元高校教師のブログ

地元仲間とのウォーキング、ハイキング、サイクリング、旅行の写真入報告。エッセイや意見も。

『奥の細道』初めの部分、南千住から北千住駅まで旧日光街道を歩く

2016-11-12 08:39:02 | ウォーキング

実施日;2016-11-10
天気;曇り
同行者;鎌ヶ谷ハイク&ウォークの会、メンバー

[徒歩コース]南千住駅(9:00)→小塚ッ原刑場跡・回向院→コツ通り→スサノオ神社→
     天王公園→大橋公園→旧日光街道→千住仲町商店街→トポス→(12:40)北千住駅

↓以下2通の地図は、Mapionの地図に、ソフト「ペイント」で上書きして作成したものです。


[地図1]


[地図2]
 「やっちゃば」とは、現代の足立市場のような特別な敷地と勘違いしていた。勝浦の朝市のように、往来に商品を並べて売っていたのだと、山栄の夫婦に教わった。野菜だけでなく、大八車に載せて何でも売りにきた そうだ。上の地図で、緑色にした辺りに昔の痕跡が色濃く
残っている。この先の千住仲町商店街には、そうした名残はない。


南千住駅前で

延命寺--ここの「首切り地蔵」は思ったより大きかった。 
 刑死者の死体の扱いはひどいものだったそうだ。ほとんど野山に捨てられた状態で悪臭が漂い、野良犬やカラスが突いていたという。そこで、両国回向院の住職が刑死者の菩提を弔うために1741年に建てたという。


延命寺の首切り地蔵

 回向院--駅周辺はすっかり変貌していて、回向院に辿り着くのに手間取った。小塚原刑場跡の中を常磐線が走っていて、工事の際に分断されてしまった。元は同じ敷地内だったのに、「首切地蔵」のあるほうは、延命寺として独立したとのことだ。営団日比谷線も走っていて、この刑場跡もすっかり荒らされてしまった。

回向院--両国の回向院の別院。ということで、鼠小僧次郎吉の墓が両方にある。 
 橋本左内や頼三樹三郎など安政の大獄関係者(吉田松陰のは、後に高杉晋作などにより
長州の松蔭神社に改葬)、鼠小僧次郎吉や高橋お伝などの墓もある。だが、処刑者なので、目立たないようにしてある。よく見ないと分からない。
  ここの死体の観察のおかげで、杉田玄白らによる「解体新書」が誕生したということで、「観臓記念碑」も注目すべき。


花を供えているのは高橋お伝、左が鼠小僧次郎吉、右が腕の喜三郎(江戸時代の侠客)。


再び駅前に戻り、商店街から細い路地を抜けてコツ通り に向かう。
山谷からこの辺りまで、昔は人通りもない野原であったのであろう。処刑された死体を野犬やカラスなどが荒らし、人骨も散乱していたと思われる。「コツ通り」とは上手い命名だ。

スサノオ神社--漢字はいろいろあり、牛頭天王とも呼ばれる。

蘇民将来の話は以下にある。↓



お伊勢参り2日間(その2--内宮・おはらい町散歩・伊勢湾クルーズ)→ 

      ----------------------------------------------------------- 

 こちらでは、この「蘇民将来子孫家」の札を注連縄で飾っている店や家が目立った。
「我が家は蘇民将来の子孫です」と唱っている。これを門に飾っていれば、その家には
災いや不幸が訪れないのだという。

 そもそも、蘇民将来とは何者?ネットで検索してください。いろいろな説明や言い伝えが出てきます。一番多いのは、みすぼらしい姿の旅人(実は身分を隠したスサノヲのミコト)に一夜の宿を提供した貧しい人、これが蘇民将来だった。数年後に蘇民の家を訪れたミコトが、
卑しい身なりの自分を泊めてくれた礼として、蘇民の縁の家には災いが来ないことを約束
したのだという伝説が源の信仰です。

 思いつきの妄想だが、私は蘇民の蘇にひっかかる。四面楚歌という言葉があるが、どうも、蘇は中国系ではないか。更に飛躍するが、中国に秦という国があった。秦は漢民族ではなく、シルクロードのかなたの民だという説もある。丹沢のハダノ(秦野)は渡来民族によって拓かれた所かも知れない。

