
「少しでも節約」 ⇒ 貧しく暮らしたい。
という設定をしているから、「お金は入らない」。それは自己の願いが叶っているからである。
この想いを、即刻打ち砕く方法は、「ありがとう!」と声に出して言うことである。
「今あるのも」を喜んで最大限に生かす。この繰り返しが、お金の神様を呼ぶ方法である。

「お金持ちになると決める」 願うのでなく、決める!
今ここにある「お金」を見ること。その「あるを見る」という行為が、お金を引き寄せる法則の最短距離なのである。目の前に貼っておく。














この記事をはてなブックマークに追加

「交代浴(温冷交代浴)の効果」

2017-02-15 07:23:45 | 日本

交代浴は疲労回復法として絶大な効果があると注目されている入浴法です。交代浴の効果、正しい入浴方法、注意点を解説します。


◎お気に入り

1日の疲れやストレスをお風呂で解消、入浴は手軽にできる最適なリラックス方法です。
そんなお風呂の入り方をちょっと工夫するだけで、様々な効果を最大限に得ることができるのです!
サッカー選手などアスリートが、毎日自分でできる疲労回復法としてあげている「交代浴(温冷交代浴)」。その効果は大きく、日本だけでなくオーストラリア国立スポーツ研究所の論文でも、交代浴をテーマに大きな効果が実証されています。
手軽にできて、効き目バツグン!疲労回復だけではない、さまざまな交代浴の効果をご紹介します。


◎交代浴(温冷交代浴)とは?

交代浴とは、簡単に言うと温かいお湯と冷たい水を交互に浴びる入浴法のことです。
交代浴では、入浴が促す自律神経への刺激と血管の伸縮作用による血行促進を利用します。
血行が良くなることで、疲れの原因となる乳酸や、体にたまった疲労物質を素早く取り除くことができます。自分の自然治癒力を最大限に生かす方法で、自律神経の働きを活発にして生理機能を高めることにもつながります。


◎交代浴は自宅でも簡単に行える!

交代浴は、銭湯など温かい湯船と水風呂が別々にある場所では、比較的気軽に実践することが可能です。
しかし、家に湯船は2つも無いし、わざわざ銭湯に行くのも大変・・。という方は、ご自宅で湯船と水シャワーを使って行うことが可能です。


◎交代浴の効果的な入浴方法

入浴する前に:必ずコップ1杯の水分補給をしましょう。
手順1:40℃〜42℃のお湯に1〜2分ほどつかる
手順2:10℃〜15℃の冷たい水に1〜2分ほどつかる(水シャワーの場合は10秒〜30秒ほど浴びる)
手順3:手順1〜2を6〜12分間ほど繰り返す
入浴後は:身体に負担がかかる入浴法のため、リラックスしてしばらく安静にしましょう
最初は、水風呂がかなり冷たく感じるかもしれませんが、その場合は無理をせず、温かい湯船に移りましょう。回数を重ねるうちに、血行もよくなり冷たさが心地よく感じるようになります。
交代浴に慣れないうちは、手や足だけ冷たい水を浴びる「部分浴」でも効果が感じられます。


◎交代浴のポイント

・必ず「水」で終わりましょう
水風呂もしくは水シャワーで終わることで、入浴直後には身体の表面の温度は低くなり、毛穴が閉じて汗が出にくくなります。また、温浴で温まった体熱が逃げずに体内にとどまるため、身体が中から保温されます。
・長時間やれば効果が上がるわけではありません
効果が出るからといって、長時間行うほど効果が上がるということではありません。
オーストラリアの研究では、交代浴を12分と18分行った場合のパフォーマンスの回復度を調べたところ、12分の方が回復度が上がったという結果が報告されています。適度な長さで無理をせず行いましょう。


◎足浴・手浴で交代浴

交代浴を全身で行うことが困難な場合や温度差に慣れていない場合は、足浴や手浴で行う「部分浴」でも効果が得られます。全身と同じ要領で、足や手のみをお湯と水に交互につけてください。
足裏と手には身体の各部分に対応している反射区と呼ばれるツボに似た場所が多くあります。この反射区を刺激することで、反射区の血管にたまる老廃物を取り除き、マッサージと同じ効果になります。


◎サウナで交代浴

お湯だけでなく、サウナで交代浴を行うことも可能です。
90℃〜100℃のサウナに8〜10分ほど入り、冷水シャワーや水風呂に入ります。冷水を浴びた後、しばらく休憩し、再び熱いサウナに入ることを何度か繰り返します。湯船の交代浴と同様の効果があります。


◎交代浴のスゴイ効果!

