元高校教師のブログ

地元仲間とのウォーキング、ハイキング、サイクリング、旅行の写真入報告。エッセイや意見も。

(大宮)氷川参道と岩槻城址公園

2016-10-14 18:16:20 | ウォーキング

実施日;2016-10-13
天気;曇り
気温;20℃前後か
同行者;鎌ヶ谷ハイク&ウォークの会、メンバー
カメラ;私のpentax X90 と S君のPowerShot S110

 徒歩コースとタイム--*トイレ
  [氷川参道]  新都心駅(8:10)--(8:25)1の鳥居(8:35)--(氷川参道)--(9:10)三の
   鳥居→氷川神社本殿→[大宮公園]→大宮第2公園(10:45)→(10:55)バス停・鹿島橋
 (11:10)→(11:25)大宮駅{東武電車事故のため不通} 
  [岩槻] 岩槻駅→区役所(地図)→サイゼリヤ[昼食](14:35)→(15:00)岩槻城址公園
   (15:45)→人形会社通り→(16:40)芳林寺[太田道灌像](17:00)→(17:10)岩槻駅

※以下の地図や写真下部に(S)とあるのはS君作成及び撮影の写真です。


(S) YAHOO ルートラボによる。


wireless GPS logger "m-241" + google map + ソフト「ペイント」で作成。


(S) YAHOO ルートラボによる。


カシミール3D+"m-241" + 「ペイント」で作成。 


一の鳥居。ここから距離2キロの参道が始まる。


氏子の人々であろう。参道のあちこちで朝から箒で落ち葉などを掃除していた。


(S) 二の鳥居に入る。


(S) 二の鳥居からは車を入れないので、まるで歩行者天国。


(S) 三の鳥居の前。この奥に本殿がある。


(S) 三の鳥居を潜った所。


(S) 戦艦武蔵の記念碑前。「武蔵」の進水式では、この神社から6名の神官が派遣された
とのことだ。船中に氷川神社の分社が置かれたと書いてある。


(S) 武蔵一宮だけあって、広大で見事な格式。


この日の夕方から神楽舞があり、その準備中だ。夜の闇の中に舞手たちがライトに照らされ
て別世界が展開されるのであろう。どういう仕掛けか月も照らされるそうだ。


(S) 残念ながら、我々一行は夜まで待てないので、そこを離れ、第二公園方面へと向かった。


広々とした第二公園で「おやつタイム」にした。だが、しばらくすると寒くなってきた。
そこで、小川に沿った並木道を歩き、バス停に向かった。

 大宮駅に着いて東武野田線に乗ろうとしたら、人身事故で電車は走らないという。
やれやれ、とんだ災難だ。すっかり予定が狂った。止むを得ず、道路に出て一日数本
しかない岩槻行きの路線バスを待つことにした。長蛇の列で、バスが出るには、まだ
かなり時間がある。
 電車が使えないとなると、考えることは皆同じ。列の後ろは、どんどん人が増えてくる。
---ここから、途中の話はカット。やっとのことで、岩槻駅に到着。駅前の立派なビルの
中に区役所があるとのこと。4階に上がり、観光地図をもらい、その足で、同ビル内に
あるサイゼリヤに行った。昼食時はとっくに過ぎているというのに、なかなか空きがない。
ここでも、待たされた。

 城址公園に向かうため、店を出たのは午後の2侍半を過ぎていた。先が思いやられる。

 やっと公園に着いたが、昔の痕跡はほとんど残っていない。城敷地内にあったという
黒塗りの門があった。通称、黒門というそうだ。↓


当時、堀だった名残りの沼に朱塗りの橋が架かっていた。鋭く鋭角に八か所で曲がって
いて、八つ橋という。ここを渡り、右の坂を上っていくと、この直前の写真の所に着く。
そこが一番高い場所で、その前の広場が本丸跡であろう。


(S) 自動シャッターで。同行者全員の集合写真。左端がS君。

時間が気になるので、長居をせず、この公園に別れ、岩槻駅方面に向かう。
道は分かりにくく、途中、数か所で迷った。

最後に辿り着いたのが、道灌像のある芳林寺。


太田道灌の騎馬像。作者の 富田憲二・山本明良氏は世界的に著名な人とのことだ。

このあと、人形資料館など見たかったが、どこもシャッターが降りていたし、辺りは薄暗くなってきたので、断念して駅に向かった。 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競馬学校から白井市役所へ(20... | トップ | 大津川源流に咲くコスモス+ス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。