 もしかしたら、何らかの理由で、大昔に中国大陸から逃れて来た高貴な人、この人が蘇民(蘇の貴人)で、一夜の宿を提供した男と名前が摩り替わった(つまり、その男の名は残らなくていい)。この札を掲げていれば、(災いが近づいたら)いつでも蘇民が来て(将来)守ってくれるとのまじないなのではないか?
      -------------------------------------------------------------------
 スサノオ神社には、このほかにも、富士講の富士山が築かれているし、風変わりな狛犬や神楽殿などもあり、立派な建物だ。


ふるさと文化館で
  ここで「千住散策マップ」と「荒川区南千住まちあるきマップ」をもらう。たいへん役に立つ。


天王公園。牛頭天王公園とみる。この辺りもスサノオ神社の境内であったのであろう。
写真右手の人造岩山は、夏休みシーズンになると、見事な水量の滝が落ちるという。
滝下は浅い水場になっていて、子供たちで満杯になるそうだ。

草の戸も 住み替はる代ぞ ひなの家』の 句を残し、深川の芭蕉庵から舟で隅田川をのぼり、千住で舟から陸に上がった。当時は橋がなく、現在の千住大橋の東詰めは江戸へ入る
交通の要であった。当然、関所があったはずだが、関所のことは芭蕉も曽良も触れていない。それどころか、「奥の細道」で、関所通過の苦労話もなく、咎められずにすいすいと通ってしまう。尿前の関では、あろうことか関所役人の封人の家に泊まり、蚤虱 馬の尿する
枕もと』の句を残している。
 奥の細道を読むと、芭蕉の健脚ぶりは驚くばかり。伊賀上野出身でもあり、このことから
芭蕉=幕府隠密説が出てくる。各藩の状況を調査する役目をおったのだろうか。

 さて、関所役人の尋問にあうこともなく、現在の千住大橋袂で弟子たちに見送られ、魚で
さえ悲しんだという別れの句、『行春や 鳥啼 魚の目は泪』を第一句として奥の細道へと旅立った。

旧日光街道--松尾芭蕉も大名行列も、昔はこの道を通った。


 矢立を取り出し、『行春や 鳥啼 魚の目は泪』を書いている芭蕉像であろうか。


やっちゃば句会の絵---「やっちゃば通り」には、このような資料が随所に貼られている。
やっちゃ場やっちゃば) - 語源由来辞典


正岡子規や高浜虚子も此処を通っている。山頭火も多分、通っているだろう。


この通りの店の中には、このように昔の場所を引き継いでいる所もある。
通りの左右をみると、間口の狭い昔風の家には、このような木札が懸かっている。


鮎の子の白魚送る別れ哉--写真下部が切れているが、芭蕉の句である。


昔の「やっちゃ場」の賑わいの様子がよく書かれている。「投げ師」という言葉が見られるが、「投げ師は千住宿だけの商売。 特定の店を持たず、競り落とした品物を 大八車で神田や京橋の市場へ売りに行った。」とある。


京都や次郎長の家もそうだが、昔は間口が狭く奥行きの深い家が並んでいた。
現代になっても、その名残のようだ。昔は間口の長さで税額が決められたからだと、山栄の主人に教えられた。山栄では、「一番奥の部屋なんか、(あまり遠いので)ここ半年行ったことがない」なんて言っていた(笑い)。

北千住駅方面の旧日光街道「北千住商店街」は近代的な店が並び、歴史を学ぶところは
少ない。北千住駅を超えた先には、まだ見どころがあるようだが、この日はトポスの所を
右折して駅へ向かった。北千住駅に着いて時計を見たら、12:40分であった。
そこから東武線で西新井大師に向かった。

西新井大師--川崎大師と異なり、ひっそりとしていた。

西新井大師から西新井駅に行き、駅ビル内のガストで昼食・打合せをした。
その後、竹ノ塚駅へ行き、そこから舎人公園へ徒歩で行く予定であったが、もう時間も遅い
ので、本日はここで終了とした。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「歴史街道・小野路~布田道... | トップ | ゆいの花公園から八柱霊園を歩く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。