交代浴ではさまざまな効果が期待されます。
・血流をよくして疲労回復!
熱いお風呂に入ると、私たちの身体は体温の上昇を防ごうとし、血流量を増やして体熱を逃がそうとするために、毛細血管が太く広がります。逆に、冷たい水風呂に入ると、体熱の放出を防ぐために、毛細血管は収縮します。
交代浴をすることで、毛細血管の拡張と収縮が交互に行われ、血管のポンプ作用が活発になります。血管のポンプ作用で血流が良くなり、疲労物質である乳酸や老廃物などの疲労物質を取り除くことができます。

・自律神経の乱れを整える
自律神経は、身体の緊張を解きほぐしリラックスさせる「副交感神経」と、血の巡りを活発にしエネルギーを充満させる「交感神経」が交互に切り替わってバランスを保っています。
温かいお湯は副交感神経を、冷たい水は交感神経を刺激します。交代浴によって、副交感神経と交感神経を交互に刺激することで、自律神経の働きを高めたり、バランスを整えることができます。
自律神経の乱れは女性の冷えの原因の一つです。交代浴は慢性的な冷え性にも効果があります。


◎複合性局所疼痛症候群(CRPS)のリハビリにも利用

交代浴はCRPSのリハビリにも利用されています。自律神経の乱れに働きかけることで、疼痛を軽減させる効果があります。
リハビリに利用する場合は、利用方法や頻度など、必ず事前にかかりつけ医に相談してください。


◎その他にも嬉しい効果が!

疲労を素早く除去するため、筋肉痛の緩和、持久系のスポーツでの怪我予防やパフォーマンス維持が期待されます。
また、交代浴はもともとは温泉療法の一つとして利用されてきました。低血圧・便秘・頭痛・不眠・むくみなどに効果があるとされています。また、代謝がアップするのでダイエットにも効果的です。


◎お風呂の効能!温浴と冷水浴の効果とは

入浴の効果は、交代浴法だけで得られるわけではありません。日々の温浴と冷水浴でも、身体の疲労に合わせた効果が期待できます。
シャワーだけではなく入浴を習慣付けることで、基礎代謝の向上や免疫力アップにもつながります。


◎入浴の効果

<温浴>   
・水圧によるむくみの解消
・温熱による血行促進と新陳代謝の活性化
・浮力で身体の負担を軽減し筋肉をリラックスさせる

<冷水浴>
・上昇した体温をクールダウンさせる
・身体へのダメージを最小限に抑える
・リラックス効果


◎入浴後はストレッチのゴールデンタイム

入浴後の体が温まっている時は、筋肉がほぐれて伸びやすくなっている状態です。入浴後にストレッチをすることで、普段以上の柔軟効果を得ることができます。
血行が良くなり筋肉が柔らかい状態でのストレッチは、体への負担も少なく脂肪燃焼効果も高まります。

ただし、無理をしすぎてしまうとかえって筋肉や筋を痛めてしまいます。また、血行が良くなったり普段よりよく伸びていることで痛みの感覚がわかりづらくなっている場合もあります。
ストレッチは痛みを感じる前の気持ちがいい範囲で行いましょう。


◎持病がある方は要注意!

交代浴は、大きな効果の反面、身体への負担も大きくなります。
以下に当てはまる方は、交代浴はお控えください。

・高血圧や心臓・循環器疾患の持病をお持ちの方
・重度の炎症(肉離れ・重度の捻挫)がある方
・発熱や体調不良の方
・薬を継続して服用している方

また、交代浴に限らず、下記の場合は入浴を控えましょう。
・食事の直後(食後1時間はあけましょう)
・アルコール摂取時


◎疲労回復のおともに!入浴後には水分補給を

交代浴を行った直後は、発汗で体から水分が失われている状態です。ゆっくり体を休めながら必ず水分補給を行いましょう。
高機能ウォーターは飲むだけで代謝を上げる効果もあり、発汗で失われたカルシウムやミネラルを補給してくれる優れもの。疲労回復やダイエットにも最適な水です。
ただし、毎日の飲料水として飲むには、値段が高めなことが最大のデメリットでしょう。
全ての飲料水を高機能ウォーターにする必要はありません。まずはお風呂上りや運動後などに効果的に取り入れてみましょう。










この記事をはてなブックマークに追加