元高校教師のブログ

地元仲間とのウォーキング、ハイキング、サイクリング、旅行の写真入報告。エッセイや意見も。

成東を歩く(食虫植物群落・伊藤左千夫・『里の秋』碑・波切不動)

2017-05-19 15:28:57 | ウォーキング

実施日;2017-05-18
天気;概ね薄日、だが最後に雷雨に見舞われた。
参加者;鎌ヶ谷ハイク&ウォークの会、メンバー7名。
カメラ;フジ Finepix HS10+ニコンcoolpix

徒歩コースとタイム--*トイレ
 {成東駅(9:10)--[タクシー]--}(9:15)薬師橋→(9:25)食虫植物群落・事務所(10:30)→殿台バス停手前)→(11:10)歴史民俗資料館*・伊藤左千夫生家(11:30) →(11:35)伊藤左千夫記念公園*(11:55)→(12:20)ガスト[食事](13:10)→(13:30)成東城址公園[里の秋碑](13:40)→(14:00)波切不動尊(14:30)→(14:40)成東駅{(14:45)→千葉}


GPS logger "m-241"の軌跡をgoogle地図に読み込ませ、ソフト「ペイント」で
上書きして作成しました。

成東駅からタクシー2台に乗ったが、薬師橋から先は広域ガス工事だという。
止む無く、薬師橋で降りて、食虫群落事務所まで作田川沿いの道を500m歩いた。

この日は、「成東・東金食虫植物群落を守る会」のボランティアスタッフに案内をお願いすべく、前もって予約しておいた。訪問者3名位に一人が付きながら案内してくれる。タクシーなら駅から5分で事務所に着くから、この日のスタッフ数名は、我々のために30分も管理棟で待たされたことになる。陳謝。

 


GPS logger "m-241"の軌跡をカシミール3D地図に読み込ませ、ソフト「ペイント」で
上書きして作成しました。
なお、徒歩の場合、GPS軌道(赤色)は誤差が出るため、紫色の軌跡で修正しました。

 この湿地帯の中に遊歩道が敷き詰めてある。だが、人がすれ違いできないくらい狭い。ガイドさんは無償なのに、約1時間、懇切丁寧に案内説明をしてくれた。

 ここに来て気づいたことがある。接写に向いたカメラを持ってくるべきだった。次回のための教訓だ。何しろ、対象相手が小さいのだ。よって、今回は、そういう対象物は撮れなかった。


トキソウ(黄色の花はオトギリソウ?)↑  


トキソウの群落


ここは雄大な湿原です。 



モウセンゴケ↑↓


イシモチソウ---てんとう虫を捕獲中。白い花はイシモチソウの花です。


帰りは、すべて歩きとなる。作田川沿いに薬師橋へ戻る(500m)。


伊藤左千代生家への道で


畑にジャガイモの花が一面に咲いていました。


伊藤家の菩提寺・法満寺の前で。


山武市歴史民族資料館前で。左隣が伊藤左千夫の生家です。
生家の前に短歌の革命とも言える「牛飼いが歌よむときに世の中の新しき歌おおいに興る」歌碑がありました。高校の国語教科書で初めて出会ったときは、まさに衝撃でした。ここに来てさらに驚いたのは、左千夫自身が牛飼いだったのですね。知りませんでした。


生家の庭で


伊藤左千夫記念公園の政夫と民子像↑。この裏手には作詞・作曲者を記した「牛飼いの歌」3~4曲。正岡子規、斎藤茂吉、土屋文明などの歌碑もある。


成東城跡公園は小高い丘陵の上にある。そこに登るには、ジグザク状の急峻な石段を登らねばならない。


ようやく辿り着いた城跡に人影は無く、片隅に『里の秋』碑がひっそりと建っていた。

 帰りは愛宕神社前を通る山道を選んだ。落ち葉の敷かれた森道は快適で、久し振りに山歩きの雰囲気を味合わせてもらった。この日はテストのつもりで、足を交互に出しながら下ったが何ら問題はなかった。

 波切不動尊は付近からすぐわかる。崖上に聳える朱塗りの懸崖造りだからだ。
名前からすると、大昔は海岸がすぐ下まで迫っていたのかも知れない。


本日唯一の記念写真を撮ってから、上のお堂まで登ろうということになった。


いやぁ、清水の舞台から下を見るよりも怖い。高層ビル屋上の最前列に立っているような感じだ---足がすくむ。遠く前方は九十九里浜だ。

 しばらく居ると雨がぱらついてきた。急いで下に降りると、雨が激しくなってきたので山門の下に退避。すぐ、雨音が激しくなり雷鳴も轟きだした。ここで、しばらく雨宿りということになったが、波切不動までは、雨に降られなかったので、本日はラッキーだったのだろう。
 小雨になったころ、簡易雨カッパに身を包み、成東駅へ向かった。到着すると、あと5分で千葉行電車が出るという。雨カッパのまま2番線ホームへ出る階段を登った。 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我家の庭から---[2017-05-16] | トップ | 小松菜発祥の地、小松川を江... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。