元高校教師のブログ

地元仲間とのウォーキング、ハイキング、サイクリング、旅行の写真入報告。エッセイや意見も。

夏祭り---この2日間、静かな住宅街の公園が一変して若者の賑わい

2017-07-31 11:31:16 | 日記

29(土)と30(日)は東武鎌ヶ谷自治会の「夏祭り」だ。組織の末端に数多の班長がいて、私もその一人。今回の夏祭りでは、会場設営・交通整理・会場撤去などの雑用に携わった。

平常はゴーストタウンに向かっている我が住宅街も、この日ばかりは別世界に変貌した。それにしても、幼い子供連れの両親たちや、グループで現れた小中高の子供たちは、踊りが目的で集まってきた訳でもなさそうだ。第一日目は特にそうだった。夜、いつものように家で過ごすのではなく、仲間たちに会いたくて来たようだ。基本的に、彼らは寂しいのだ。
連帯感を求めて集う。盆踊りというか、「夏祭り」はそういう場なのだろう。多くの団地がゴーストタウン化しつつある今日、「夏祭り」は、その解決へのヒントになる
かもしれない。

7月28日(金)


骨組みは業者が来て設営した。

7月29日(土)


提灯の飾りつけや紅白の幕張など、朝から役員や班長たちが作業に取り掛かる。


例年より少ないが、屋台の店も展開中。


夕方になると、このような盛況ぶり。


公園は人で埋め尽くされた。グループの小中高生たちは公園外側にあふれ出ている。


舞台の上では和服姿の踊り手たちが踊り始めた。

7月30日(日)
二日目も踊り目的でない若者たちが主流であったが、舞台下では、ようやく大人たちは踊りの輪を作り始めた。


夕方5時から夜9時まで続いた。

7月31日(月)

朝から役員・班長総出で飾り付けなどを外しにかかる。


提灯や電球も、残り少なくなった。


最終点検が終わると、7月28日の姿となる。 

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も山百合を見に泉自然公園へ | トップ | 「津田沼・日本語ボランティ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。