龍の声

龍の声は、天の声

「50年後の将来推計人口のポイント(2017年4月)」

2017-09-19 06:42:36 | 日本

2053年、1億人割れ=65年に高齢者4割弱-出生率は小幅改善・厚労省推計

※記事などの内容は2017年4月10日掲載時のものです

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は10日、2065年までの日本の将来推計人口を公表した。15年に1億2709万人だった総人口は、53年に1億人を割る見通し。65年には8808万人に減り、65歳以上の高齢者が占める割合は、15年の26.6%から38.4%に上昇する。

1人の女性が生涯に産む子どもの数を示す「合計特殊出生率」は、30~40代女性の結婚や出産が上向いている近年の傾向を踏まえ、小幅ながら改善。60年に1.35とした前回推計(12年)に対し、65年に1.44になると見込んだ。

出生率の上昇で1億人割れの時期が前回推計より5年遅くなったものの、厳しい人口減と少子高齢化に歯止めがかかっていない現状が、改めて浮き彫りとなった。

推計人口は国勢調査の結果を基にほぼ5年ごとに見直し、年金や医療など社会保障制度の設計に関する基礎資料となる。








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「地球温暖化問題に関する霊... | トップ | 「笑顔と感謝・温泉」 »
最近の画像もっと見る

日本」カテゴリの最新記事