『流木杢録/りゅうぎもくろく』木の温もりに癒されるひと時を

木の魅・木のままなほ~むめいどの家具日記

建具の古代色塗装

2018年01月15日 | Weblog
寒い日が続く新年です。
福島も雪は降りますが、
中通りは比較的雪の影響も少なくすんでいます。

画像は柿渋で古代色塗装をした建具。
この時期は
気温と時間を考えながらの仕事です。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
お問い合わせふぉーむ

ほーむぺーじ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事をはてなブックマークに追加

年賀状の制作

2017年12月24日 | Weblog
あっという間に師走も終わろうとしています。
今までになく遅い制作となった年賀状。
はがき裏面の設定や縦横の設定を
毎年忘れて失敗してしまうのも恒例(笑)

今年の6月に食べた山形の蕎麦
とてもおいしかったです。
次はもう年越し蕎麦かぁ~


この記事をはてなブックマークに追加

残りわずかとなりました

2016年12月26日 | Weblog
あっというまに季節は冬にです。

来年もくらふとりゅうぎ流で
頑張っていきます。
皆さま良いお年をお迎え下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

京都の天然砥石-白巣板黒蓮華

2016年09月08日 | 木工ツール情報
自分も刃物を研ぐならやっぱり天然砥石で!
という人のうちの一人です。
天然ゆえ・・・
高価ゆえ・・・
自分の刃物に合う砥石選びは相当難しいですが
良い砥石と巡り合うと
長い年月おつきあいの出来る砥石となります。

画像は、巣板層の白巣板の砥石です。
一生使えそうなボリュームのある厚みです。
巣を持っていないので
巣に刃先が当たる心配もなく研ぎが滑らかです。

白巣板といっても天然ものなので、
一つとして同じ研ぎ味になるわけではありません。
小さい砥石で白巣板-紅葉という砥石を持っていますが
これにまさる砥石は
自分が持っている天然砥石の中でないです。
やばい砥石なのです!

ご参考までに
紅葉の砥石は下記記事で過去掲載しました。

■関連記事
天然砥石で道具治し
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
『ぽちっとなっ』宜しくお願いしまぁす!!

人気ブログランキングへ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


お問い合わせふぉーむ

ほーむぺーじ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事をはてなブックマークに追加

表札の鉋がけ

2016年07月31日 | 木工製作の様子
暑中見舞い申し上げます。

梅雨があけたとたんに真夏日。
もー毎日へこたれております。

今日はメンテのお仕事。
以前制作した表札の削りなおしです。
木は生きているので
きちんとした保護塗装をしておけば
木が腐ることも防げて
汚れたら表面を削るといった具合でお手入れが可能です。

一番は
持ち主に気にかけてもらう事!が長持ちの秘訣かと思います。

今回の場合は木の状態も良いので、
表面の鉋がけと凹みローマジ文字の彫り直し、
全体の再塗装でメンテナンスをしようと思っています。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
『ぽちっとなっ』宜しくお願いしまぁす!!

人気ブログランキングへ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


お問い合わせふぉーむ

ほーむぺーじ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事をはてなブックマークに追加