元高校教師のブログ

地元仲間とのウォーキング、ハイキング、サイクリング、旅行の写真入報告。エッセイや意見も。

我家の近くにある「鎌ヶ谷教会」の特別音楽礼拝に行った。

2017-06-19 16:35:39 | 音楽

日時;2017-06-18(日) 10:30~12:30
場所;日本キリスト教団 鎌ヶ谷教会
演奏者;作曲家兼ハープ奏者 佐々木 冬彦、ヴァイオリニスト 宮野 陽子
曲目;(1)「G線上のアリア」(バッハ)--ヴァイオリン 宮野 陽子)
        (2)「タイタスの瞑想曲」(マスネ) --ヴァイオリン 宮野 陽子
        (3)「愛について」(佐々木冬彦) --ハープ 佐々木冬彦 
        (4)「アメイジング・グレイス」」(佐々木冬彦編) --ハープ 佐々木冬彦 
         ---他

 

 鎌ヶ谷教会は小規模な建物。私は前から3列目で、奏者と3メートルしか離れておらず、久し振りで本格的なクラシックを聴くことができた。ただ、私はクラシックファンではないので、馴染みの曲は半分くらいで、それ以外の感想は述べられない。

(1) これは、音楽としては私には不向きだ。私の興味を引いたのは「G線」だ。
  ヴァイオリンで一番低い弦だそうだ。多分、一番太い弦だろう。バッハは、おお
   むね、この弦だけで弾けるアリア(私には説明できない)を作曲したのだろう。
   ヴァイオリン初心者には向いているらしい。
 (2) 曲名も作曲者も知らないが、ヴァイオリンから曲が流れれば馴染みの曲だ。
  なるほど、クラシックの名曲だろう。思わず、眼前の演奏者の左手指の動きに
  注がれる。現在、東邦音楽大・短大の教授をされているという。流れるように
  動いていて、これが芸術なのであろう。
 (3) 次に作曲者佐々木氏による「愛について」の解説から始まった。これはアイカ
  だという。私は愛歌だと思ったら、哀歌のことらしい。耳を傾けていると、聖
  なる場所・エレサルムの包囲・陥落・崩壊が関係しているらしい。旧約聖書→
  エレミヤ書→哀歌と繋がるそうで、ハープが奏でる「愛について」は、これに
  着想を得たらしい。
   聴いていると、重厚な弦の響き、急激な変調、混乱---が胸に迫ってくる。
  凄い曲だなと実感した。今すぐにではなく、いずれ、徐々に話題になる曲では
  ないだろうか。これは作曲者自身の体験を踏まえているらしい。だが、最後に
  は微かな光が見えてくるという救いが待っている。
   私にはとても難解な曲で、いまのところ理解できていない。
 (4) これは大いに馴染みの曲で、この大型のハープで聴けるのは幸せだ。

 礼拝儀式の中では、讃詠545、讃美歌312、讃美歌Ⅱ157、頌栄541等も歌った
 (オルガン伴奏 佐藤ゆり)。---これらの中にも未知な曲と馴染みの曲が半々であ
 った。 

 音楽礼拝のあと、お二人(実は夫妻)によるミニコンサートを約30分開いてくれた。最後のアンコールは讃美歌312で、これなら、ほとんど全員で歌え、また一流
のハープ奏者とヴァイオリン奏者のバックなので、ますます盛り上がった。 

※カメラを持参したが、撮影禁止ということで載せられなかった。本当は、演奏も
 録音してYouTube に投稿したいくらいであったが、残念。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長福寿寺の紅花と笠森観音 | トップ | 2017-6月 花散歩⑤--百合をメ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。