元高校教師のブログ

地元仲間とのウォーキング、ハイキング、サイクリング、旅行の写真入報告。エッセイや意見も。

「歴史街道・小野路~布田道~Ⅰ本杉公園」を歩く

2016-11-06 10:51:26 | ウォーキング

実施日;2016-10-4
天気;晴れ、気温も丁度よかった。
参加者;鎌ヶ谷ハイク&ウォークの会、メンバー

電車とバス;行きの電車;新宿→新百合丘→鶴川
バス;小田急鶴川駅⑤[バス*](9:10)--[多摩センター行]--(9:26)サンシティ町田
       *⑤番のりば。駅から離れているので、駅員に尋ねないと分からない。
帰りの電車;唐木田→(16:24)--[急行我孫子行き]--(17:56)松戸→新鎌ヶ谷

徒歩コース・タイム--*トイレ// サンシティ町田(6キロ)Ⅰ本杉公園(3.5キロ)唐木田駅 
    [バス停出発前に、本日の歩行コースなどを説明]
 バス停(9:45)→(9:55)野津田公園*(10:20)→小野路→小野路宿里山交流館*
 (11:20)→小野神社(11:55)→布田道への分岐①→関谷の切通し→分岐③→
 [農道]→分岐④→[尾根道]→[分岐]⑤→(12:55)[1本杉公園南入口](13:30)→
 尾根幹線道路→(13:55)ガスト[昼食](15:30)→[車道脇・歩道歩き]→セブン・イレブン→
 →「よこやまの道」に入る]→多摩福祉センター→(16:00)唐木田駅
 ◎上記の丸数字は[地図2]に記された分岐点の数字です。
◎ 下の各地図で、右肩が見えない場合は、最下段のバーを右にスライドしてください。
  下記写真で、(S) とあるのは、同行者S君撮影です。


Mapion 地図データ にソフト「ペイント」で上書きして作成。[地図1]  


カシミール3Dの地図+GPS logger "m-241" + ソフト「ペイント」で作成。[地図2]


(S) 君から送付の「Yahoo! ルートラボ」に、一部「ペイント」で上書きしました。[地図3]
街中はS君のタブレット地図が威力を発揮する。  


野津田公園・ピクニック広場で。遠足の子供たち。


野津田公園・湿性植物のある沼


(S) 何月屋銘木店で。信号・野津田公園北口から此処までの道路は車の往来が激しく、
小野路の雰囲気がない。だが、この店に来て、ようやく往時の雰囲気になる。
巨木の立派な一枚板が並び、北米産black walnut(クルミ) の板には 53万以上の値がついていた。屋久杉の板もあり、高級旅館やホテル、金持ちのテーブルを飾るのであろうか。


(S) 小野路は現代も往時も交通の要であったのだろう。昔の建物は数少なくなった。
向こうに見えるのは、旧名主・細野家を改修した小野路宿・里山交流館で、休憩所と
観光案内を兼ねた建物です。建物はもとより、庭も味噌蔵もあって立派です。


交流館でお茶を飲んだり、コース案内をしてもらったり、ついでに出来立てのコロッケを
食べたりしてゆっくり休憩した。上の集合写真は庭で写しました。


(S) 『972年頃に武蔵国司として赴任した[小野篁(たかむら)の7代後の子孫]小野孝泰
     が、この地に祖先の小野篁を祀ったのが始まりとされる』とあり、孫の小野道風の名
     もある。
    近くの山里に小町の井戸というのがあるらしい。だが、里人の願望が生んだ伝説だと
     言われている。


小野神社とS君

 
① 狭い道だが、ここから布田道へ。    少し入ると、車とは縁遠い田舎道だ。 


ちょっとした見晴台から山里を見下ろす。

 
ここは変形三叉路で要注意。我々は小野路宿から来たが、左の一本杉公園を選んではいけない。斜め右手を上る細い道を選ぶ。 そうすると、上記右写真の切通し道になる。


(S) 素敵な道になってきた。峠は近い。

 
(S) 峠のすぐ傍の枝道          関谷の切通し。近藤勇も通ったという。


最上部で記念写真。右端はS君。


分岐点③で布田道と分かれ、左の農道に入る。ご機嫌な道で、このまま最後まで行ける
と思ったのだが---。分岐点②及び、その直前の左に入る山道も調べたが、いずれも行き
止まりだった。分岐③からの農道も、最終的には✖で、止む無く④まで引き返し、(地図で見て)右手の尾根を目がけて山道へ入る。標識も無いし、少々不安であったが、道は続いて
いるので、上に出ても下の写真のような尾根道を進んだ。

 
(S) 平坦な山道になる                      (S) 右側が竹柵になった。里人が歩く道なのだ。

 やがて尾根道が終わりになり、下ったら正面に恵泉女学園大学の建物が遠くに望まれた。やれやれ、尾根道は正しかったのだ。
 分岐⑤を左に入ったが、すぐに視界は閉ざされ、再び森の中の山道を進むことになった。

最後に降り立った所が一本杉公園前の車道で、左に進むと公園南口入口に出、そこから
階段を上り、炭焼き小屋を過ぎて旧加藤家住宅に着いた。
ここで、管理人と話をしながら日当たりの廊下で休憩させてもらった。


(S) 庭(右下)にはチャボが遊んでいた。

さて、この場所は「防人の道」とも「よこやまの道」とも呼ばれている古代の道だ。
残雪の「多摩よこやまの道」を歩く

この古民家の下方には豊かな自然が広がっている。池の左手に万葉歌碑がある。
  『赤駒を山野に放し捕りかにて 多摩の横山徒歩(かし)ゆか遣らむ』

 万葉時代は放牧場もあったのだろう。夫に召集令状が来た。遠く離れた九州の地へと
夫は防人兵として旅立つ。男手を失った妻として、夕方、山野に放した馬を取り込むこともできない。そのような状況で、峠道を往く夫を見送る妻。もう二度と彼の姿を見ることはないだろう。



 公園の南口入口から出て、南多摩尾根幹線道路に出たが、かなり遠回りになってしまった。加藤家から北へ(江夏豊の引退試合が行われたという)一本杉公園球場側に歩くのが正解のようだ。信号・小野路排水場前から道路の歩道(側道)を信号・多摩南野まで歩き、そこのガストで昼食兼打合せとした。
 昼食後、S君のタブレット地図を頼りに、セブンイレブンまで側道を歩き、そこから左に折れて「多摩よこやまの道」に入った。
 なかなか良い道で、よく整備されている。右下は多摩ニュータウンの街並みで、左は緑の
自然。やがてゴルフ場の脇を抜け、KDDI 建物の裏に廻ると以下の通りだ。↓

↑ 行く手右の崖上に城状建物が現れ、ド肝を抜かれた。まるで中世ヨーロッパの古城だ。
  多摩市総合福祉センター付属の「アクアブルー多摩」だという。大浴場のようだ。

 ここで「よこやまの道」と別れ、唐木田駅に向かう。帰りの電車は松戸まで一直線だ。 

ジャンル:
アウトドア
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬王寺からアンデルセン公園(... | トップ | 『奥の細道』初めの部分、南... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。